オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-11-26 (Wed)
 今や携帯を持っていない子供を探す方が難しい中高生だけれど、この
 携帯は持っているという前提で、学校も規則では原則禁止だけれど、
 見つからなければ一応それでよしみたいな感じで、黙認しているとい
 う状態だ。

 娘の学校では一応建前は携帯禁止。
 あくまでも学校で使っているところを見られたり、音が鳴ったりしな
 ければ、持参しているだけでは見つからない。

 中にはどんくさい子もいて、音を消し忘れていたり、つい放課後使っ
 てしまって、運悪く見られたとか・・・そういう時はしっかり反省文
 を書かされる。

 まあ、見つからなければいいというのも、本来なら教育上よくないと
 は思うが、そもそも携帯を禁止すること事態無理があるのだ。
 というのも、私立中高一貫校に通う子はもれなく小学生の時に塾通い
 していて、親が連絡のために携帯を持たせていたからで、別に何も悪
 い目的のために使用していたわけではなく、どうしても必要なツール
 として存在していたのだから、それを学校側も十分わかっている。

 ならばなぜ禁止になるのかという話だが、原則禁止にしておかないと
 本当に堂々と持ってきて、授業中使う子だって出て来る可能性が否定
 できないからだ。

 こっそりメールしてたり、携帯アプリを触っていたりする子がいても
 不思議ではない。でも、禁止で反省文を書かされるとなれば、さすが
 に見つかるのはいやだろうから、みんな音をちゃんと消して、カバン
 にしまい込み、放課後も学校から離れた場所までは使わないようにし
 て、見つからない状態になってからしか使用しない。

 そこは要領よくやっているのが多くの高校生だろう。

 まあ現状はこんな感じだが、学校間での携帯に対するルールは若干
 異なるようだ。公立の高校の場合、多くは持参してもいいけれど、
 朝学校に着いたら電源を切ってカバンにしまって自己管理。

 私の生徒の学校はそういうルールだった。私立の場合は持参すること
 自体を禁止している学校も多く、そのあたりは公立よりは厳し目だ。

 私立でも中にはユニークな学校もあり、学校指定の携帯で管理すると
 か、そういうのもあるようだが、基本そこまで管理されるのはいやだ
 ろうから、自主的に自分で自制するのが望ましいとは思う。

 娘の学校でもみんな持参してきているが、それは暗黙の了解で、先生
 もよほどのことがないと探し出して処分するようなことはない。

 でも、たまにどうしても見つかってしまうような子がいると、これは
 見逃せず、職員室に呼び出され携帯没収。そして親が取りにいかない
 といけないという面倒なことになる。

 公立では授業中使わなければ、別に全然OKなんてところも多いのと
 比べると、私立は規則は厳しいと言えるだろう。

 私は建前と本音を使い分けるぐらいなら、朝学校に到着したら携帯を
 クラス単位で預かり、袋に入れて担任が管理し、放課後生徒に返却で
 いいと思っている。

 そうすれば、授業中使う子もいないし、隠れて何かをする確率もよほ
 ど減るというもの。ちょっとの工夫で少なくとも学校内では管理でき
 るはずなので、認めてほしいのだけれど、どうもそこは学校としても
 厳しくやってますよというところを見せないといけないのか、或いは
 親の中には未だに携帯を子供に買い与えない人もいるので、そういう
 家庭もあるという前提で、できるならそんなに携帯依存になって欲し
 くはないだろうから、建前であっても禁止とした方が親受けはいいの
 だろう。

 うちも決して携帯をいつでもどこでも使い放題でいいとは思っていな
 い。勉強をちゃんとして必要な時にだけ使うのが当たり前だと思って
 いる。娘もたとえ学校が携帯自由だとしても、品行方正な娘は授業中
 に先生に対して失礼なことをするつもりなどは毛頭ないだろうし、
 絶対に使わないと思う。

 ただ、そういう子ばかりではないということで、こっそりゲームを
 していたり、LINEをしてたり・・・・ネットを見ていたり・・・
 授業中でもそんなことをしてしまう子もいるという現実があるから、
 一番厳しい規則を適応しないといけなくなるのかなと・・・・・

 何事もそうだけれど、厳しくしても必ず抜けようとする子はいる。
 むしろ地下に潜ってしまってやるので、そっちの方がよほど怖い。

 娘の友達の家はとても厳しくて、何かあるとすぐに携帯取り上げに
 なるのだが、実際何も悪いことをしたわけではなく、また携帯取り
 あげられたの?と娘はしゅっちゅう驚いている。

 そのしわ寄せがこちらに来て、友達が娘の携帯を貸してもらって
 twitterのアカウントにログインさせてくれとか、こっちでネットか
 らチケット買ってもらえないだろうかとか・・・・結局そうなるわけ
 で、親は何も知らないのか、もしかして知っていて人を利用している
 のか、そこはわからないが、ろくなことにならない。

 うちでここまで把握できているのに、携帯を取り上げて安心と思って
 いる親はお目でたすぎる。
 だから娘がずっとゲーム機を貸していても気づかないのだ。
 隠れてDSやってますよと言いたくなる衝動に駆られるが、さすがに
 それは娘も不本意だろうし、親が厳しすぎて遊べないから貸してもら
 うしかないというのも不憫なので、特に悪いことをしているわけでは
 ないので、ある程度遊んで返してもらえばうちは別にいい。

 携帯事情一筋縄ではいかない問題だとは思うが、風通しをよくするこ
 とで、防げる犯罪も多いのではないかと私は思うのだけれど・・・

 


 全員が自覚してちゃんと
 できれば、携帯論争なんてそもそも
 おきないんだろうなと思うけれど
 色々な人がいるもんだと悟りの境地の
 ようになっているまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
 応援していただいても何もでませんが
 記事に気合いが入る可能性は高いかも
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。