オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-09-07 (Sat)
 今に始まってのことではないが、ネットでは、相手の顔が見えな
 いため、普段なら決して言わないであろうことを口に出してしま
 う人が多くなる。

 社会生活をしていると、相手への配慮をしながら、大人の対応を
 している人が、一旦ネット世界に入ると、匿名性を隠れ蓑にして
 言いたい放題になったり、人が変わったようになってしまうのは
 どうしたことだろう・・・・

 有名な教育系掲示板なども、それはひどい中傷が飛び交い、自作
 自演の話が溢れ、それを釣りだと思っていても、また面白がって
 たくさんのコメントがついたりする。有益な情報を得たいために
 掲示板を利用しようと思っている人は、誰を信じていいのかわ
 からなくなる。

 掲示板などに情報を求めるのが間違いなのだという意見もあり、
 ネットはなんでもありの状態が混在しているのが普通で、それに
 まともに反応したり、信じたりする方がおかしいのだというのも
 もっともなことだ。

 ただ、そんな状態であっても、最低限のマナーはあってしかる
 べきで、自由に何でも言っていいのだということにはならない。
 ところが、最近は相手をとことん論破し、白黒つけたがる人が
 増えた気がする。お互いの違いを認めあって、共感できるところ
 をみつけていくことで、ここは好きじゃないけれど、この部分は
 見習いたいと、わけて考えることは可能だと思うのに、それが
 できずに、とことん追い詰めるような展開に、また一部の人が
 のっかって、掲示板やブログで代理戦争を始めてしまうのが、
 どうも私は苦手なのだ。

 ストライクゾーンが広い方だと思っている私は、今までも苦手な
 人やどうにも相容れないような意見を耳にしても、どこかに何か
 学ぶべき部分があるのではないかと思うようにしてきた。

 そうすると、大抵の人がストライクゾーンに入ってきて、なんと
 か大人の対応ができる気がしてくるから不思議だ。
 事実誤認であったり、勘違いからくる偏見などは、話しあうこと
 で、わかりあえることも多く、相手を攻撃することからは、何も
 生まれないが、歩み寄ってその真意を聞いてみると、ああそうい
 うことだったのだと、納得できるようなこともあり、自分の思い
 込みで突っ走ることの怖さを感じたこともある。

 聞く耳を持たないといわれる人でも、はじめに否定ありきでいく
 から、どんなにこちらが正しいことを言っても、それは耳には
 届きはしない。まず相手の立場を尊重して、そこは理解できるけ
 れど、こういうこともありますよと言ったら、また話は違ってく
 るかもしれない。

 もちろん何を言ってもどうにもならない場合もあるけれど、それ 
 なりに信念を持っている人というのは、何かそこに至るまでに
 特別な体験を持っていることが多い。

 だから譲れない部分があり、自分の世界の中のことでしか語れな
 いのは、仕方無いことなのだと思うしかない。

 できれば幅広い世界を見て、経験値を増やしていければ最高だけ
 れど、人間、一生のうちにそうそう色々な世界をのぞけるわけで
 はないので、自分が一番関わってきた世界の常識が世間の常識と
 思うのは、普通のことなのだろう。

 私もまだまだ知らない世界がたくさんあり、自分が当たり前だと
 思っていることが、実は別の世界では全く非常識だということも
 もしかしたらあるかもしれない。

 そういう雑多なものが、混じり合って社会は形成されているのだ。
 そこを理解していけば、自分の価値観で相手を打ち負かすような
 ことはできないし、またそれをしても何も生まれはしない。

 みんな仲良くなどという甘いことを言うのではない。
 最初から違うという前提で、着地点を見いだすことが大人の対応
 であって、世界を見渡してもどんな外交でもそういうことをやっ
 ている。100対0などというのはあり得ない。

 無関係な者が当事者の争いに荷担することで、ますます事態は
 悪化し、今のシリア情勢のような感じで、そこからは平和的な
 解決は生まれそうもない。

 ネット上の代理戦争は、見ていて気持ちいいものではない。
 本来あるべき有益な情報を多くの人が共有できるwikipediaの
 ような世界が私は理想だ。ブログが多くの人の正常な交流の場と
 なって、いいものへと昇華していくことは不可能なことではない
 と思うのだが・・・・それは単なる甘い理想論なのだろうか?





 心に思うことを自由に書けるのもブログのよさ
 だが、ネットで公開するということは、すでに
 私的な日記ではなくなったということを忘れな
 いようにしたいと、あらためて思ったまめっちママ
 に共感できましたら、応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 

 

 
 

 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

お久しぶりです * by masyaまま
こんにちは(^^)
お久しぶりです。
でも、記事はいつも拝見してます。

ブログは文章。
文章を書くのが得意な人と苦手な方がいます。
だから、文章に表れているのがその人全てとは限りません。

書き手が思っている事、生活上の全てを記事にしているとも限りませんから、記事に書いてある事が本人の全てでもない。

だから読み手も書き手も、熱くならずに、
もっと気軽に行ければなと思います。

書き手も読み手も、子育てブログにいるのは子供の成長を願う親ばかり。
想いは一緒です。

すいません。追記です。
まめっちママさんの記事に共感して、
コメントさせて頂きました。

masyaまま様へ * by まめっちママ
大丈夫ですよ。masyaママさんの意図するところは、ちゃ
んと伝わっています。ネットはつい熱くなる傾向にありま
すが、みんながすべてをさらけ出しているわけではないし
実際の人物像とネットから受ける印象が少し違うなという
場合も往々にしてあります。文体などから、なんかはきはき
した人だと思っていたら、意外にもシャイで繊細だったとか
イメージはネット上で作られている場合があるので、一部
を見てこうだと思いこんだり熱くなったりせず、冷静に
なることが大切だなといつも思います。

文章の言葉が足らないために、あらぬ誤解をまねくこと
もあるでしょうから、一字一句にこだわらずに、有益な
話には耳を傾けて参考にしていければいいなと思います。


管理人のみ閲覧できます * by -

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。