オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-03-05 (Wed)
 最初にお知らせです。
 少し前からブログのトップページの表示がおかしくて、名前と
 パスワードを入れるような画面が表示されていたことにお気づ
 きの読者の皆様もいらっしゃったかと思います。
 ブラウザがサファリ、もしくはインターネットエクスプローラー
 だと、出て来る表示のようで、クロムで見ている方にはたぶん
 出ていない表示のようで、調査中だったのだけれど、FC2の
 サポートで、原因が判明したので、やっと変な表示が消えました。
 訪問してくださっていた皆様、ご迷惑をおかけしていましたが、
 煩わしい表示はなくなったと思うので、今後ともブログをよろし
 くお願いします。
 
 さて、ここからが今日の本題。
 実は、かなり前に買ってそのままになっていたアニメのDVDを
 時間が少し空いたので、一気に見てしまった。

 娘と一緒に見る予定だったけれど、先にまずは私がチェックして
 その後、例のごとく、英語音声をHDDに取り込み、かけ流しの
 音源作りをする予定になっているのだが、当然ながら私は日本語
 でまず一度目を見る。

 それから英語音声でもう一度見ながら、録音。
 タイトル編集などをして、形を整え、いつでもかけ流しをできる
 ようにして完成だ。

 最近は娘が英語で何でも見るのをいやがるので、なかなか見る機
 会がなく、音声かけ流しも娘がイヤホンで勝手に好きな歌を聞き
 ながらの勉強になっていたので、英語音声とも縁遠くなっていた。

 そんなわけだったので、買ったまま放置していた。でもそれでは
 勿体ないので、今回一気に私が先に見てしまったのだ。

 見たのはこちら。
  ↓ ↓ ↓
 

 小学生には、少々見せられないシーンがあるので、親が先に見て
 おくのが、やはりベストだなとは思うが、今の娘は、もうその
 あたりの知識はあるので、そこまで過剰に反応することはないか
 とは思うが、それでもあまりその手の物を本人が見たがらない
 だろうから、そこがちょっとネックだなとは思う。

 でも、ストーリーは全体的にはよくできているので、私は個人的
 に好きだが、何せ漫画やアニメの世界なので、ヒロインがやたら
 強かったり、なんでプロのテロリストより素人が強いわけ?みた
 いな・・・・部分的にはご都合主義があったり、上手く運びすぎ
 でしょみたいな、細かいことを言うときりがないので、そこは軽
 く無視して見ないといけないかもしれない。

 今まであまりそういうことは気にせずに見て来たが、この頃
 日本映画を中心に見ているので、どうも派手なアクションが
 あったり、設定に無理があるようなものに違和感を持つように
 なってしまった。

 現実世界で繰り広がられる生身の人間のドラマが好きになった
 せいで、荒唐無稽的な空想物が見られなくなってきているのだ。
 その昔は、SFやファンタジーが大好きだったのだが、人間年齢
 と共に嗜好も変わってくるようだ。

 娘も少し前までボカロばかり聞いていたが、少し変わってきて
 実際の歌手が歌っているものにも興味を示すようになっている。
 英語から離れてきたのも、この一年ほどなので、また興味を持つ
 かもしれない。洋楽が好きになったりする時期もきっと来るだろ
 うから、その時その時の状況に合わせてやっていくしかないのだ
 ろう。

 子供が成長するというのは、こうして親が決めて進めてきたこと
 が、子供自身の選択にシフトさせていかないといけなくなるとい
 うことでもある。

 娘が再び英語を頑張りたいと思うようになるのは、何か英語で
 特別にやりたいことが出てきた時か、あるいは、海外で自分の
 レベル程度では大いに困るのだということを肌で直接感じてくる
 か、そのどちらかだろう。

 そこに親の入る余地はほとんどないのが寂しいが、元々精神年齢
 の高い娘は、親の何歩も先を見ていて、何か考えるところがきっ
 とあるのだと信じている。

 とりあえず、春休みには一緒にアニメや映画を見て、ストーリー
 がよければ、きっと気に入って英語でも聞こうかと思うだろうか
 ら、無駄に娘がバラエティー番組ばかり見ることがないように、
 いいものを先に探しておこうと思う。





 ガス代が年々跳ね上がり、今年もすごいこと
 になっているけれど、寒いのは苦手すぎて、
 つい朝から晩まで床暖やガスストーブに頼って
 しまう、寒さに異常に弱いまめっちママに
 励ましの温かい応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


 
 

 
関連記事
* Category : アニメ、ドラマで学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する