オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2013-12-21 (Sat)
 公立小学校に在籍していた頃、日々の宿題と言えば、漢字ドリル
 と計算ドリル、たまに漢字を使って短文作り、それぐらいしか
 なかったので、宿題が多すぎて困るということはなく、中学受験
 組には助かる内容だった。

 娘は昔から漢字が嫌いな子だった。といってもこの宿題のおかげ
 で、娘のような子でも普通に公立で出題されるような漢字は、特
 に勉強しなくても書けたし、問題なく過ごせていた。

 ところが私立の中高一貫校に入学してから、漢字の宿題などは
 お目にかかったことがなく、数学ばかりやっている気がして、
 確かに中高一貫の私立は進み方が早く、漢字練習などをのんびり
 やっている場合じゃないというのもあって、全くそういうものは
 家でやっているのを見たことがない状態になった。

 私はこれはどうかなと思っている。

 あまりにも無駄に多い漢字の10回書きとかは必要ないけれど
 全く放ったらかしというのも困る。数学重視はわかる。入試では
 正直、英語と数学ができればかなり有利だからで、文系であって
 も数学ができれば、それが大きな得点源となるし、英語はどこに
 行ってもはずせないものなので、これができるのとできないのと
 では、もう大学の選択肢の幅の広がり方も全然違うからだ。

 娘は幸いにもこの英語が一番成績がいいので、本当に助かってい
 る。私の生徒で現在2浪中の子がいるのだが、もし英語が中学か
 らもっと頑張ってやっておいて得意科目だったら、今頃たぶん
 ここにはいなかったと思う。そう言って後悔しているので、浪人
 生の言葉は重い。

 その一つの英語ができるということが娘を安心させてしまってい
 るので、一番できていない漢字に対する危機感が全くない。
 確かに世の中は携帯やパソコンが普及し、漢字を手書きしなくて
 も、変換さえできれば問題ないかもしれない。計算だって電卓が
 あるからと乱暴に言ってしまうとそういうことになる。

 ただ、それではだめなことは誰でも知っているわけで、漢字は
 やはりある程度書いて覚えないといけない物なので、宿題が全く
 ないというのも困るのだ。

 もちろん早朝テストや終礼テストで漢字が出題されていたことも
 あったので、漢検でいうと3級レベルの字はテキスト一冊仕上げて
 そこからテストが出題されていたので、それが唯一の勉強と言え
 るものではあった。

 ところが最近はそれも見かけなくなった。やはり数学の難問重視
 傾向にあるので、発展ばかりやらずにまずは基礎をと思ってしま
 う。さきほどの浪人生も、「いくら上に積んでも土台がぐらぐら
 しているから、積み上げられない」ということを嘆き、自分のや
 ってきた勉強のまずさにようやく気付いているので、そうならな
 いためにも、基礎重視を学校にはお願いしたい。

 公立中学の生徒を見ていると、ゆっくりでも確実に漢検などを
 クリアしていき、頑張っている子がたくさんいて、何か私立だか
 らといって間違っているのではないかと思うこともある。

 私の生徒の方が下手をすると娘より漢字力は上かも?と思うよう
 な子が結構いる。本当に国語に関しては学校に一考をお願いした
 いのだが、成績上位層の親や子供は、数学を難しくすればいいと
 思っているふしがあり、とにかく難しいことをやってほしいと
 言うような人がいるのも事実。

 学内でも基礎重視派と意見の対立があるようなのだが、講師生活
 が長い立場から言うと、やはり基礎なくして発展なしという考え
 で、頭の良い子なら基礎学力から応用発展につなげることができ
 るものなので、土台を固めないうちに次々と難しいことばかりし
 ようとするのはどうもいただけない。実際、模試の結果を見てい
 ると、普段の点数からは違った側面が見えてくる。
 成績優秀者が、基礎的な数学の問題に間違えたり、国語の点数が
 全体的に低いことなどを考えると、私の考えはあながち間違いで
 はないと思うのだが・・・・学校はよくやってくれているので、
 概ね文句はないけれど、細かい部分で言うと、きりがなく、これ
 がもっとこうだったらいいのにとか思うこともあり、その部分に
 関しては、理想通りにするためには家庭内でフォローするしか
 ない。そういうわけで、漢字は自力でこれからもやっていかない
 といけないので、今は自主勉用にとこれをやっている。

 

 後は毎回言っていることだが、古文を強くすること。
 これは色々うちに参考書がそろっているので、それを読んでもら
 うことと、より多くの問題を見ることで、こつがつかめてくるこ
 ともあるので、ぼちぼちでもいいから入試問題をやっていくのも
 いいかもしれない。今から毎日一つでもやると、3年先にはもの
 すごい力になっているだろうから・・・・

 継続は力なり。まさに今までは英語でそれをやってきたが、これ
 からは他の科目でもそういう気持ちで頑張っていかないといけな
 いと思っている。

 今の娘に必要なのは、総合力。

 それにしてもがっつり何度もやるのは、しんどいもので、反復を
 厭うような子では、この先の社会ではいやな事や面倒なことから
 逃げるようになってしまうだろうから、要領よくそれでいて時に
 は面倒なことでも頑張れるように、バランスよく育てていきたい
 と思う。



 検定料も馬鹿にならないほど高いので
 一発合格してくれる子がなんと親孝行なんだ
 と思ってしまう、庶民のまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


 

 
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する