オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-02-02 (Sun)
 その昔、私は教育には損得を考えずに、返ってこなくてもいい
 子供のために何をしてやれるかを考えて、いいと思ったことは
 できるだけしてやればいいのだと考えていた。
 今でもそれは変わらないのだが、中学にもなると、子供自身が
 やりたい、やりたくないとはっきり意志で示すので、親がお金
 をかけてやりたいと思っても、本人がいらないと思っているこ
 とも多く、勝手に色々かけてられても困る、それで期待に添え
 られないからと言って、失望されるのはもっといやだという
 こともあって、親が主導の塾選びや教材選びはできにくくなっ
 てきた。

 私がこれいいなと思う英語のDVDも、娘には別にいらない物
 である場合も多いし、参考書一つにしてもこれ読んでほしいな
 と思っても、本人が手に取らない限り、本棚の飾りになってし
 まうにすぎない。

 それでこの頃は極力何も買わずにきたが、学校からは色々教材
 費が請求される。検定料も結構頻繁に払わないといけないし、
 模試代だけでもかなりの額になるので、学費プラスアルファの
 部分がとても多い。

 寄付金などは強制ではないし、ほとんどしなくてもいいので楽
 だけれど、春から高校に内部進学するにあたって、新たに入学
 金もいるし、諸経費、研修費、積み立て金、年三回に分けて払う
 学費あわせて50万を超えている。

 それを春までに払わないといけないわけだ。
 ついこの間、中学最後の学費を払い終わったばかりなのに、もう
 次の高校のお金がいるのだ。

 カバンも別に購入しないといけないし、制服代はすでに払ってい
 るからいいのだが、細々とした物がまだ必要なので、本当に私立
 はお金が思っている以上にかかるものだと痛感した。

 幼少期にお金をかけている場合ではないなと今なら思う。
 その時期にお金を貯められないと、後で大変なことになる。

 これからお金がいることはあっても、かからなくなることはない
 からで、義務教育の小学校がいかにお金がいらなかったか・・・
 有り難いことだと思う。中学受験のために塾通いしていたので
 それのお金も大変だったが、これで私立の小学校に行っていたら
 もう破産ものだったと思う。

 それでも二人、三人と私立に行かせている方もいらっしゃるので
 すごいなと感心するが、中学受験で信じられないお金をかけてい
 る家庭も存在し、塾三つ掛け持ちとか・・・更に家庭教師まで
 来ていて、月々何十万かかったと聞くと、子供の教育のためと
 言っても、そこまでして子供は喜んでくれるのかというと、全然
 喜んでいないだろうし、将来、有り難迷惑だったと言われそうだ。

 成果が出て、よかったと思ってもらえることもあるが、何事も
 ほどほどがやはりベストだなとつくづく思う。

 娘は当たり前のようにいる物はいると買うけれど、今回も学費
 工面のために定期預金を崩さないといけなくなってしまったの
 で、太陽光発電のローンを払ってしまおうと思っていたけれど
 先延ばしにして、家の修繕費(外壁の塗装)も取りやめ、色々
 節約しないといけなくなった。

 携帯も新しいのに変えたいけれど、当分このままでいいかなと
 思うし、娘がコンタクトをソフトにしたいと言っているけれど
 それも実際やるとハードよりお金がかかるので、どうしたもの
 かと、考えることはお金に関することばかりで、幼少期の頃
 とは現実的な問題が増えすぎて困ったことだと思う。

 娘は化粧したり服を派手にしたりはしないし、そういう物を
 欲しがったりもしないから、派手な遊びにお金を使うことは
 ない。コンサートに行くこともないし、遊ぶとしたら友達が
 家に来るか、近所のショッピングセンターでプリクラをとる
 か、たまにカラオケ行くか、映画見るか・・・その程度だ。

 だから使いすぎているということはないのだが、人並みに
 つきあって普通に学校に行くだけでも、相当なお金がかかるの
 が、私立というところなのだ。

 公立出身でずっと塾にも行かずに来た私は、そういう意味では
 相当な親孝行だったんだなと思う。
 昔のことだから今とは事情が違うけれど、就職しても家にお金
 を全部入れていたので、そこからお小遣いとして少しもらって
 いただけで、管理は親にまかせ私は自分のお金もほとんど持た
 ず、かなり真面目な20代を過ごしたのだ。

 その反動だったのかもしれない。教育にはお金をかけてもいい
 子供が親に気兼ねしなくて、やりたいことをやれる環境が必要
 で、それを用意してやることが、私は少しもいやではなかった。

 これもある意味、親のできなかったことを子供に押しつけてい
 るということなのかもしれない。英語ができない親が子供には
 英語で苦労させたくないと、子供のうちからやらせるのも、私
 が教育費をけちらなかったことも、根っこの部分は同じなのだ
 ろう。だからできるだけ押しつけがましくならないように、
 気をつけてはいるが、ついいらぬことをしてしまって、親は
 いつまでたっても、子供から本当の意味での自立がしにくい
 生き物なんだなと思った。

 わかっちゃいるけど、かまってしまう・・・
 過保護はやめて真の自立をと願うけれど、手を出したくなる・・
 まだ完全に子離れするのは難しそうだ。





 USJの年間パスを買うかどうか・・・
 今買えば安いけれど、節約しないと
 いけないと思うと、なかなか買えない・・・
 それよりもう一度TDRに今度こそ
 何事もなく行きたいよと思ってしまう
 まめっちママに、応援よろしくお願いします
 (初めてのTDRが東北大震災の時だったという
  ありえない偶然を経験してます)

  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : コラム
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by マリー
小学校に比べると中学はあっという間に、
一年が終わってしまい、
のんびりしている場合でないと気持ちだけが
焦ります(^_^;)

子供たちが選ぶ進路の希望に添えられるよう、
親も頑張らねばと思います!!

マリー様へ * by まめっちママ
本当早いですよね。中学生の三年間って・・・
娘が高校生になるなんて、信じられないです。
この調子だとぼーとしてる間に高校が終わってしまいそう
で、大学受験にもすぐに突入しそうです。
怖い怖い。子供が選ぶ進路は親が思ってもいないことが多い
のですが、そういう現実も受け入れつつ、子供との距離を
上手く保っていきたいなと思います。

とても参考になりました * by mina
うちは近くに私立がない環境なので
高校までは公立でいきますが
お金の話は(も) とても参考になりました

春から小学生ですが
まめっちままさんのような先輩のお話は
ほんとうに参考になります

月イチでも 思いついた時でいいので
もうしばらく このブログ続けてください!

mina様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。続けて下さいと言ってくださる方
がいるだけでうれしいです。
私も色々迷って決断出来ない状態でいます。
でも、このブログは本当に私の宝物で、ずっとたくさんの
方に見てもらいたくて、七年以上も続けてきたので、もう
体の一部みたいになっていて、自分がもぎ取られるような
気持ちになるかもしれないぐらい愛着もあるのです。
だから消してしまうことはないとは思いますが、どういう
形でこれを存続させるかは、考えてみますね。
たまに書かないといけないと思うようなことが起きるので
そのためにも残しておいた方がいいのかなとは思います。
本当にいつもありがとうございます。
お金の話は、シビアですが、現実問題消費税も上がるし
苦しくなっても楽にはなかなかならない現状ですよね。
だから貯められる時に貯めておくのは大切だなと、つくづく
最近は思うのです。気付くのが遅いって話ですが(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。