オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2013-11-05 (Tue)
 国語というと現代文の読解が思い浮かぶ人が多いと思う。
 作者の心情を理解したり、評論文の小難しい文章から、主張を
 読み取ったり・・・それを苦手に思う子供達が多いのもわかる
 気がする。

 作者の考えなんてわからない、小説なんてどうとでも読める、
 国語なんて感性の問題で、土台勉強しても無理だから、しない。
 こう考える人が出て来るのも、仕方無い面はある。

 ただ、こういった思考の方達は恐らく今まで感動するような学校
 の国語の授業に出会ったことがないのだろう。
 私も正直、今まで素晴らしい現代分の授業にはお目にかかったこ
 とがない。

 予備校講師になってはじめて、授業とはこういう風にするのだと
 いうのがわかったぐらいだ。学校で習った国語というのは、ただ
 教師が登場人物の心の動きはどうでしたか?と問題提起はするも
 のの、各自が好きな感性を言い合って終わりみたいな、感情に訴
 える授業ばかりだった気がして、結局少しもすっきり感がなかっ
 たことを覚えている。

 なんでそういう風に読み取れるのか?理由がわからぬまま、悶々
 としたことも多かった。
 更にひどい先生の場合は、丸投げで終わり、後は各自で考えて
 おくようになんていうのもあった。しかもそれがテストに出て、
 みんな大いに困って、わけわからぬままに国語は勉強のしようが
 ない科目という位置付けになってしまっていた。

 こんな経験からも、国語というのは先生の質が重要で、いい先生
 に巡り会わないと、本当になんとなく日本語だからわかるでしょ
 みたいな科目になってしまうことを痛感している。
 大事と思われないまま、テスト勉強もあまりせずにいきあたりば
 ったりで受けるみたいな、そういうことが日常的になっているの
 が国語という科目の現状なのだ。

 英語や数学ならもっと真剣に勉強するだろうし、参考書も読む気
 がおきるのかもしれないが、国語を日々勉強して鍛えようとする
 子は少ない。

 娘もその例に漏れず、国語のテスト勉強はほとんどしているのを
 見たことがない。私は日頃から国語の重要性を認識しているから
 娘にも何とか普段から読解の基礎を教え込みたいのだが、時間が
 ないのと、他の教科の宿題に終われて、結局できずじまいになっ
 ている。

 でも、そんな中、唯一すぐに成績に直結するのが古典だ。
 これは本当にやればやっただけ、目に見えて点数に反映される。
 模試などでも問題が四題あれば、現代文が二題、古文と漢文一題
 ずつというように、古文漢文を得点すると、結構な点数になる。
 
 しかも点数があがりやすいから、これを学習しない手はない。
 ところが、この古文がまた、生徒達が嫌いな科目の上位に来るも
 ので、主語がない、意味不明、面白くないとすこぶる評判が悪い。

 確かに英語を訳すのと同じぐらい日本語といえども、読んですぐ
 わかる物ではないし、英語なら主語ははっきりしているのに、こ
 の古文はくせ者で、主語がはっきり書かれないのだ。

 こういったことが面白い文学作品がたくさんあるのに、読まれな
 い原因になっている。漫画にでもなっていれば、読む生徒もいる
 が、数ある古文の一部にすぎない。源氏物語などは、多くの漫画
 があるので、親しみやすい部分も多いが、それも一部の生徒が読
 む程度で、特に男の子は、あまりそういう物を読まない傾向が
 強いので、国語が苦手な子には男子が多い。

 問題点がわかるだけに、手を打つ方法はあるのに、それをしない
 娘も含めて多くの子供達が残念で仕方無い。

 そうはいっても、それを何とかするのが私の仕事でもあるし、
 せめて娘には授業をしてやれない分、本だけでも読んで今のうち
 に古文に対して変な構えをもたないようにしてやりたいと思って
 いる。

 古文は本来楽しい。現代と同じような人間模様が繰り広げられ、
 そこに生きている人の生活を垣間見て、自分達と同じだと共感し
 たり、出世争いを会社の構図と重ねてみたり・・・時代が変わっ
 ても人の生きている世界は、そんなに違わないのだということが
 わかると、授業は随分楽しくなるはず。

 だから私は娘にはたとえ漫画であっても、どんどん古文に関する
 物は勧めているのだ。
 
 次の模試では、少しでも国語の成績を上げられるように、この
 一番取りやすい部分を強化していきたいと思う。
 


 
 英語も大事だけれど、国語をもっと
 大切にしようといつも思っている
 まめっちママに、共感できましたら
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

漢文や古文は * by うさまま
学生の頃は、不思議な世界という、ただぼんやりとした科目でした。それでも国語が好きで、あの難解の文を読み、理解したいと思ったりしたのですが、結局理解出来ずうやむやになり終わりました。先生が違ったら、もっと楽しめたのかもしれませんね。私は2歳の娘がいる、ただの専業主婦のおばさんですが、やっぱり今でも国語が気になるのか、今更ながら百人一首を読んでみたりしてます。学力がないので、読めないものもありますが、説明をみて昔の人の思いの深さに、ありきたりではありますが、感動しております。。。昔の人って素晴らしいですよね。もっと国語の勉強をしておけばよかったと、今更ながら悔いております。遅そすぎますが。。。涙
ところで、おもしろい文学作品が沢山あると、書かれていますが、お勧めの作品等教えていただけますか?今からでも、読んでみたいと思います。初心者でも読めるような、作品等ご紹介していただけると、嬉しいです。

うさまま様へ * by まめっちママ
学生の頃って勉強の大切さはわからないんですよね。
大人になって初めてもっとやっとけばよかったって思うの
は、みんな同じです。私も学生の頃物理とか全然できなくて
9点取った時は自分でも情けなさ過ぎて・・・娘もどうやった
らそういう点数になるの?と言うぐらいで、だめでしたね。
そういうのも今ならもっと勉強しておいたら、宇宙のこと
とか色々興味のある世界のこと分かったんでしょうね。
古文はたまたまいい先生に巡り会って、そのおかげで得意
になりました。面白い作品といえば、そうですね。
一般的なところで「枕草子」なんかいいと思います。
さしずめ今風に言うと、キャリアウーマンの清少納言が
ブログを書きましたみたいな感じなので、楽しく読める
と思いますよ。あと、蜻蛉日記とか・・・・これはね
恋愛感情がどろどろしてますが、待っても来ない男への
うらみつらみなんかが書かれていて、でも男の方もでき
るだけ誠実に接しようとはしてるんですけどね・・・・
現代の感覚で読んでも女性なら共感できる部分があると
思います。現代語訳が出てますから、ちょっと分厚いです
が、おもしろいですよ。

ありがとうございます * by うさまま
ご丁寧に返事ありがとうございました。まずは、早速、枕草紙読んでみます。
>キャリアウーマンの清少納言がブログを書きました
思わず笑ってしまいました。現代風に考えると、おもしろいですね。蜻蛉日記は、女の嫉妬記録ということだけ、覚えていました。私はとっても感情移入しやすく、しかもかなり深いので、本や映画等の影響が、生活にまでかなり影響します。蜻蛉日記だけは、読むまいと思ってましたが、お勧めですか。しところで、>男の方もできるだけ誠実に接しようとはしてる
って驚きましたが、そうなのですか?男性は見向きもしていないと思ってました。大人になってから読むと、また全然違ってみえるのでしょうね。アドバイスありがとうございました。お忙しいと思うので、このコメントの返信はお気になさらないで下さい。ブログ楽しみにしています。

うさまま様へ * by まめっちママ
蜻蛉日記は確かに重いです。(笑)
でも男の人がせっかく来てくれてるのにそっけなく
嫉妬深い作者の性格とかも考えると、その割には、結構
真面目に対応して、それなりの扱いをしていたとは思い
ます。まああの時代なので、通い婚は何かと女性には大変
だったかなと思いますが・・・・
重いのがいやな方には、源氏物語などの方がいいですね。
では、古文を楽しんでくださいね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する