オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-10-16 (Thu)
 娘の英語は、親の私が一切手を出さずに、中学入学後は一人でやって
 きた。学校の英語の進度がものすごく早いので、今ではもう学年上位
 の成績の子達は、学校英語に関してだけ言うなら、娘と変わらぬ力を
 持っている。

 模試での一人勝ちも難しくなってきて、上位10人に入るのは、油断す
 るとすぐにはみ出てしまうぐらいに力は接近している。
 前回のトップレベル模試でも娘は2位だった。
 これはとても悔しくて、娘はその日結構いらいらしていた。

 頼みの綱のGTECがまだ返却されていないので、これはたぶん自信が
 あるとは思うが、リスニングが少ない試験では娘の優位性がもうあま
 りないということだ。

 中学から英語を始めても入試英語はすぐにできるようになる。真面目
 にこつこつ勉強していれば、高校一年生ぐらいでかなりのレベルに
 到達できるということなのだ。

 こういう子がいるから、早期教育はそれほど必要ないと言われるのだ
 が、それでも前にも書いた通り、娘には英語があったからこそ、自信
 を持って学校生活を送ることができた。母国語と同じように日常的な
 英語なら聞くことができるようになったという大きなアドバンテージ
 を得たというのも事実で、弊害と恩恵のどちらがより大きかったかと
 言われたら、間違いなく恩恵の方が大きかったと言える。

 だからもう英語はこれからは学業としての英語を娘自身で頑張っても
 らうしかない。それより今しないといけないことは、やはり国語。

 日本語だからできるだろうという考えがあるので、国語を熱心にやる
 生徒は少ないし、人によっては現代文なんてセンスの問題で、勉強の
 仕方なんてわからないし、何ができるのかもわからないから、どうし
 ようもないよと諦める人もいる厄介な科目だ。

 でも、だからこそチャンスがあるのだ。英語や数学はみんなが頑張る 
 科目だけれど、国語は手薄になるから、それを強化して今よりもう
 一段上がれば、娘にとっても悪い話ではない。

 娘自身もそうなりたいと願っているのか、私と始めた古文の授業を
 それほどいやがらずにやってくれる。決してできがいいわけではない
 ので、親が見るというのは、よほど心を仏にしないとできないと思う
 のだけれど、私も叱らずにポイントだけをしっかり伝授していくつも
 りで、生徒として接している。

 間違い易いポイントはもういやというほどわかっているので、そこを
 重点的にやって、娘に要領よく必ず得点できるこつを教えたいと思う。
 とかく膨大な暗記を迫ったり、やってもできそうもないような課題を
 課すことはせず、今日はこれとこれというように、覚えることは5個
 以上にはならないようにしている。

 少ないと思われるかもしれないが、何度も出るこれはというものは
 意外と少ないもので、英語と違ってそんなに大量に単語があるわけで
 もないし、せいぜい350個から500個ぐらい覚えれば十分なのだ。

 そういうわけで勉強がし易いというのもあって、いやにならない量
 と難易度の問題をページで言うと2ページぐらいにすぎないものを
 短時間にさっとやって、少し短いなと思うぐらいの時間で終わらせ
 毎日続けるという、簡単そうで根気のいることを娘とやることにし
 たのだ。
 
 娘も私の本気度を試している。今までやろうやろうと言ってできなか
 ったので、今度は私が本気でテキストも用意して時間をわざわざとっ
 て、仕事が終わって遅く帰ってきているのに、そこからやろうとして
 いる姿を見たからなのか、とりあえずは机に向かってくれるようにな
 った。

 もっとも自分ができない国語関連だから素直になってくれるのであっ
 て、英語は自分の方ができると思っているから、そう簡単に親の言う
 ことなど聞きはしない。それは仕方無いことだと思うので、娘ができ
 ることは自分で何とかすればいい。

 自分では難しいことを私が助けてやればいいのだ。
 ただし、やり方には注意が必要だ。
 褒めることもを決して忘れてはいけない。何でそんなに知らないこと
 が多いんだと責めてしまったらそれでおしまいだ。

 わからないから習うのであって、できるのなら最初からそんな勉強は
 しなくていのだから。

 こんな感じでスタートしたママ塾だけれど、これでお金をかけずにす
 むと思うと、我ながら経済的になったものだと思う。
 素人だった英語教育は、外注することが多かった我が家だが、今度は
 幼少期とは違った新しい二人三脚の形を模索してみたい。




 娘がいつも学校に通う途中の道に
 植えられている樹がものすごく臭いらしく
 もしかして銀杏かなと思ったけれど、どうも
 そうではないみたいで、一体何が匂うのだろう
 気になって仕方無い・・・・・
 葉っぱは年中青々としているみたいなのだけれど
 つまらないことが気になるまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する