オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-07-29 (Mon)
 娘は、学校で友達から
 「なんでJOはそんなに英語できるようになったん?」と聞かれる
 ことがある。
 
 「変なおばさんが家に来てDWEの教材を
  お母さんがつい買ってしまったからやねん」

 「なんやそれ?うちにも来てほしかったわ。」

 なんていう会話をしてお笑いのネタにしているらしい。
 
 そののりで、当時の色々あったことを娘は思い出し、学校や家
 でプリスクールの話をすることがある。

 「あの頃はうち、ものすごくいやな子だったかも。
  先生にえげつないこと言った記憶があるねん。
  ちゃんと掃除してたのに、早くしなさいって
  言われたから、つい言ってしまってんけど・・」

 「なんて言ったん?」

 「I'm doing it now.
  Just be quiet! そしたらさ
  先生から
  It's incredible rude.
  って切れられた。
  Just はまずかったわ。
  お前はだまっといたらええねんみたいな
  言い方されたら、怒るよね。」

 幼稚園児の言ったことなので、本気で怒ったわけではないだろう
 けれど、今でも先生に叱られたことははっきり覚えているところ
 を見ると、こういう経験から学んだ英語だからこそ忘れずにいる
 のだろう。

 他にも色々思い出したようで、

 「そんなこともわからんの。
  今さっき言ってたやん。
  話を聞いてなかったの?」

 なんていう生意気なことも友達に言ってしまったとか・・・・
 
 こういうことが今の娘が言動に神経を使いすぎる元になってい 
 るのかも・・・・人を傷つけることを言わない。しない。幼い
 頃の貴重な体験は、決して無駄ではなかったようだ。

 子供は時として残酷だから、本当のことを言い過ぎてしまうけれ
 ど、そうやって自分を反省し、他者への思いやりを持つことを
 学んで行くのだろう。

 先生、すいませんでした。それでも娘をかわいがってくださって
 本当にありがとうございます。

 



 昔のことをやたらはっきり覚えている娘・・・
 その記憶力、定期テストでも発揮してほしいよ
 と思ってしまうまめっちママに励まし応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 

 

 

 
関連記事
* Category : 英語表現
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。