オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-03-27 (Thu)
 中学も無事卒業式を終え、成績表をもらってきた。
 相変わらずの偏りで、副教科が素晴らしい。
 でもおまけの点数をつけてくれたのか、なんとか評定は5段階で
 言うと、4を越えそうな感じだ。

 副教科が全部5だったからで、やはり進路を間違えたのかと思う。
 大学はデザイン工学系に行く予定なので、娘の感性をいかす場と
 しては丁度良い感じで、色々下調べをしているところだ。

 早すぎるという話だが、今からちゃんと受験科目なども確認し
 まあ変更になることもあるが、大体の目安で、何を頑張ればいい
 のかを早めに把握しておいて、それにむけた勉強をする方がいい
 ので、途中でころころ変えるのだけは避けたいと思う。

 高校2年ではもう理系か文系かに分かれないといけないし、それ
 までに何とかしないといけないので、この一年は副教科もいいけ
 れど、主要教科を頑張って、足場固めしようと思う。

 先生の講評には、GTECのことが書かれていて、

 「最後のGTECは圧巻でした。
  英語を武器にしてこれからも羽ばたいて下さい」

 と、あった。

 やはり相当なインパクトがあったようで、娘の底力が発揮された
 瞬間だった。いつもは寝てしまったとか、途中でいやになったと
 か、結構気まぐれなことをする娘なのだけれど、気合いを入れて
 頑張った結果、誰もおいつけない点数差で一位を死守できたので
 それは高校に上がる前に娘にとても強い自信を持たせてくれた。

 根拠のない自信ばかりで、いい加減に真面目にやれといつもは
 思っているが、本物の力も備わっているという証拠で、親として
 もうれしい。この調子で高校は、他の成績も頑張ってほしい。

 それにしても、体力テストの偏りも気になる。
 反復横跳びに代表される俊敏性は抜群なのに、ボール投げは
 全くダメ。握力や筋力は強いのに、持久走は全然とか・・・

 運動神経がいいのか悪いのか・・・バランスが悪すぎる。

 勉強も英語は飛び抜けているけれど歴史は底辺を這うような成績
 とか・・・・国語だけは毎回変わらず、普通の点数で、特に上下
 はあまりない。

 今年はバランスを整え、全体的に底上げしていく予定だが、一つ
 でも自信のある科目があるというのは、助かる。

 春休みは宿題もどっさり出ているようなので、数学の復習と、
 物理、化学の問題演習も数をこなして、とりあえず得意科目を
 増やせるようにしたいと思う。

 副教科はうちでは大事な扱いなので、良いのに越したことはない
 し、娘が作ってきた作品は、どれもみんな大切にしている。

 今回もガラスを彫って作ったコップがとてもよくできていた。
 薔薇をあしらっているのだが、娘は薔薇を書かせると本当に
 上手い。点描で入賞したのも薔薇だったし、今回もガラスに
 薔薇を見事に花びらだけで表現していたのが素晴らしかった。
 親馬鹿かもしれないが、こっち方面のセンスは十分あると思う。

 美術の先生の評価も年々あがり、少々変な物を造っても、娘
 がやっていると、何か特別に思うところがあっての作品なのだ
 ろうと評価されるし、単に失敗しただけですけど・・・・と
 心では思っているのだけれど、そういうラッキーな思い違い
 もしてもらえる。

 人間一度評価されると、なかなかそれが覆ることはないのだな
 と感じた。芸術の世界とは、どこもそんな感じだ。

 スケートだって、一度評価が上がれば、点数も出やすくなるし
 そういった分野では、目にとまるまでが大変なのだろう。

 話がそれたが、娘も担任の先生にやっとわかってもらえたようで、
 人とかなりはずれた個性的な考えを面白いと思ってもらえるよう
 になった。いつも娘が書いている連絡帳が面白くて、そればかり
 毎学期褒められていた。勉強を褒めるところがないからだと思う
 けれど、楽しみにしているといつも書いてもらっていたので、
 そういう人を楽しませ、喜ばせることに向いているのだろう。

 誰しも取り柄がある。その子にしかできない特技が必ずある。
 だからあきらめないで、子供を観察し続け、少しでも何かがあれ
 ば、それをうんとおだてて褒め倒し、根拠のない自信でいいから
 子供にできるという気持ちを持たせることが大切だとつくづく
 思う。

 

 
 入学式までにあと一週間しかないことに
 気づき、宿題もせずに遊ぶことばかり
 考えている娘をどうしたものかと呆れる
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する