オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-07-17 (Thu)
 日本人はとくにそうなのかもしれないが、謙遜する性質があることと
 本音を言わない建前の民族であることなどが重なって、話は半分に聞
 いておいた方がいいということが多々ある。

 教育に関してもそれは例外ではなく、「何もやってないのよ〜」とか、
 「うちはお金をかけてない」とか、そういう話は本人にとっては謙遜の
 つもりではあるけれど、真に受ける正直な人もいる反面、ものすごく嫌
 みに感じる人もいるだろうなと思われる。

 私がいきつけのお店のお姉さんも
 「高校時代、テストの時に全然やってない。
  やばいとか言ってたけど、本当は勉強してました。
  今思うと根性悪いですよね。」
  
 こういう人が結構現実では多いのではないかと思う。
 まあこんな風に正直に、実はそうだったのよと言う人はまだいいのだ
 が、全く自分では気づいていなくて、しかも本気でそう思っている人
 がいるという場合、これが一般人を混乱させる元になっている。

 娘の学校にそれは熱心に勉強する友達がいるのだが、その努力の姿は
 誰もが認めるもので、尊敬に値すると私は思っている。

 ところがこの子の基準というのが、なかなか厳しくて、
 友達が「テスト勉強やってない。やばい〜」
 と言っても、
 「それって一巡しただけで、まだ3回とかやってないってこと?」
 なんて真顔で言うので、本人はそれぐらいやっているのが普通で、
 そこまではやってないというのが、やっていないという基準だと
 考えている様子。

 娘はこういう時馬鹿正直なので、やってないは本気でやってなくて
 一巡どころか、まだ手をつけていない科目がある状態で、テストの 
 日が迫ってきて本気でやばいという状態なのだ。

 だから人が全然とか、そういうことを言う時は、娘は信じてしまう
 タイプなのだけれど、人の感覚はここまでずれていて、完璧にはやっ
 てないけれど、それなりに一通りはやった。こういう状態だと考える
 のが普通だと思わないといけないのだろう。

 そういう裏を読む系の感情が娘にはないので、シンプルに信用して
 そうなんだと思うところは、お目出たい人以外の何者でもない。
 
 これしかやってないというのも、だから本当はそれの何倍ものこと
 をやっていると考えよということなのだ。

 普段は普通に友達として楽しくつきあっていても、テストの情報とな
 ると先輩から聞いて毎年出る問題のコピーを持っていても、知らぬふ
 りをして教えてくれない友達もいる。

 もちろん自分が情報を集めて努力して手に入れたものを、何の努力も
 なしにただで教えてもらおうと考えるのが、そもそも間違いなのかも
 しれない。
 ただ、私自身は自分が見つけたものでも人にシェアすることを惜しい
 と思わないので、結構何でも正直に言ったり書いたりしてしまう性分
 で、例えばブログを有料記事にしたりすることには抵抗がある。

 ただの素人のブログにお金を取るなんていうのは、おこがましい気が
 して、小説家や評論家としてそれを仕事にしていたりするのではない
 のだから、勉強法なども有料でなんていうのを見ると、それを見たと
 ころで、自分とは違う生まれつきの才能や遺伝、環境、性格すべてが
 同じじゃないのに、同じ結果を得ることなど到底できないのに、お金
 を払ってやり方を知ったところでどうなるのかと思ってしまう。

 だから自分のやってきたことなども、無料で公開し、それなら結果が
 どうであろうと、たいして損はないし、人それぞれで違うのだから
 自分に合った方法を見つけるための参考程度にしてもらえれば、それ
 でいいんじゃないかと、全くもってお金には縁がない生き方をしてい
 るのが、自分でもなんだか馬鹿みたいだけれど、それが結構気に入っ
 ているのだ。

 人は人と割り切ることができれば、人生は本当に何倍も楽しい。
 比べようとするから、いらぬことに心を惑わされるのだ。

 そうはいっても、同じぐらいの年の子供を持つ親なら、同年代の子
 がライバルになり、大学や就職の時にも、戦わないといけなくなる
 ことも現実問題としてあるわけで、少しでも情報を得たいと考える
 ことは自然なことだし、比べたくなくても比べざるをえないような
 こともあるのは、私も親なのでよくわかる。

 でも、これだけは確かなこととして伝えたいのは、自分が人に施した
 ことは、決して損ではなく、周り回って戻ってくることがほとんどで
 思いがけない人脈ができたり、決して普通にしていたら出会わないで
 あろう世界の人との交流ができたりするもので、運を引き寄せるため
 には、自分が開かれた人間になることが一番近道なんだと思う。

 娘はかなりの強運の持ち主だと思うのだが、たぶんいつも自分が考え
 出したゴロあわせ暗記などを惜しげもなく友達に教えて、覚えやすか
 ったわと、感謝されているので、そういう姿勢で自分の損得をあまり
 考えないでやっているのが、人を周りに呼び寄せ、ここぞという時に
 運が必ず味方してくれるようになるのかなと思う。

 そんなスピリチュアルな考え方は、非論理的なことも承知の上で書い
 ているのだけれど、自分だけで囲い込むよりもシェアしていく方が
 結果的にもっといい物を手にすることができたりする可能性があると
 いうことで、私の持論にすぎないけれど、これからもそういう姿勢で
 やっていこうと思う。

 
 

 急に暑くなってきて、蝉が鳴き始め
 冷夏なんて言っていたのがうそみたいに
 いつも通りの日本の暑苦しい夏がそこに
 来ているのが、少々うっとうしいと感じる
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
 (このところ体が怠けて動かない・・・
  こういうとこ、年齢を感じてしまう・・)

  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : コラム
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by まちこ
娘の事かと思いました~!
娘の友達も「ヤバイ」が口癖みたいです。
それが違うというのが最近分かってきたようで、
「大丈夫私は一巡もしてないから!」と慰めているようです。(笑)
友達は学年で10位以内です。
けれど、本人が本当にそう思っているみたいなので
娘とレベルが違うんですよね・・・嘘を言っているわけではなくて。
友達を見習って、完璧を目指して欲しいけれどなかなか難しいです。

娘のクラス(その友達を含め)では
教えるのが損というのはないみたいです。ゴロとか。
同じレベルのクラスが2クラスあるのですが
(文系&理系で今はまだ同じ内容の授業内容)
高校に入りすぐの実力テストでは平均点が娘のクラスが少し負けてましたが
2回目は10点くらい離して勝ったそうなんです。
何故か聞いてみると「クラス皆が教えあって頑張ったからやろ。」と言っていました。
そういう雰囲気って大事ですよね。

娘さんも、そうやって損得なしにやっていけばすぐじゃなくても巡ってくるし、
何より自分が幸せな気持ちになりますよね!!

そうは言っても
娘も損をしているなぁということばかりだった時は
見ている私の方がもやもやしてましたが・・・(本人は全然平気)
なおさら今の環境がありがたくて大事にして欲しいな、と思います。そして違う環境になっても変わらずにいて欲しいな。




まちこ様へ * by まめっちママ
そうなんですよね。うそを言ってるんじゃなくて、本気で
その子はそれが普通なんですよ。うちはやばい=本当に
全然できてないってことなんで、そのあたりの感覚の差が
出て、人って面白いですよね。
うちの娘のクラスも同じレベルで二つあって、どっちも
相手のクラスを意識してます。定期考査では負けてたみたい
ですが、模試では平均点が勝ったそうです。なんかね、定期
考査で負けたのって、うちの子のせいかもと思えて・・・
本当に足を引っ張るようなできの悪さで・・・・・
みんなごめんって感じです。
みんなで教えあって頑張っていい成績をみんなで取る
これは理想ですよね。みんなが力を合わせて頑張って
全員大学に合格するなら、もっといいですよね。
そういうクラスになっていって欲しいなと思います。

オープンという事 * by furanda
あらゆる困難を排除して、情報は全てが公開されるべきというのが私の考えです。情報の秘匿こそ、民主主義や人類に対する、大いなる罪だと思っています。

学生の段階でも、情報の秘匿などが当然のように行われているという事が、特定機密保護法案等をとおしてしまう隠れた土壌になっていると思います。

オープンこそが人類の平和と繁栄に寄与すると私は信じており、情報の秘匿こそ、全ての悪事や災いの根源だと確信しています。

>ロシアの声

ロシア、事件のデーターを提出、EU、米国の反応を待つ
http://japanese.ruvr.ru/2014_07_23/275014528/

マレー機事件のロシア公開データー、キエフ当局に多くの疑問を投げかける(ビデオ)
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_22/274939689/

ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_29/275232268/

ロシアの声を私は結構高く評価しています。引き続きの検証が必要でしょうが、情報秘匿、情報歪曲、情報捏造国家アメリカとは一線を画しているのは事実だと思います。


furanda様へ * by まめっちママ
そうですね。情報はすべてオープンにするべきだというのは
私もそう思います。不都合なことは隠して有利な情報だけ
を流すのはどこの国でもやっていますが、テレビの報道では
決してわからない真実というのがあるんだと思います。
ただ真実を追究するのはとても難しいことです。
国家単位で情報操作してねつ造するのを一国民は見抜く力も
持ってはいないでしょうし、握りつぶされてしまう無力感
みたいなものを感じてしまいますね。中国の天安門事件も
多くの学生の犠牲がありましたが、当時日本に来ていた中国
の知識人の先生が、顔を真っ赤にして怒りの抗議をしていた
ことを思い出します。どう返答していいか困りましたが、
彼女の怒りの声が現在も届いているかというと、かの国は
全く変わっていないというより、もっとひどくなっている
現状に暗澹たる気持ちです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する