オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2013-06-10 (Mon)
 英検がある度に色々思うことがある。

 娘の学校でも、準二級はかなりの数が合格していて、二級もすで
 に何名か合格者が出た様子。

 娘の友達も一人合格していて、やり初めて二年でそこまで進むと
 は、さすがに中学生は違うなと思った。
 何年もかからずに、理屈で理解して合格を勝ち取ることができる
 のだから、語学はやる気と努力で克服できるものなのだろう。

 今回さすがに二級から続けて準一級を受ける子はいなさそうだが、
 学力の高い子は上手に勉強して、きちんと取るところは取るのだ
 と感心した。

 中三で二級合格させるという学校の方針は、単なるホラではなか
 ったようだ。娘はそんな状況でも別に特に何も焦る気持ちはない 
 みたいで、英語そのものへの興味はかなり薄くなってしまったよ
 うだ。元々英語が好きで好きでしょうがないとうわけではなく、
 自然にわかるようになったという意識が強く、これがやりたくて
 頑張るという感じではなかったので、聞いて理解できて、日常
 会話ができればそれでいいと思っているので、競争心もない。

 勿体ないといえばそうなのだけれど、クラスの子の将来なりたい
 夢というのが意外と通訳とか、外交官などというのが多く、皮肉
 なものだなと思った。一番そういうものに近い存在だった娘が 
 全く興味なしなのだから、本当に子供の将来はどうなるかわから
 ない。でも、英語に対するプライドはあるようなので、模試の
 成績も英語だけは一番を取りたいと思っているらしい。
 (他の科目はいいんかい!

 とりあえず今はエンジニア系になりたいということなので、それ
 を目指して勉強を頑張るしかないのだろう。
 
 

 なぜか今一番好きな歌がケツメイシの
 「月と太陽」で、そればかり聞いてしまう
 気持ちだけ若いまめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 中学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by マリー
最初の中学校英語、入学してしばらくは
幼稚園、小学校を飛越して一気に中学校に
って感じです。

「語学はやる気と努力で克服」

日々実感しています。
効率よく勉強する生徒たちはすごいです。
努力に勝るものなし・・・ですね(汗)

マリー様へ * by まめっちママ
そうなんですよ。努力に勝るものはないんです。
娘がどれだけアドバンテージがあったとしても、
できる子は追いつくし、すごいなと日々感心してます。
それを見習ってくれればいいのですが、あいかわらず
のんびりしてます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する