オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-05-27 (Tue)
 高校最初の定期考査が終わり、ぼちぼち答案返却が始まっている。
 気になる英語は、まだ一つしか戻ってきていないが、最後の実力
 問題が一問6点で4問あったので、ここで満点が取れたことで、
 何とかあまりやっていなかったテキストの暗記の甘さをカバーできた。

 他がすべて一問3点ぐらいの扱いなので、先生もこの実力問題でどれ
 だけ取れるかを測っていた様子。

 ここで満点取れたことで気をよくした娘だけれど、他のできがいま
 いちで、もっと丁寧に全部暗記していかないと得点にはならないの
 だということを肝に銘じてほしいと思う。

 とは言っても、この初めてみる問題で取れるというのが、模擬試験で
 の娘の成績を支えてはいるのだけれど・・・・・

 ただ、毎回英語が断トツでできることで、模試の順位が大幅にアップ
 している傾向は、今後少しずつ改めて、他の科目でもかせげるように
 実力をつけていかないといけないと痛感した。

 数学のでき次第で順位も変動するので、数学が思っているよりでき
 た時は、かなり上位になるし、数学でこけた時は苦しい成績になる
 というパターンを早く抜け出して、毎回安定した得点を上げられる
 ようにしたいと思う。

 数検2級の2次を今回受ける予定なので、とりあえず先取りなしで
 ここまできたのはよしとして、物理と化学をもう少し底上げして
 得点源にできるようにすれば、かなり目標が見えてくるのではない
 かと思う。

 国語はまだもうしばらく実力がつくまでには、時間がかかりそうだ。
 古文、漢文がまだ全然得意科目になっていないからで、これは今年
 中にそこそこの力まで持っていきたいと思う。

 古文の文法で一番重要な箇所を毎日覚えているか聞くことで、娘の
 記憶を確かなものにするように、私も昨日から声かけを始めた。

 わずか1分ぐらいで済むので、娘もいやがることなく、確実に暗記
 できていることを確かめられるので、これはしばらく続けてみよう
 と思う。一日1分。一題ずつ問題を出して、それを答えるという
 戦法が、案外机に向かって長々と聞く私の説明よりいいみたいだ。

 要するにスピード感があって、さっと終わるという、これが一番
 娘には効果的だということだ。幼少期にスピードのあるフラッシュ
 カードなどを見ていて、毎日継続することで、いつのまにか覚えて
 いたという、あの状態を作り出すことで、少々短すぎて物足りない
 と感じる程度で終わらせ、気づいたら頭に入っていたというのが
 結構理にかなった娘への勉強法なのだと気づいた。
 
 とかく机にしがみついて勉強時間だけが長いというのは避けたい。
 そこまでのガリ勉でもできる子はいいのだが、娘にはそういうスタ
 イルが全く通用しないので、短時間に効果をあげることを考えてい
 きたい。

 娘はゴロ作りの名人で、何でも自分流のゴロで覚えてしまうので、
 そういうのりを活かしつつ完全に自分のものにできるように、時々
 つきあって一緒に歌って踊って(それはないか脳を活性化さ
 せて頑張ろうかな・・・・




 今日も居残り学習で頑張る娘を
 応援したいまめっちママにも
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する