オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-05-17 (Sat)
 教育ここが知りたい第十八回

 娘が高校生になり、ますます手が離れて、もうすっかり日々の勉強や
 学校でのことは本人まかせになった。

 うちは比較的早く勉強に関しては手を放した方で、中学受験の時も
 勉強の内容を見ていたのは、3年生の終わりぐらいまでで、4年生から
 は、自分で問題を解いて、わからないところは先生に教えてもらって
 乗り切っていたので、正直私はかなり昔から娘の学習を横について見
 ることはしていない。

 唯一やっていたことは、新しい洋画やアニメのDVDを仕入れてくるこ
 とや、かけ流し音源を作ることぐらいで、それを聞いて勝手に英語を
 習得したのは、他ならぬ娘なので、私は手取足取りはほとんどなく
 ここまできた。

 日々の生活や体調管理だけで、後は送迎と弁当作りぐらいが仕事だ
 ったと言えるのではないか。

 中学に入ってからは、整理整頓ができない娘のカバンからお知らせ
 プリントを救出するぐらいで、時々ファイルを買ってきて、そこに
 入れて整理しておくようにと、口酸っぱく言うのが仕事になった。

 数学や理科は私のテリトリー外だし、英語も正直娘の方がリスニング
 は完全に上だし、読む速度も娘の方が考えずに読むから早いし・・
 特に手を出すようなことは何もないという状態で、随分楽だった。

 唯一専門の国語を教えたくても、これが親だから先生とは思わない
 態度で接してくるので、なかなか上手くいかず、結局本人の自覚頼り
 となって現在に至っている。

 なかなか軌道に乗らず、腹立たしいことも山ほどあったが、高校に
 なってから、見違えるほど自分で何でもしようという心構えができて
 きたようだ。

 まだ全然本気じゃないし、親の目からみると、不完全なことばかり
 なのだけれど、自ら学校に残って勉強して帰るとか、自分からもう
 一度検定を受けようかと思うとか・・・・自主にまかせてきた甲斐
 がようやくあった感じで、本人が自覚するには、それなりに適齢期
 というのがあるのだということがわかった。

 いくら親がお膳立てしても、響かない時期もあるし、空回りばかり
 することも多く、そんな時には無力感すら漂うけれど、本人が一番
 わかっているわけで、適切な時期にちょっとだけアドバイスするこ
 とで、自分から歩き出すことができるのだということも、やっと
 わかってきた。

 親はいつも子供のことになると、必死になりすぎて過大な期待を
 かけたり、余計なことをしてしまうのだけれど、じっと忍耐の日々
 の後には、すきっと見違えるような我が子の成長が見られることも
 あり、人生は長いスパンで見て、結果をすぐに求めてはいけないも
 のなのだと痛感する。

 何もしないというのではなく、あれもこれもと欲張らずに子供の
 成長の速度に合った方法で親が時々迷っている子供にアドバイスす
 る程度でいいのだと思えるようになった。

 他の子と比較したりすることが無意味なことだと思うようになった
 のも、それをしたところで娘が心を動かされて俄然頑張るとかには
 ならないことを知っていたからで、そういう子は、自分が本気にな
 らないといけないような切羽詰まった事態が訪れて、はじめて動き
 出すことができるというようなこともあり、親のペースで物事を
 進められないいらだちが、子供との距離を作るのだということも
 今ならよくわかる。

 手を放す時期は子供によって違うので、一概には言えないが、永遠
 に親が段取りしたりやることを決めたりしていられるわけではなく
 子供が自らやってみたい、自分で教材を選んだり買って来たりする
 ぐらいにならないと、本当の意味での自立はないのだと思う。

 これこれをやってと買ってきても、本人が心からそれをやってみた
 いと思わない限り、それは単なるオブジェにすぎない。

 うちでも私の先回りで勝手に買ったものは、お蔵入りしていること
 が結構ある。それに比べて自分で買ったものは、いつも責任を持っ
 て最後まで読んだり見たりしている。

 だから今回も私が買ってきた古文のゴロあわせCDも娘自身が選んだ
 わけじゃないので、よほど工夫して面白くしないと、聞いてくれな
 いだろうなということで、わざわざ編集してバックに音楽を入れて
 新しく作り直したのだ。

 それでも気に入らないかもしれないけれど、音楽がないと勉強が
 できない娘の特性を考えて、何気に流れる好きな音楽を耳に入れな
 がら、リラックス状態で暗記してくれたらいいなと、親心でやって
 みたのだ。

 私がやっていることは、こうした裏方さんの仕事が多いので、実際 
 はりついて勉強を見ることはない。

 できるだけ自らが選んで納得したもので勉強はしてほしいと願って
 いるので、これは早ければ早いほど子供の自立心ができて、いいの
 ではないかと思っている。ただ、早期教育や受験というのは、その子
 の成長の速度次第で、遅い子もいるので、その時がまだ時期じゃない
 場合は、後に延ばすか、親が多少ついてサポートする必要があるとは
 思う。

 でも、人間は必ず適齢期というのを持っていて、それを待つというの
 も大切なことなのだと思う。そしてその時が来たら、上手く時流に乗
 って、そのチャンスを最大限に活かす働きかけをすればいいのだ。

 時期を見誤ると、次のチャンスはなかなか訪れないし、そのまま腐っ
 てしまうなんてことにもなりかねないので、子供を潰すのも活かす
 のも親の力量みたいな部分はあるかもしれない。

 うちも娘がかなり物事を深読みして、人の心の奥を見透かすタイプ
 なので、私の不用意な言動でへそを曲げるようなこともしょっちゅう
 で、こういう自我が強い子には、過干渉は不要なのだと日々、反省
 ばかりだ。親業は本当に難しいと思う。





 夜中にブログを書いていると、無性に
 お腹が空くので、寝てしまうのが一番だと
 つくづく思うまめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 

 
関連記事
* Category : 教育ここが知りたい
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごま
ららら~まめっちママさん。
今こちらは金曜の午後、週末が始まりますぅ。
何か楽しいご予定入ってますか?
我が家はサッカー三昧の週末となりそうです。

長男が今4年生なんですが、だいぶへばりついて勉強を見るということが減ったかなと思います。
それでも最終チェックは必要だし、調子が乗らないときなんかは隣に座ってほしがりますがだいぶ楽になってきました。

あ~うちも私の言葉に敏感に反応します、長男。
SOS?と思うことと、愚痴ればそばにいてもらえからと愚痴ってみただけ?と判断が微妙なことも多々あって本当子育てって一筋縄でいかないなぁ~。って痛感しています。

でもね、最近思うんです。
忙しい、頼ってもらえる、世話を焼いてあげる相手がいるうちが花だろうなって。
子供たちが大きくなって出て行ったら私はもぬけの殻になってしまうかもしれません(T_T)

* by じょあんなT
うちも、中学の中間テストとかになって、自分の時代とも
対策が違っているし、助言になるようなことがあまり
言えなくなってきています。
今日も塾で1日勉強するので、親の出番はナシと
言ったところでしょうか。
先日までけっこう頻繁に手出ししていたものだから
この差にちょっと打ちひしがれています。
そんなときに、勉強材料の編集作業をするのは
気が紛れますね。都はるみじゃないけど、
「見てはもらえぬ動画を、涙こらえて編んでます。」
みたいな状態です。(^^;)
動画とか音声にBGM入れると映えますね。
うちはこれからしばらくゲーム効果音とかで
編集していこうかなと思っています。
市販の教材に適度な編集作業で扱いやすい
ものにするのは楽しいですね。
いずれはこういう編集作業そのものを自分で
楽しんでやってくれればなと思っています。

* by マリー
「いくら親がお膳立てしても、響かない時期もあるし、
 空回りばかりすることも多く・・・・」

私も先日同じような経験をしました。

こちらがいくら言ってもやろうとしない事だったのに、
自分で必要性を感じればしっかり出来るのだ。
と実感しました。

まめっちママさんのような関わりを、
まだまだ持てない私ですが、
耐え忍んで見守りたいとお話を拝読して思いました(*^_^*)

ごま様へ * by まめっちママ
そうか・・・アメリカでは週末が始まるわけですよね。
サッカー三昧ですか。いいなあ。
我が家は娘が定期考査前なので、勉強三昧になりそうです。
日曜も学校に行って勉強するらしいのです。
本当、高校になって変わりました。
長男君4年生になったんですね。子育てもかなり楽になって
きましたよね。うちも幼児の時には手がかかって大変なこと
がたくさんあったけれど、今は悩み相談とか、大人としての
対等な関係みたいになりました。高校生ですもん。あの娘
がそんなに大きくなるなんて、ごまさんと知り合った頃は
小学2年生でしたもんね。長い年月、子供の成長と一緒に
私達親も年齢を重ねてきたんですよね。
頼ってもらえる間が花って、本当ですね。うちも高校生に
なってしまったから、昔のようなかわいさはどこにもなく
口答えはするし、親に批判の目も向けるし・・・なかなか
難しい年齢です。素直にママのご飯が一番おいしいなんて
言ってくれてた頃が懐かしいですよ。(笑)


じょあんなT様へ * by まめっちママ
都はるみ状態・・・うけました!
いや、本当そうですよね。子供のためにせっせと作っても
見てもらえないとか、聞いてもらえないなんてことってあり
ますよ。うちなんか高校生なんで自分の好きな音楽とかに
どっぷりですから、余計なことしないでみたいな感じすら
ありますしね。
みんな大人になってはじめてもっとあの時こうしておけば
よかったなって思うんですよ。私ももっと英語勉強してお
けばよかったなって、いつも思います。
今ならもっと上手くできるのに、なんで今自分じゃないん
だろうって・・・娘が今の私だったら、もっと目覚ましい
成果をたくさんあげているのに・・・・そんなもんですね。
分かる時がくるのは、ずっと先なんですよ。
それまでは親に反発したりするのが、子供ですからね。
結婚して子供ができたら、なんかきっとね、私と同じよう
なことするんじゃないかって思います。親の気持ちもその時
わかるのかな・・・・だから今は時々バトルもするけれど
過干渉しないでいようと思います。

マリー様へ * by まめっちママ
そうなんですよ。いくら親が頑張っても、時期がこない
間は空回りするんですよね。でも、子供自身がやると決めた
ことは、できるんです。ちゃんと本人もわかってるんです。
だからうるさすぎないことが大切かなと思います。
旦那も親からは、「この子は将来どうなるんだろう。」
ってずっと思われてました。それが今では誰よりも
ストイックに勉強して予備校講師なんてやってるのです。
あんなに勉強なんてしなかったガキ大将がです。世の中
そんなもんです。自覚する時間が必要なんですよ。
いつそれが訪れるのかって話ですが・・・(汗)
少なくとも娘は以前よりはかなり自覚するようになりまし
た。いつまで続くかは知りませんが、友達と一緒に頑張る
から、辛くてもやれるみたいになってきてます。
環境の大切さを痛感してます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。