オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2013-12-09 (Mon)
 もうすぐクリスマス。この時期になると親達の悩みはプレゼント
 をどうやって子供から聞き出すかだったり、欲しがるものがあま
 り買いたくない物だったりして、それをどうするべきかなどでは
 ないかと思う。

 うちは娘が小学校4年生でサンタの存在を親だと知ってしまい、
 そこからはクールな娘は幻想を抱かず、現実路線で、これが欲し
 いと単刀直入に言うので、ごまかして聞き出すことはしなくて
 いいようになった。これは意外と楽だ。

 夢がないように思うかもしれないが、親が大切なお金で買ってい
 ることを知ることや、今までサンタの分も親が頑張って出してい
 たのだということを知ることで、有り難うという気持ちも湧くか
 もしれない。だから旦那はあまり嘘をいつまでも言うことを
 よしとせず、それが原因で娘にずばり本当のことを言ってしまっ
 たのだ。

 これは過去記事サンタはいない衝撃の告白に書いているけれど
 その時は、なんてことをしてくれたのだと大いに怒ったものだが
 今思えば、いつかはばれるし、その後も子供は信じているふりを
 して親とサンタ両方からプレゼントをせしめてきたという話を
 娘は中学で聞いてきているので、子供も相当したかかな存在なの
 だ。だから早めの現実に気付いて、むしろ親へ感謝の気持ちを持
 つことの方が大事だなんて、旦那の理屈ではそうなのだ。

 まあこれも一理あるので、そこから我が家はプレゼントが一つに
 なった。それでも自分が本当に欲しいものを言うことができるの
 で、よく欲しかったものと違う物が届いたと不満顔の子供に、
 親がサンタさんも予算があるし、たくさんの子供にあげないとい
 けないからねとか言って、結局は親の意向に沿った本や知育玩具
 しか買わないというのも、私は今なら子供の気持ちがとてもわか
 るので、そこだけは好きな物を買ってやってもいいと思えるよう
 になった。

 何でも子供の言うことを聞く必要はもちろんない。ただ、一番
 買いたくないゲームでも、娘はやりすぎて困ったことがない。

 DSが欲しいとか、wiiが欲しい、そういう子供は多いが、ゲーム
 を一切禁止しても、しなくても少なくともうちに関しては何も
 問題はなかったと断言できる。

 ゲームばかりやりたがる・・・勉強に影響があるという子供は
 多いが、残念なことに子供が羽目をはずすことがないような家
 に限って、絶対に禁止で買わないと言うのだ。

 これは本当にそうで、娘の友人も真面目で、携帯やネット漬け
 になるようなことはないのに、ずっと禁止措置が解けていない。
 むしろ連絡できずに困ってばかりで、いいことなど何一つ禁止
 してもなかった。

 子供を信用できないから、そいういう措置が出るのであって、
 子供が全く信用のない相当悪いことをしている家は、甘いので
 ゲームやり放題になっているのだ。

 そこを考えると、自分がゲーム以外のことで子供の好奇心を
 ちゃんと育ててきた自信があるなら、大きな一年に一回しかな
 いイベントの時に子供の願いを叶えてやるのは、そんなに悪で
 はない。

 今回、娘はwii uが欲しいと言った。でも、娘の本心は、友達が
 来てやりたいソフトがあるから、そのためだけで、みんなで遊べ
 るというwiiの特性上、それを欲しがっただけで、心底ゲーム好き
 でそう言ったのではなかった。

 だから実際に見にいって、結局娘は買わないという選択をした。
 私も祖父母も反対したわけじゃない。でも娘が自分でヨドバシ
 カメラでそれを見て、ソフトも吟味した上で今の自分には、あ
 っても、そんなにしないだろうから、一年のうちでやるのは数回
 という少なさなら、勿体ないと、ちゃんと自ら判断して購入を
 見送ったのだ。

 ゲームを無理矢理禁止しなくても全然問題ないし、他にやりたい
 ことを見つけてやるのなら、それでいいのだ。

 だからお稽古事も大事で、サッカーや絵画教室、体操教室に
 スイミング・・・どれだって、一生懸命好きでやるなら、ゲーム
 ばかりやるような子には育たない。
 むしろ買ってやっても、ほとんどしなくて、うちなんか何年か前
 にもう全部いらないから、捨てていいよと娘が言って、実際
 その場で壊そうとしたぐらいだ。その時は私の方が、勿体なくて
 止めてしまって、売りにいこうと言ったぐらいだ。

 だから今回も一旦言ったことを撤回して、何もなければ、別に
 今は買わなくていいし、もっと考えるよという結論になった。

 ゲームは脳の働きを壊すというけれど、そこまでやるようにして
 しまってからでは遅いのだ。むしろあってもしない選択、適度に
 脳の発達に役立つレ脳トレのつもりで、久保田先生みたいに
 毎日ちょっとゲームをやっている方がかえっていいなんていう
 場合もあるのだから・・・・

 何でも禁止という人は、たぶん悪い例しか見ていなくて、よい
 ことがあっても、一生そういう世界に近づくことすらしないのだ
 ろう。ネットも怖いとだけ言っていては、そのよさを取り入れる
 ことはできない。どんなことにもリスク無しという世界はありえ
 ない。リスクはあるが、それをいかにして避けるか、どうやって
 活用するかが問題なのだ。最初から何もかもやらせない、禁止で
 は、この先何も生まれはしない。

 そういう環境で温室育ちをしてしまった子の方が、免疫がない分
 かえって取り返しがつかないほど染まることもある。

 何事も節度を持って、その上で子供本人が選択できるように親子
 で日頃から話合う機会をたくさん持つこと。

 これで大抵のことは何とかなると思うのだが・・・・




 

 娘はただ今、3DSを友達に
 貸している。これから冬休みが
 来るのに、人に貸すという選択をし
 それでも不満などないという子もいる
 という現実・・・・ゲーム狂になるかどうかは
 家庭環境次第だと思うまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する