オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-11-26 (Wed)
 長いもので、ブログを書き始めてから8年が経過した。
 子供が成長するにつれて、カテゴリーも移動し、当初幼児教育から
 スタートしたブログも親子英語に移り、中学受験してからは英語の
 話も少なくなったので、今度は子供の教育カテゴリーへと移動して
 きた。

 でも、どうもしっくりこない。

 英語がメインであることは変わらないが、今は高校生にもなったので
 親子で英語をやっているわけでもないし、かといって、高校生の子と
 いうカテゴリーがあったからのぞいてみると、何か場違いのブログば
 かりで、教育を暑苦しく語っているような感じではなく、ほのぼのと
 日常を描いているようなブログが多そうで、やはりそこに移動するの
 はどうかな?という感じがして断念。

 バイリンガル育児も何か違う。確かに娘はバイリンガルと言えるかも
 しれないが、別に今は普通に学校で科目として英語をやっているだけ
 で、特に肩入れして英語と日本語のバイリンガル育児してますなんて
 いう環境でもない。

 私は英語に関してはノータッチで、もう娘は一人で勝手に勉強するし、
 親の力などほとんどなく、あったとしても洋画のDVDを買ってやった
 り、たまに学校の宿題の英作というか、英語で書かないといけないよ
 うな文章をパパが添削してやることぐらいで、はっきり言って、自立
 しているので、親子でこれこれをやりましたと言えるような時期は、
 もう済んでしまったと言える。

 じゃあどうすればいいのかといつも堂々巡りになり、結局子供の教育
 全般で私が教育者として言えることを一般的教育論としてたまに書く
 みたいなことぐらいしかできない。

 それでもずっと読んで下さっている古いおつきあいの方もいらっしゃ
 り、受験と英語を両立させていく過程やその後の状況を見たいと思う
 方のためにこのブログは存在していると思っている。

 だからどこに行けばいいのかいつも悩みながらも、とりあえずは今の
 カテゴリーに在籍しているわけだが、書いているブログのメンバーを
 見ていると、低学年やもう少し小さい子供さんを持つ家庭が多そうで
 役立つ情報や今のリアルな勉強法を公開することも難しいなと感じる

 時代とともにブログのあり方も変えてきて、今日まで至っているのだ
 が、続けているのはたぶん私がまだまだ限界に挑戦したいと考えてい
 ることと、娘の成長記録として読み返すと、過去の膨大な記事の中に
 これは絶対に残しておきたい、いつの時代になっても読んで欲しいと
 思えるような珠玉の記事がいくつもあるからで、私は今までの記事に
 は、全責任を持って真剣に書いてきているつもりなので、いい加減な
 気持ちで適当に書いた記事はほとんどないと思っている。

 そこまで気負わなくても、もっと緩く育児日誌的でいいじゃないと
 いう人も多い中、あえて力説したりしてしまうのも、ネットは不特定
 多数の人が見るものであるという大前提で、そこにくだらないことを
 垂れ流すのがいやだからという、私なりのこだわりがあるからで、
 暑苦しくいつまでも書いているのは承知の上だけれど、書くからには
 それなりに読み応えのある物を書きたいという気持ちもあって、半分
 趣味みたいにこうして書いている。

 こんな風に、どこに行っていいかわからないなりに頑張ってきたが、
 今年もあと残すところ一ヶ月ちょっとになり、無事今年もブログを
 最後までたぶん続けられるだろうと思うと、ちょっとうれしい気持ち
 になる。

 今日はなんか仕事をさくさく終えて、年賀状の宛名の更新もできた。
 去年頂いた年賀状を見ていくと、住所が変わっている方が結構いて
 そのままではいけないということで、暇があれば直そうと思ってい
 たが、やっと更新できてほっとした。
 
 まだ子供の体育祭のビデオの編集ができていないのが気になるが、
 それも年末までにやってしまいたいとは思う。

 色々することがあって、忙しくなりそうだけれど、子供の勉強はもう
 子供自身が頑張ることなので、私はいい家庭環境作りに専念し、風
 通しがよく、居心地のいい暖かいいつでも安心できる場所作りをす
 るのが仕事だと思うようにしている。

 とりあえずは体に気をつけ、健康でいられるようにそれだけが願いだ。
 
 



 自転車や車が家のガレージに入って
 くると激しく鳴いて喜ぶうちのインコ
 ちゃんと家族が帰ってきたのがわかるようで
 どんな音でも敏感に反応してケージにしがみつく
 から、あらためて動物ってすごい五感が発達して
 いるんだなと感心したまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : その他
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

子どもの教育はそれでいいんじゃないかと思うんですけど * by じょあんなT
実は似たようなことを考えていました。でも、このブログの
「子どもの教育」カテはこれでいいんじゃないかと思います。
大きくても小さくても子どもは子どもで、その教育なのです
から。
困っているのは私の方です。子どもの教育はこれでいいかも
しれませんが、今年度で英語をメインにするのをやめるので、
親子英語カテに残るのはどうなのかな?と若干思っています。

まめっちママさんは有名人ですから、新しいカテでも、「ああ、
あのブログの人が来た。」と認識してもらえるでしょうが、私が
移動すると、今までした家庭の事情などとかも知らない人に
変な人が来たと思われるだろうというのが心配されます。
まあでも、うちは何割か高校受験カテに移動したほうが
いいのかなと思います。

正直、英語だけじゃない英語育児をしてきた記録として
親子英語カテに残って、他の科目もやってきたことを親子英語
カテの人にみてもらいたいという気持ちもあるんだと思います。

JOちゃんの年齢ぐらいになると、書けないことのほうが
増えてくるのが普通だと思います。今のままでも私としては
有難い情報源なのですが。

長く書いていると、違うカテに移動することが気兼ねされる
のはよくわかります。大学受験が本格的になったときに、
一部大学受験カテにとか、そういうのはどうでしょう?

私は、もしかしたら今からでも、子どもの教育、親子英語、
高校受験、のカテの組み合わせに変えてみようかなと
思います。(英語学習者を消します。)
受け入れてもらえるでしょうかね。

お返事よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます * by -

じょあんなT様へ * by まめっちママ
そうですね。難しいですよね。カテゴリーは多岐に渡って
いて、それだけじゃないですもんね。
うちも親子英語だけで書いていた頃とは全然違う状況で
今は高校生活をエンジョイしながらたまに英語も頑張る
みたいな普通の高校生をやってますから、そろそろ受験カテ
に少し移動した方がいいのかもしれませんが、ただ、うちは
もう一つブログがあるじゃないですか。あっちが結構忙しく
なってきて、読者数がこちらと同じぐらいになってきていて
むしろ向こうの方がメインかもしれないという状況になり
つつあるんで、あっちで受験や学校生活のことは書いている
ので、あちらの方で大学受験カテに少し割合を移す方が
いいかなと思っています。このブログはご存じのように
英語ブログとしてはかなりみんな知っているブログなので
それから離れるわけにもいかず、かといって、今進行中の
英語の何か特別なことがあるわけでもないので、どうにも
中途半端な感じで困ってます。だから親子英語にちょっと
だけ席を残し、後は子供の教育という大きなくくりで何かを
思いついたら書くというスタイルになってます。
これは言っておいた方がいいなと思うような事がおきた時
とか、受験制度や小学校英語のあり方とか、私にしか書け
ないような経験に基づく話もあるかと思うので・・・
予備校の内輪話的なことも塾の話も親としての立場も
色々わかって書けるというのは、強みかなと思ってます。
小さいお子さんをお持ちの方でも子供はすぐに成長します
から、いずれ通る道ということで読んでもらえればいいなと
だからたぶんこのままもう少しやっていくんだろうなとは
思います。いつもこの時期になると、色々考えてしまって
困りますね。色々お気遣いありがとうございます。

じょあんなT様へ追記 * by まめっちママ
何度もすいません。
カテの割合を決めるのは難しいですが、高校受験という
大きな目標に向かいながらも英語と他の勉強を両立させる
という神技的なことに挑戦しているブログとして、高校受験
カテの方にも見てもらっていいかもしれませんね。
ほとんどの受験ブログというのは、中学受験ブログなどを
見ていただくとわかるかと思いますが、かなり壮絶です。
関係ない科目の英語をやっているなんて話は、まあでてき
ません。親と子の涙と血のにじむ努力の何年間が集大成し
ているような感じなので、異色のブログにはなるかもしれ
ませんが、それはそれで面白いんじゃないかと思います。
高校受験は中受よりは悲壮感はないと思いますが、それは
それで色々地域性もあるし、大阪の場合、何と言っても
公立王国が未だ健在の珍しい都会ですから、そこで文理を
目指すブログは、見たいと思う人がたくさんいるとは思い
ますよ。うちは兵庫だったから結局私立受験になりましたが
大阪なら公立の文理を目指すという選択大いにありでした。
うちって副教科が意外に成績いいというのもあって、大阪
だったら、公立高校受験だったかなと本気で思います。
英語だけじゃない学力を伸ばすブログとしての方向性は
うちも同じですから、お互い落ち着ける場所が見つかると
いいですね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する