オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-08-07 (Thu)
 娘の一学期の成績表をしげしげ眺めてみた。
 定期考査の点数と小テスト、授業態度、提出物などを総合的に見ての
 点数だが、概ね定期考査の素点よりは上がっていた。
 この点数ではどうなることかと不安だった数学も大幅にアップされて
 いて、赤点はなくなっていた。

 娘の取り柄と言えば、不正をせずに真面目に宿題をやって、提出物を
 きちんと出すことぐらいなので、あと副教科がよいということかな。

 これがうちにとってはとても助かる要因ではあるのだが、とかく主要
 教科の重要性ばかりに目が行く中、副教科全般がいい娘のような子は
 どちらかというと、高校受験の内申点の副教科で悩む成績優秀な子か
 らすると、羨ましい存在なのかもしれない。

 入試にどうしても努力だけでは克服できない美術や音楽、体育などの
 点数が入ることに憤りを感じている人もいるとは思うが、娘は公立
 受験でも案外上手くやれたのかもしれない。

 ただ、中高一貫校の娘にはそういった副教科の恩恵はそれほどない
 わけで、せいぜい大学の推薦の評定かせぎに少しは役立つかもしれな
 いというレベルにすぎない。

 この推薦制度には色々言いたいことがあるが、今は定期考査の成績が
 いい子は評定も高いので、推薦をもらって早々に大学合格を手に出来
 るようだが、真面目なのになかなか点数に結びつかない子には恩恵が
 薄く、またこれが一番問題だと思うのは、クラス単位でテスト問題も
 異なり、難しい問題ばかり出る上位クラスでは、おのずと点数が低く
 なり、評定が下がる傾向があるのに、それを一律同じに評定何点以上
 というくくりにしてしまうこと。

 また学校間格差もある中、それこそ全員優秀な子の中にいると、少々
 点数がよくても、みんないいので、自分が下の方の成績しかとれず、
 学校を落として上位にいた方がよかったなどという逆転現象もあった
 りするので、推薦の公平性が保たれていないなと感じることも多い。

 娘ももれなく評定は悪く、推薦からは遠い存在だと思うので、余計に
 今後どうやって真の実力をつけていこうかと悩む。

 もっとも行きたい学校は一般入試でセンター試験を受けて入学する
 学校なので、どのみち推薦で行けるところとは関係ないのかもしれな
 いが、できるならチャンスは多い方がいいとも思う。

 とにかく頑張れるだけ頑張っておいて、後悔のないようにして欲しい
 が、なかなか実感がわかず、早朝からUSJに行く計画を立てていて、
 いつもなら絶対に起きられそうもない朝5時に起きて、開門一番に
 並んでダッシュして新エリアを見るつもりだそう。

 友達が足が速いので、その子が猛ダッシュするというシミュレーショ
 ンまでしている。そういうことだけはちゃっちゃとやれるのだから、
 あきれて物が言えない。

 でも、そういった楽しみもないと、勉強だけでは人間生きられないし、
 きちんと時間の計画を立てるということは、悪いことではないし、そ
 の一緒に行く友達が全員ものすごく優秀なので、結構遊んでいても、
 成績がいい子達の共通点は何なのか、娘がその中では一番できが悪い
 のを承知の上で、知りたいと思う。

 不思議なことだが、門限がとても緩い家ばかりで、親が口うるさくな
 いというのが、意外にも共通点の一つになっている。

 もちろん昨今の物騒な世の中、気をつけるのに越したことはないし、
 無制限に何でもありというわけにはいかない。
 うちでもSNS には注意を払っているし、娘が何でも話してくれると
 いう前提で成り立つ信頼関係なので、隠し事が多くなったりすれば、
 今の自由はもちろんなくなると思う。

 でも、今のところそういう措置を発動しなくても友達全員自己管理
 しっかりできる子ばかりなので、親もうるさく言う必要がない。
 やはり親が口を出さないと子供が上手くできないという場合と、言
 わなくてもやれる子との差は大きい。

 これが学力の差にも表れてくるのだとは思う。

 うちはこの中では一番自己管理がまずいので、比例するように成績も
 この中では一番下で、なるほどなと納得してしまう。

 この先どんな風に娘が変わっていくかは、この自己管理にかかってい
 ると言っても過言ではない。

 娘は行きたい学校を決めてはいるが、そこに行ってほしいわけではな
 く、もっと別の学校の方がいいんじゃないかという気もしないでは
 ないのだが、なぜか本人は行く気満々になってきているので、それを
 尊重したいとは思う。
 でも、相当にそこほんまに行けますか大学なので、言うのだけはタダ
 だけれど、実行に移すのは難しい。

 頑張ってくれるのだろうか・・・・・

 不安は増すばかりだけれど、成績も最初よりは上がったので、これか
 ら上昇するんだと、あくまでもポジティブに考える娘は超大物かそれ
 とも単なる痛い奴なのか・・・・

 そこはもう少ししないと見極められない。

 



 娘の同級生を授業で担当すると
 やっぱり緊張してしまうまめっちママに
 それわかるよと思われましたら応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 

  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

大器晩成 * by furanda
この言葉はよく言ったものだと思いますよ。

大物の片鱗は見せるのだけれども・・・「一体全体、これは何なのよ?」って感じなんですよね。

>あくまでもポジティブに考える娘は超大物かそれとも単なる痛い奴なのか・・・・

ポジティブに考えるというのはとても大切な事だと思いますよ。言い方を変えると、「諦めない!」ってことだと思います。

「諦めない!」っていうのは自信の表れでも有るんだと思いますよ。私も無謀な事は実行しませんが、どんな困難にも絶対に諦めずに邁進します。

furanda様へ * by まめっちママ
大物の片鱗だったらいいんですが、どうなるんでしょうね。
娘は勉強に関してというか、自分の頭に関してだけはなぜか
ものすごくポジティブなんです。他は自信がなくていつも
なんかこう悩んでいるんですが、不思議です。
そのくせその肝心の頭というか勉強ですが、それだって
言うほどでもないのに、どうしてそこまで自信が出て来る
んだという話で・・・・何か自分の中に基準があるんでしょ
うね。机上の勉強をしがみついてやって成績がいいという
のを頭がいいとは思っていないようで、思考力や判断力
洞察力の鋭さは負けていないと思っているからなんでしょう
ね。咄嗟の判断力や機転のよさなども含めて、生きていく
上での力が意外に自分にはあるんじゃないかとわかっている
のかもしれません。まあそれこそがうちが求めていたもの
だし、机上の勉強はいつでもそれこそ何歳からでもできま
すしね。といっても、大学入試には間に合わせて欲しいです
けど・・・(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。