オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-03-07 (Fri)
 教育ここが知りたい第13回

 久しぶりのシリーズは、受験シーズンに関係ある話題で、将来
 みなさんのお子様が通るであろう大学受験について。

 まず最初に誤解のないように言っておくと、浪人はできるだけ
 しない方がいいという前提で話を進めていくので、どうしても
 強い目的があって、医学部へ行きたいとか、芸大に進みたいから
 とか、そういった特別な人は別として、ごく一般の子供を対象に
 しているということでご了承ください。

 私は結構長く教育業界でやってきているが、そういう仕事柄、
 子供達を観察していると、浪人してもいい子とそうでない子が
 いるということに気付く。

 世間ではどこそこの予備校から東大に何人、京大に何人、有名私
 大に何人などと広告で盛んに宣伝しているのを見かけると思う。

 それを見ていると、浪人して大学受験に成功している子もちゃん
 と存在しているわけで、どうして浪人してはいけないと言うのか
 と思われるかもしれない。

 ここが問題で、最初に言った通り、浪人していい子とそうでない
 子がいるという話につながってくるわけだ。
 
 では、浪人していい子ってどんな子なの?

 そんな基準なんてあるのか?という疑問が生じてくるかと思う。
 正直、基準なんていうものはない。ただ、浪人して成功した子の
 ほとんどは、現役時代にすでに合格できるだけの力を備えていた
 子であった可能性が非常に高いということ。

 模試の判定でもA判定が出ていたとか、それなりに合格間違いな
 しと言われていた子がとても多い。

 要するに、まさかの不合格になって、日本一不運な受験生になっ
 てしまったという子供達なのだ。

 本来なら予備校になど行かなくてもいい子で、ちょっとばかり
 進路の選択ミスをしてしまった、あるいは力を出し切れず、本番
 にめっぽう弱く、頭が真っ白になってしまったか、体調不良だっ
 た・・・・そういうことが重なった結果、しなくていい浪人に
 なってしまった・・・そういう子だからこそ、それをバネにして
 次にステップアップできるのだ。

 どこにも受からず、勉強をさぼっていて、どうにもならない
 レベルだったから、仕方無く浪人・・・・これが一番いけない。
 何事にも例外はあるので、そういう子でも飛躍的に伸びて、志望
 校に入学を果たす子もいるので、浪人がいけないとは言い切れな
 いのだが、一浪してセンター試験の点数が伸びる保障が実にない
 のだ。むしろ下がったとか・・・・そういう子も多く、必ず浪人
 すれば、前年度より成績があがるのかと言えば、そうでもないこ
 とも多く、伸びが鈍い子供達がたくさん存在するのを見てきた。

 私の生徒にも一浪、二浪の子がいるが、劇的な伸びはなく、
 現役で受かってもおかしくない学校に再び願書を出し、そこに
 落ちつく可能性が高い状態だ。

 なぜそうなってしまったのかというと、現役時代のまず選択ミス
 が大きい。絞りこんで勉強していれば、受かったであろうところ
 には、現役だからという理由で願書すら出さず、かなり無理のあ
 る国立受験をしたため、得意科目を作ることができず玉砕。

 そして共通点は英語が全然できなかったということ。

 せめて英語ができれば、難関私大の道もあったのに、それが一番
 できないということから、どこにも引っかからなかった。

 的を絞った勉強ができなかったというのが敗因だろう。
 
 もう一人は、理系から文転したため、文系科目を全くやっていな
 いという状態で、その転換時期がまた悪く、一浪の途中でそうし
 てしまったため、これも受験大学がころころ変わり、目的意識が
 なかったために、その時その時の点数の状態で、受けられるとこ
 ろを探すという迷走をしてしまった。

 極端な話、文系の王道の英語、国語、社会ではなく、理系だった
 なごりで、数学、理科、社会という不思議な選択で文系学部を
 受けるということになってしまい、更に国立も捨てきれずにいた
 ため、全くやっていなかった国語を二浪目でやり始めるという、
 これも非常に進路を変えすぎたために、極めて難しい受験になっ
 てしまったという事例だ。

 最初から現役の時に指定校推薦という枠があり、そこが空いてい
 たのに、それをしなかったのも痛かった。

 もっともチャレンジしてもっと上を目指したかったからという
 気持ちもわかるので、すべて結果論でしかないのだが、勿体な
 い時間をたくさん費やしてしまったなと思う。

 当人もそこは失敗だったと、過去に時間を巻き戻せるものなら、
 今度はちゃんと考えて受験できそうな気がすると言っていた。
 
 やはり最初に目標があって、それにむかって絶対に頑張るのだと
 いう意志がない子は、浪人すべきではないと思う。

 そして煮詰まってしまう子もしない方がいいだろう。
 いくら勉強しても不安で、眠れないような子は、浪人の負担が
 大きすぎるからで、そのあたりを見極めて、現役時代にさっさ
 と上手く合格を勝ち取ってしまって、入った大学で何ができる
 かを考えて未来志向で行く方がいいと、私は個人的に思う。

 早慶に受かっていても、東大にどうしても行きたいから浪人する
 というような、強い精神力があるような子はもちろん、本人が
 望むなら、そうする方がいいとは思うが、ごくごく一般的な学力
 で、普通に受験する場合は、高校在籍中から早めに目標を決め、
 それに向かうために必要な勉強を効率よくしていくことをお勧め
 する。

 守りの姿勢のようで、もっとチャレンジしてもと思われるかも
 しれないが、実際チャレンジして成功する子は少ないし、そう
 いう子は、元々そのレベルにすでに到達していたのに、何らか
 のハプニングで不合格になったという場合が大半なので、私達
 塾関係者の間では、浪人した時点で大体の予想がついてしまう
 という非常に厳しい現実を毎年見てきているのだ。

 だから自分の娘も、下手に浪人させるようなことはたぶんない
 し、娘自身も絶対にしないと言っているので、高校に入学した
 段階で、確固たる進路を決めて、必要な科目を丁寧に勉強して
 いくようにしないと、本当に後々大変なことになりそうで、
 気を今からひきしめている状態だ。

 クラスがどこになるか・・・それを見てから、娘の力を考え
 最善の選択ができるように、やっていきたいと思う。



 もうすぐ学年末テストだけれど・・・
 娘は最後ぐらいちゃんと有終の美を
 飾ってくれるのだろうか・・・・
 あっというまの三年間に驚くまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 教育ここが知りたい
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by バニラ
娘ちゃん、いよいよ中学生卒業ですね。
卒業おめでとう!!

高校生になっても面白い娘ちゃんの成長が楽しみです。
そうこう話しているうちに、高校生も終わり、あっという間に大学生になっていくのでしょうね。ほんと、子供の成長って、早いですよ。

バニラ様へ * by まめっちmama
早いですよ。本当に!
小学生の低学年だったのに、もう高校生になるんですよ。
信じられない年月がたったんですね。
あの頃は無邪気に英語やってました。
今よりずっと素直で、やりやすかったです。
もう今は自分で勝手に好きな音楽かけて英語なんて
あったの?というぐらいに適当で、勉強も親の手を離れて
勝手にやってるって感じで、私の出番ってほとんどないの
です。まあそうなっていかないといけないんですが、見て
いると、はらはらすることばかりで、もう少しここをこう
してとか・・・・色々思うのですが、もう自分で何でも
決められるし、親の思うようには動きません。
大学には浪人せずに行ってほしいので、それなりに高校で
勉強はするとは思うけれど、娘のことだから適当にのらり
くらりしそうです。早く大学生になってほしいです。
心配するのもそろそろ終了したいですしね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する