オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-04-13 (Sun)
 教育ここが知りたい第十四回

 娘が高校に入学し、我が家も後は大学入試を残すのみとなった。
 ここまで来るのにどれぐらい教育費がかかったのかと考えると、
 恐ろしくなる。実際はもっと少ないお金でもやっていけたとは
 思うが、わずかのお金で魔法のように何かができることはないと
 考えた方がいい。もちろん昔は塾など誰も行ってないし、みんな
 が貧乏で同じ条件だったので、その時代を持ち出して、できる子
 は学校だけでもできるというのは、時代遅れの発想なので、それ
 はここでは置いておく。

 うちで語ることができるのは、英語教育と受験関係だけだが、
 この英語教育にはお金がかかる。
 これは英語育児仲間の間では半ば常識のようになっている。

 お金をほとんどかけずに日本という国で何の特別なスキルを持
 たない親から外国語がぺらぺらになるような子を育てるという
 のは、かなり難しい。もちろん大人になってから、普通に中学
 高校と英語をやってきて、自力で参考書やラジオ講座、テレビ
 などで頑張って少ないお金で習得したという人も多いので、そ
 ういう大人からの必要に迫られての英語習得術も、ここでは
 持ち出さないということで、あくまでも子供に何かをさせる時
 に、どれぐらいお金は必要かということに的をしぼって書こう
 と思う。

 春なのか最近スーパーなどのイベントコーナーで幼児英語教材の
 勧誘がさかんで、ああ自分も娘が1才半の時、同じようにその
 教材を見てほれこんでしまって、衝動買いしてしまったことを
 懐かしく思い出した。

 今ならもっと安い方法でネットなどを使って様々な動画やサイト
 を利用したり、テレビチャンネルも豊富なので、それを使って
 安上がりの教育も出来たと思う。

 ただ、お金をかけなかったと言う人でも、よく聞いてみると、実
 は結構お金はかかっていることが多い。

 インターナショナルスクールに行かせたり、高額教材を買うと
 お金がかかっているように思うけれど、そういう方法をとらなか
 った家庭でも、毎月たくさんの英語絵本を購入したり、ワークブ
 ックをやらせたり、テレビチャンネルだって、安いスカパーを
 録画するとしてもお金はかかる。それにwebレッスンを入れたり
 もするので、安いものが最近はたくさんあるが、それでも何千円
 かはかかるわけで、トータルすると、軽く一万円以上は毎月かか
 っている。

 英会話教室の月謝も馬鹿にならない。ほとんど何もお金がかから
 ずに英語を習得しましたなんていう子供はいない。

 うちはお金をかけてませんという家庭でも、マンツーマンの英会
 話スクールにwebレッスン、洋書購入などはやっていて、それに
 親の努力と継続するという根性があわさって、初めてそれなりに
 物になったと言えるような成果が出る。それだって全員がそうな
 るわけではないし、本当に多くの失敗の影にわずかな成功がある
 ということで、簡単に安くこれこれができましたなんていうのは
 ない。

 そしてもれなく、うちはお金がないからと言う家庭でも、本当に
 ない場合は、そもそもそういった幼児英語教育や早期教育などに
 手は出さないので、ほとんどは、やはりある程度余力があるとい
 うのが本当のところだ。

 私立なんて行かせられないと言っていた近所の公園仲間の家庭
 でも、子供が公立受験に失敗した時には、私立に行かせる選択
 をしたし、更に下の子も面見がいい上の子と同じ私立に行くか
 もという話を聞くと、本気で余裕がない人というのは、教育の
 話すらしないので、ブログの子供の教育カテゴリーを見ていら
 っしゃる家庭の大半は、程度の差はあれ、熱心な家庭である
 ことは間違いなく、お金ももれなくかけているのが実情だろう。
 
 ただ、そのかけ方が上手な家庭とそうでない家庭があり、上手に
 工夫してできるだけ高額にならないように、それでいて成果を
 最大にあげるための努力をやっておられる家庭が非常に多いのを
 見ると、親の子供への愛情の深さを感じて、早期教育を昔あまり
 好ましく思っていなかった私も、今ではすっかりそういう気持ち
 がわかる人になった。人間年齢を重ねると、物事を多方面から見
 ることができるようになるのだなと、ちょっと自分の成長がうれ
 しかったりもする。

 他者へ寛容になるし、自分が若くてまだ何もわからずに試行錯誤
 していた苦労をシェアして、もっと良い方法で効率よく何かをな
 しとげることができて、早期教育や英語教育への偏見がなくなる
 ように啓蒙活動をしていくのもいいなとか、随分大人な考えを
 持てるようにもなった。

 だからこうしてブログをいまだに書いている。

 単なる娘自慢にして満足するのではなく、迷ったり悩んだりする 
 人が、ここに来るともう一度頑張ってみようと思えるような記事
 を書いていきたいと思う。

 そのためには、少々厳しいことも書くけれど、いいことばかり並
 べて、バラ色の未来が大した努力やお金をかけなくても、できる
 のだという幻想を抱かないように、実際どれぐらい塾代がかかる
 のかや、英語教育に最低限必要なお金なども、少なく書くのでは
 なく、きちんと公開してこれだけかけている家庭が多いのですよ
 という実例なども、今後出していこうと思う。

 うちの場合、現在教育費は、私立高校の学費大体月に6万5千円
 ぐらいと、学校で使う教材費を月割りした一万円ぐらい、そして
 研修費や旅行費の積み立て金が一万5千円。定期代が7千円ぐらい。
 それに数学だけ個別指導をつけているので、それが2万円ぐらい
 なので、合計大体11万7千円。それに小遣いや友達と遊びに行く
 費用、ちょっとしたイレギュラーの出費などもある。

 たとえば検定試験が重なる時には、それのお金も安くはない。
 漢検や英検などの費用、数検や日本語検定、模擬試験の代金など
 も入ってくるので、毎月5千円ぐらいは更にかかると考えた方が
 いい。これで習い事は今はゼロで、英会話もやっていないし、
 洋書も買わないので、そういったお金はほぼ無しの状態でも、こ 
 れぐらいかかっている。決して安い金額ではない。

 たまに問題集を買うことや、参考書も買うので、それが数千円ぐ
 らいになることもあるが、これだけ絞って学校のみにしても、
 なんと多額のお金がかかっていることか!

 英語教育にお金をかけていた幼少期どころではない。
 
 お金をためることができると言われている幼少期や小学生時代に
 塾代やお稽古事にお金がかかったので、結局ずっと何らかのお金
 がかかり続けている状態であることは間違いなく、公立小学校で
 あったけれど、中学受験にかかったお金は半端なく、高学年では
 毎月5万はかかっていたと思う。英語にかけるお金がなくなるの
 も仕方無いことで、小学校5年生ぐらいの時には、英語もやめ、
 塾一本で、時々アマゾンから格安の英語アニメのDVDを購入して
 しのいでいた。

 もうずっと教育にお金がかかりっぱなしで、都会では中学受験が
 当たり前にあるので、本当にあと3年は親が全責任でお金の面倒
 を見ないといけないのかと思うと、気をぬけない日々だ。

 でも、高校受験からという家庭でも、中学での塾通いは必須で
 大体月に3万ぐらいはかかっている。高校を公立にしても、予備
 校通いは当たり前で、これがまた高い。5万ぐらいは軽くかかる。
 それでも私立よりは安いけれど、学校から帰ってきて塾に通う
 負担は結構しんどくて、学校で塾いらずと言われている私立に
 通う方が楽だという親の話も聞く。

 もっとも私立に通いながら更に塾という家庭もあるので、こう
 なるともう天井知らずのお金がかかる。

 知り合いの家庭では、聞いただけで目眩がしてくるほどのお金を
 かけている話もあり、そこまで競争は激しくなっているのかと思
 うと、お金はほとんどかかりませんというのは、もう詐欺のよう
 な話になってしまい、正直お金はかかると断言した方がよほど
 覚悟ができて、工夫をすることができると思う。

 もちろん中にはほとんどお金がかからずに、公立一本で塾無し
 参考書と学校だけで受かりましたなんていう話もあることはある。
 
 でも、周りにそういう人はいないし、特別に賢い子でない限り、
 普通にお金はかかるものと考えた方がいい。

 我が家も普通の子なので、何もしなくてできるわけではないし、
 学校を私立にしたのも、娘の適性を考えてのことで、この選択し
 かたぶんなかったと思う。公立中学公立高校というルートは、考
 えにくかった。大学だけは国立に行ってほしいと願うけれど、こ
 れも娘次第でどうなるかわからない。
 
 その時のための心の準備だけはしておいた方がよさそうだ。

 長くなってきたので、このへんで。
 

 


 なんだか夜は寒く、昼は暖かい
 という中途半端な季節で、着る物
 に困るなと思うまめっちママに
 わかるよそれと思われましたら応援
 よろしくお願いします。子供の教育とは
 何も関係ないけれど・・・・そこは愛嬌で
   ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




  
関連記事
* Category : 教育ここが知りたい
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

参考になりました。 * by はな
まめっちさん 以前娘の英語育児で何度か書き込み、アドバイスを頂いた者です。
まめっち さんのこの教育費に関する話題は
そう!!そこが知りたいと思わせてくれる所です。

我家は、まめっちさんに相談してから・・・下が出来まして。これからの教育費を考えるとぞっとします。
保育園と学童と娘の習い事で、ざっと13万かかっています。子供が小さい時が貯め時と言われますが、うちにはない!!です。 娘は、細々と英会話スクールに通い公文と体操に通っています。
下の息子は3歳になり、そろそろ英語と思いますが、英語育児にかかる費用を考えると中々・・・。

娘を3年の終わりから進学塾へ入れたいと思っていますが。。。私学へやれる財力が続くか本当に心配です(笑)

* by まめっちママ
下のお子さんができたのですね。おめでとうございます。
また楽しみが増えましたね。
教育費は大変ですが、子供のそれぞれの成長が見られて
それはそれで充実感があるものですよね。
子供が小さいうちが貯め時とはよく言われますが、うちも
それはなかったです。(泣)本当にずっとお金がかかりっ
ぱなしで・・・・
でも、小学校に入ってからは決して贅沢なことをしていた
わけではないのです。中学受験の塾通いは普通にみんなして
いたし、英語もやってはいましたが、2年生までぐらいで
サタデースクールも修了したし、どんどん削っていって
高学年の頃には塾一本でした。それでもすごくお金がかか
ったのは間違いなく、中学に入ってからは、もっとかかっ
てるので、もう目眩がしてきますよね。でも、子供には
教育が必要だと思うんです。これしか残してやる財産は
ないですからね。お金で残すのではなく、生きていく上で
必要なスキルを残してやるという考え方です。
これについては、また次の記事で書こうと思います。

ありがとうございます。 * by はな
まめっちさん 返信ありがとうございます。

そうなんです。大変ですが、楽しい事もおおいです。
今年に入ってからは、ドラゼミもやめて削っていく方向にしました。

ちゃんと 自立した大人にして上げたいと言うのが
私も根底にあります。教育費もかけれる所はかけて上げたい。本当にそれしか、子供達に残して上げれるものはないと思います。
書籍も、図書館を利用したり、中古の本を買ったり、少しでも節約したりしていますが。
自分達の老後を考えると、かけすぎてはいけないと思うものの・・・とっても難しいです。

子供達の将来が明るいものであるようにしたいと
それが、今の私の根底にあるんでしょうね。
まめっちさんのブログはずっと、拝読してます。
もう一つのブログも(笑)
次も楽しみにしています!!

こんにちは * by アロエ
とても共感出来る話です。我が家も小学校は公立小学校なのですが、低学年から勉強系の習い事を色々していたので貯め時と言われた時期も貯められませんでした。それが3年続き、4年生から週一の塾に入り、今は受験の為の勉強でやっぱり貯められずお金も出ていく一方。このまま中学校もと言うと恐ろしいですね。私は娘一人だけなのでどうにかなりそうですが、兄弟が居たら火の車かもと思ってしまいます。でも子供の為ならついつい使ってしまいますね。

はな様へ * by まめっちママ
いつも読んでくださってありがとうございます。
このブログも休止してしまおうかと何度も思ったのですが
まだこうしてずっと読んでくださっている方が結構いらっしゃるのがうれしくて、もう少し頑張ってみようと思い直し
ながら続いています。こんなブログでも次を待っていてくれ
る方がいるのは幸せですね。
次の記事も頑張って書こうと思います。

アロエ様へ * by まめっちママ
子供一人だからできるということってありますね。
うちもとてもじゃないけど、二人いたら私立という選択肢
はないと思います。それでもどうしてもとなったら、それ
こそ教育資金を借りてでも、やはり何かしてやりたいと思う
かもしれませんね。旦那の会社にも奨学金で大学に行った
という人が結構います。そのローンの返済をしているので
それはそれで大変みたいですが、教育のためにお金をつか
ったおかげで、それなりの職につけたわけですから、やはり
教育って大切ですね。娘がお金をかけてもらったことを
どう思うかはわかりませんが、きっと将来それがありがたい
と思う時がくると思ってバランスを考えながらこれからも
やっていくと思います。

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント







管理者にだけ表示を許可する