オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-08-15 (Thu)
 幼児期とは違って、英語を勉強としても学ぶ必要が出てきた中学
 生の現在、娘がどうやって新しい英単語を覚えているのかについ
 て、興味深い傾向が出てきた。

 学校では、毎朝受験用の英単語集からテストされるのだが、それ
 を例えば今日は1〜20までというような覚え方をしていくと、
 ほとんど機械的な暗記になってしまうので、娘自身もその覚え方
 で覚えた新単語は、実際の英作文ではあまり使えない。

 最近はセンテンスごとテストがでるので、構文も暗記できるとい
 う点ではよくなったが、それでも何度も読んで暗記していくとい
 う作業は変わらず、自分が日頃口からすらっと出せるかというと
 ちょっと違う気がする。

 もちろんそうやって大多数の子は英語を覚えていくのだが、実際
 英作をさせてみると、本当に使える単語は日頃しょっちゅう耳に
 している簡単な単語ばかりになり、なかなか難しい語彙を使って
 すらすらとはいかないのが現実だ。

 素晴らしいという単語一つでもniceもあれば、goodもあるし、
 wonderfulもgreatもそれは様々な言い方ができる。

 娘が言うには、

 「うちはスピーチとか何か発表する時は
  あえて難しい単語を使うようにしている。
  ネイティブが普通に色々使う語彙と同じ
  ぐらいに言い方も一つじゃなくて、大人
  の英語になるように単語を選んでる。
  だからそういう宿題が出た時こそが、新
  しい難しい単語を覚えるチャンスやねん。
  型どおりの子供みたいな英語を作文した
  くないし、先生もみんながあまりにも
  同じようなことばかり言うと、聞く気が
  なくなるって言ってたよ。」
 
 確かにそうだ。日本語で書かれた読書感想文でも、もし
 「私はこの話を読んで、主人公の○○がとても
  かわいそうだと思いました。・・・・」

 なんていう小学校低学年のような文章を中学生や高校生が書いて
 いたとしたら、幼稚な感想文だと思うだろう。

 それと同じことが英語にも言えるのだと言う。先生には日本人の
 子が書く英語がみんなそんな感じに見えるらしく、もっと間違っ
 てもいいから、ちゃんと調べて頑張って書いてほしいと願ってい
 るらしく、娘はそういう話を英語で先生がまくしたてているのを
 聞いて理解できるので、余計に自分は何とかできるだけ大人に
 近い英語を使えるように頑張ろうと熱心にパソコンで調べている。

 検索の言語も全部英語にして、片っ端から英文を読んでいる姿だ
 けを見ていると、結構ちゃんと勉強してるじゃないかと思ってし
 まうが、これが英検の単語集を地味に頑張れとなると、途端に
 やる気がなくなり、そういう覚え方ではほとんど頭に残らない
 から、いつも問題集は開かずじまいで、調べ学習の時にやって
 いる英語の勉強が今一番娘には普通に頭にすっと英単語が入って
 くる方法になっている。

 本当に娘は面倒な性格で、物事に意味がないと先に進めないとい
 う全くもって融通がきかない子だと思う。

 でもそういう勉強ほど頭には長く残るし、忘れない記憶になるこ
 とも確かなのだ。もちろん娘も点数を取る英語というのもわかっ  
 ていて、受験や模試の問題では減点されない英作をするために
 難しい構文や単語を避けて、シンプルで間違わないものを書くと
 いう使い分けをしている。

 なんだかおかしな話だが、それが受験というもので、また努力し
 た子が報われるという意味では、そういうテストしかできない
 というのが実際のところだと思う。

 海外育ちや小さい頃に英語環境が与えられた子が有利になるよう
 な入試ではなく、誰でもが中学から習った英語の知識で真面目に
 やっていれば得点できるような入試は、決して悪くはない。

 うちはたまたま英語環境に娘を置くことができたが、アドバンテ
 ージだとは思っていない。むしろ真面目にやってわずか2年で英検
 などの上の級に合格していく生徒をとてもえらいと思っている。

 そういう努力ができて、更に娘のような自然体の英語感覚が身に
 ついていたら、鬼に金棒なのだろう。

 うちの目指す英語はあくまでそういう方向なので、幼児期の英語
 やりすぎは、決してよくないなと今も思っている。
 耳を鍛え、リスニング能力を稼得したことは、よかったけれど
 それ以外では、普通に努力できる子であってほしい。そういう
 意味では、娘が今学校の英語の時間に様々な発表をする機会に
 恵まれたことは、よかったと思う。

 ただ何かを写して書くのではなく、考えてその場面にふさわしい
 単語を選んで、どういう風にネイティブが使っているのかを研究
 することは、娘の英語力をより高くしてくれるだろうから、この
 まましばらくはこの路線で行こうと思う。

 



 今日も一日暑かった・・・・
 インコは相変わらず元気で
 アスレチックをやっている。
 家に帰ってきてから、痩せた気がする
 のは気のせい?と思うまめっちママに 
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育





 
関連記事
* Category : 中学英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。