オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2013-09-27 (Fri)
 教育ここが知りたい第六回

 今回は学歴について、私の周りにいる人達を例にして考えてみた。
 学歴が大切かどうかについては、これまた今までたくさんの人が
 論争してきたので、決着がつかない話だと私は思っているが、現
 実周りを見渡してどうなのかと、自分なりに考えてみた。

 一言では言えない難しさはあるが、職種によってあきらかに学歴
 が大切になってくるものがあることは否めない。
 例えば、先日書いた半沢直樹のような銀行というところは、学歴
 が大きく影響してくる様子。これは小説の中だけの話ではなく、
 実際私の友人の旦那さんは都銀大手なのだけれど、やはり学歴の
 重要性を語っている。というか東京を中心とした学閥的なことを
 頭に置いているような感じで、住んでいる世界がちょっと違うか
 なと思った。

 ボーナスの額を聞いても、そんなにもらえるのだと驚くことが多
 いが、本当に銀行の常識は、世間の非常識というのも、分かる気
 はする。それぐらい確かに一般の感覚とはかけ離れているという
 ことだ。

 私の実家に出入りしている地方銀行のパートさんからも、学歴
 による選別化の話は公然と語られているし、はっきりどこそこ
 大学より上でないと最初から取らない。という方針らしい。
 昔はもう少し下の大学からでも入れたらしいが、最近はどこも
 正社員を控えている中、学生の立場は弱くなっている。
 地銀でもそうなのだから、大手都市銀行の採用はもっと厳しい
 のは、想像に難くない。

 バブルの頃とは違い、何社も回っても内定が取れず、自分を否
 定されているような気がして、就活で傷つく若者も多いと聞く。

 そんな中では、最初のスタート地点の学歴が少しでも高い方が
 競争の土台に乗れるという意味では、学歴は大切ということに
 なるのかもしれない。

 ただ、これはあくまで一流企業に入社して、会社の理不尽をも
 のともせず、いつリストラにあうかわからない状況でも、ひた
 すら頑張るというエンドレスの努力ができるという人の話で、
 最終的に上り詰めて、頭取や社長になった日には、これぞ出世
 競争の頂点に立ったという感動もひとしおだろうから、それも
 いいだろう。

 でも、そうなれる人はほんのわずかで、描いていた夢とは違うと
 いうことに幻滅して、こんな働き方でいいのかと、自問自答する
 日々になるのだとしたら、学歴なんかなくても、自分らしく生き
 られる道にいけばよかったということになるかもしれない。

 世の中にはもっとたくさんの仕事があるので、学歴がそれほどで
 なくても、十分活躍できる世界は実は意外と多い。
 むしろほとんどの人がそちら側の世界ではないだろうか?

 一部の東大、それに準ずる学校以外は学校ではない的な考えを持
 つ人には、恐らく永遠にそういう世界はわからないだろうし、か
 み合うことはないのだと思う。異常な競争社会で生きてきて、そ
 れが普通だと思っているのに、そこに学歴は関係ないと言ってみ
 たところで、負け犬が何を言っているぐらいにしか感じないだろ
 うから、そもそもこの手の論争は決着がつかないのだ。

 みんな自分の土俵でしか物事を語れないので、学歴とは無縁の
 世界には、その世界なりの常識があるし、高学歴の世界では
 これまたそこでしか通用しない常識というものが存在するのだ。

 自分がどちらの世界を見てきたかで、考え方は大きく変わる。
 私の周りには高学歴の人がたくさんいるが、この講師業という
 のはちょっと不思議な世界で、必ずしも高学歴ばかりではない。
 世間的には、そこなの?という大学の人も存在し、これがある
 からこの世界は意外とバランスが取れている。

 というのは、教えるということに関しては、学歴よりその人が
 どれだけ教えられる立場に立って物事を考えられるかが大切だ
 からで、最初からできる人には、わからない人が何に躓いてい
 るのかという感覚を共有することが難しい。

 そこを埋めるためにも、学歴にこだわらない人選がなされるの
 で、偏った学閥などはできにくいのだ。
 これは私の感想にすぎないけれど、人気講師の学歴は東大や
 京大ではないことの方が多い。色々な人がいるというのが実に
 面白く、今の職場でも、地元の人は少なく、学生さんの多くは
 地方出身で、広島、岡山、鳥取、高知・・・など関西圏?では
 あるが、中学受験とは関係ない世界からきた人も多く、話して
 いても、エリート臭がなく、感じがいい人が多い。

 国立大学の生徒さんが多いので、それなりに地元では相当頭
 がよかった人達なのだろうけれど、採用する人の人選がたぶん
 とてもいいのだろう。ある程度の学力は、この世界なので必要
 だけれど、その後は人柄重視で選ばれたのだろうなと思う。

 やはりバランスが大切で、学歴はいらないとか、学歴は必要だ
 とかで争うのではなく、最後はこの人対人が上手くできるかど
 うか、そこで決まるのだと思う。いわゆるコミュニケーション
 力というやつだ。

 これが重視され始めたということは、学歴だけの世界の矛盾と
 ひずみが見直されてきたということの裏返しでもある。

 スタート地点で振り落とされないレベルは確保しつつ、その後
 は、人間力で勝負というところだろうか・・・・

 娘にこの難関が突破できるだろうか・・・・
 人との仲を取り持つのは上手いし、気配りもできる子だが、第
 一印象の暗さを克服しないと、スタート地点で振り落とされて
 しまうかもしれない。まあ、これからもっと変わるとは思うが、
 そこだけが心配だ。



 

 ペットショップで長い間売れ残っていた
 大型インコがいなくなっていて、新しい
 ヨウムが入荷されていた。誰に飼われて
 いるのかちょっと心配だけれど、幸せ
 に暮らしているといいな・・・・
 i phoneのロック画面をインコにし、アイコン
 も鳥で作ってしまったまめっちママに、鳥好き
 な方は応援よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 

 
関連記事
* Category : 教育ここが知りたい
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する