オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2013-07-06 (Sat)
 期末考査が終わり、三者面談が近づく中、何とか少しぐらいは
 担任に文句を言われないようないい成績が欲しいと思っていた
 ところ、いつものように面談の前に模試が子供に返却された。

 この成績と定期テストの成績などが順位もばっちり出て親の前
 にどんと差し出されるので、こんなに心臓に悪いことはない。

 うちの娘は定期テストが、はっきり言って全然よくないタイプ
 で、なんだか中途半端な点数が並び、お世辞にもほめられるよ
 うなものはない。

 ところがなぜか奇跡的に模試だけは、定期テストの時とは別人
 のようにそれなりの成績を取ってくる。

 これはひとえに英語のおかげなのだが、いくら英語がよくても
 他が悪いとそこまではよい成績にならないもので、あんなに
 ひどかった数学でさえ、模試になると真ん中より上の成績を
 取るからまた不思議なのだ。

 今回は、実は学年を上げて受けた模試で、全国順位が出るので
 かなりはっきり自分の娘の実力がわかるものだった。

 たとえ悪くても本来の学年ではないので、傷つかないし、よけれ
 ば自信に繋がるだろうから、気楽に受けられた。

 こういう時の娘は強い。

 英語は予想通り、学年トップを死守。

 偏差値は何と81!!

 見たことないような数字で、そんな偏差値あるのか?というよう
 な感じだが、実際にあるからびっくりした。

 娘はもうそれだけで満足で、他の科目はどうでもいいような感じ
 だったが、全体順位もかなりよくて、理系で20番台ぐらいだっ
 たようだ。回収されてしまったので、まだ手元にはないのだが、
 面談の時に親に渡されるので、もう少ししたら戻ってくるだろう。

 下を向きっぱなしで、すいませんを連発するのは避けたかったの
 で、ちょっとはこれで上を向いて面談に臨めそうだ。

 やはり英語ができるのとできないのとでは、全然違うということ
 を実感した。私は自分自身英語ができなかったため、本当に入試
 では苦労した。何とか猛勉強して遅れていた英語を取り返したの
 だけれど、五文型??ちんぷんかんぷんという状態からだったの
 で、もう英語には最後まで苦しめられた。

 そんなことがないだけでも娘はましだと思わないといけないのだ
 ろう。数学をもう少し底上げしたいけれど、全国的にはできない
 というわけではないので、得点源になるようにこれから追いつい
 ていけばいいだろう。

 


 ちょっとだけ機嫌がいい娘に今のうちに
 漢検の勉強を勧めておいて、調子にのって
 勉強してくれないかなと密かに思う
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育





  
 
 
 

 

 
関連記事
* Category : 中学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by じょあんなT
よかったですね。(^^)
私が思うには、課題がたくさん出されるのについていって成績がいいような子は、実はそれほど理解しているのではなくて、前後の問題と似たような解き方をして点数を稼いでいるのだと思うので、JOちゃんはそこで理解をしようとする分量のある課題をこなすのには大変な思いをしているけれど、理解度があるので、模試のように前後で解き方が類推できないような場面にも強いんだと思います。またそういうほうが入試にも強いですよね。
これでJOちゃん流で強気に勉強していければいいんじゃないかなと思います。

じょあんなT様へ * by まめっちママ
範囲のない模試というのは、どこがでるかわからない分
きっちりタイプの子が対策を立てにくいというのがたぶん
あるんでしょうね。うちはいつも同じなので、大きな
変動がないというだけかもしれません。
でも、英語頼みの危うさは今後もう少し改善しないといけ
ないと思ってます。数学をもう少し得意科目に昇格させな
いと理系に行きたい身としては、不都合ですしね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する