オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-06-17 (Mon)
 少し前に、娘が将来の夢として幼い頃に描いていた医者の道を
 やめ、工学部系に行きたいと思うようになってきたという話を
 書いたが、そこには色々な理由があり、単に解剖が気持ち悪い
 だけではないもっと深い物がある様子。

 娘は生き物の命を非常に大切にする。
 たとえどんな小さい物に対しても、姿、形に関係なくどの生き
 物でも命の重さは平等だと考えている。

 人間も例外ではない。だから今以上に医学を発展させたり、便利
 にしたりする必要はもうないのではないかと思い始めたらしい。

 十分すぎるほど世の中は便利になった。物が溢れ、不自由は何も
 ない。寿命だってすでに80才以上に伸びているし、ある程度
 になれば生き物は死に、次の世代につないでいくのが自然体なの
 だから、これ以上長生きしたり、まして不老不死の薬なんて必要
 ない。数が増えすぎたら自ら集団で死ぬような生き物だっている
 のに、人間はどこまでも命を延ばすことに必死になり、動物を
 実験したり、環境を破壊したりしている。

 人間はそれほどえらくない。人間もこの地球の中では、一つの
 生き物にすぎないのだから、特別に人間に有利になるように
 他の物を犠牲にするようなことはもうしなくていいのだと言う。

 こういう考えは思春期に自分の存在意義を問い直したり、世の中
 のことに疑問を持ったりする複雑な時期だからこそ出てきた発想
 なのかもしれないが、あまりにも純粋すぎて戸惑ってしまった。

 それで娘にこう言ってみた。

 「もし、子供が生まれた時から先天性の
  何か病気を持っていたとしたら、親なら
  何とかして治してやりたいと思うでしょ?
  心臓が悪くて、少ししか生きられないとか
  そういう子のために医学が発達することは
  悪いことじゃないんと違う?
  健康で、何も不自由がないからあんたは
  そういう風に言えるんだと思うよ。」
 
 「そうじゃなくて、これ以上生きるために
  手足をどんどん機械にしていくとか、
  再生医療で何でも作れるのなら、クローン
  でずっと生きるとか・・・・そういうこと
  しなくてもいいんじゃないのってこと。
  そこまで自分の欲のために生きる必要ないし
  科学の発達っていっても、今以上に宇宙に
  行けるような技術ができても、それでまた
  他の星に迷惑かけることになるから、人間が
  住むところを探しに行かなくてもいいと
  思うねん。
  地球の運命が終わるのなら、それは自然の
  寿命やねんから仕方無いやん。」
  
 う〜ん。これには参った。
 旦那は、楽な甘い家庭環境にいるから、そういうことを言って
 るだけや。あんまり気にするな。俺も昔はそういうところあっ
 たから。とそれほど気にしている様子はない。

 そうのなのかもしれない。でも、こういう子だから変に宗教な
 どにはまったらどうしようかと心配になる。

 IPS細胞に興味を持ったのは、医学の発展のことを考えてではな
 く、心と体が別々の物であることを信じているから、その入れ
 物(体)を作れる可能性があるということに衝撃を覚えたという
 ことで、肉体と魂の関係を考えたかったのだろう。

 もし入れ物が人為的に作れるのなら、魂などというものはない
 のかもしれないし、そこがどうなっているのかを疑問に思った
 のだ。心は入れ物が出来上がったら、そこに宿るのだという
 風に今のところ考えているようだけれど・・・・・

 思春期にはとかく色々なことを考えてしまう。
 時計の針を後ろ向きに戻すことはできないのに、娘のように
 考えていたら、原始世界のままでいくのが一番いいということ
 になってしまう。そこまで極端なことは考えていないかもしれ
 ないが、今以上に人間が自然を破壊したり、生き物を殺すこと
 は、もう十分過ぎて必要無いと思う娘に納得いく説明をするの
 はなかなか難しい。

 まあそうは言っても、日常生活においては、普通に友達と笑って
 学校のテスト勉強もちゃんとしているし、いい点数を今度は取り
 たいからと日曜日にも自主勉をしに行くぐらいだから、現実と
 理想の区別はついている。

 きっと旦那の言うように思春期の多感な心の動きの一つにすぎ
 ないというのが正解なのだろう。
 この先どういう道に進むかは本気でわからなくなってきたが、
 疑問を持ったり、悩んだりすることは大切なことだし、何も考え
 ずに、成績がいいから医学部とか、安定しているから医療系とか
 お金になりそうだからこれこれの道へとか・・・・そういう人
 が増えてきた中で、真剣に考えている娘のようなタイプは珍しい
 けれど、それもまたいいのかもと思う。
 
 


 重苦しい話におつきあいくださって
 ありがとうございます。ちょっと気分が
 落ち込んでしまったまめっちママに愛の
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。