オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2013-10-24 (Thu)
 今朝の新聞に小学校の英語を3年生から早めるという記事が出て
 いた。しかも5、6年生は週に3コマに授業時数を増やすという
 ことらしく、正式教科として成績も数値評価するそうだ。

 これは今までとは一歩も二歩も踏み込んだ内容だと言える。
 検定教科書も無償配布して使うので、これでかなりの子供達が
 普通に英語を公教育で公平に受けられることになる。これはすば
 らしいことだと思う。

 読み書きもやるようなので、期待が持てるが、これを中学と同じ
 ような読み書きにしてしまうのでは意味がない。
 中学からでも文法授業がいきなりスタートして英語嫌いが加速す
 ることがあるのに、これを小学生から前倒しなんていうやり方に
 するだけでは、英語嫌いを更に増やす結果になるだけなので、こ
 こは、よほど考えて上手に読みの導入をしていかないとけない。

 どういう教科書になるのか興味のあるところだが、フォニックス
 重視、絵本からスタートして、初出のものも自力読みできるぐら
 いになるようなカリキュラムでやってほしいものだ。
 
 高校受験に英検を反映させるとか、そういうことを言うなら、こ
 の小学校英語をきちんとしたものにして、5年ぐらいかけて誰も
 が日常会話程度の英語なら聞ける、話せる、そして簡単な英語本
 が読めて楽しめるレベルになるように公教育だけでも、それが 
 可能になってこそ、公平な入試制度と言えるのだ。

 経済力や環境に左右されることなく、一定の水準に国レベルで
 英語力を引き上げてから、そこで始めて受験に英検の結果などを
 反映させてもいいのだと思う。

 今のままなら家庭に丸投げになりそうだし、先生の確保がとてつ
 もなく大変で、いまだ早期英語教育への偏見も解消されていない
 中、週3回に増やすというカリキュラムがどんなものになるのか
 すでに大きくなってしまった娘を持つ身でも気になるところだ。

 我が家の英語教育は、学校のみの英語になりつつあり、英会話は
 週一回のネイティブ講師の授業のみとなっている。スカイプ嫌い
 の娘は、会話のための会話授業ができないので、学校で先生が
 話すことがすべてで、後は、時々気が向けば、英語を聞くことも
 あるという程度になり、本当に英語は普通の科目の一つとしての
 存在になってしまった。

 それでも、一度根付いた英語が消えることはもうたぶんない。
 13才までしっかり聞く、見るを繰り返した結果、英語はたぶん
 定着したと見ていいだろう。

 中学になるまで頑張ることが、やはり早期英語を定着させるのに
 必要な時間ということになりそうだ。

 



 そろそろこちらのブログも卒業した
 方がいいのかもしれないと漠然と
 考える今日この頃・・・・
 学力向上委員会の方をメインに書いて
 いこうかと思案中のまめっちママに
 それでも応援してやろうと思われましたら
 クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 小学校英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する