オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-05-14 (Tue)
 小学生でしておきたいこと第一回

 小学校入学前までに、文字の認識だけは最近はしておいた方が
 いいという傾向が強くなっているので、とりあえずはひらがなが
 読めて書けるレベルの子供は多い。
 そういう前提で話を進めたいと思う。

 別にそれができていないからといって、すぐにどうこうなるわけ
 ではないし、十分追いつくのだけれど、本を読んだりするのにも 
 文字は読めた方がいいので、学校の図書館で本を借りて読んだり
 することも増えてくる中、読めるのに越したことはないというの
 が私の考えだ。

 それでいうと漢字も先取りしていた方がいいかもしれない。
 そうすることで、年齢相応の本より少し上のレベルを読み進めて
 いくことが可能だからだ。

 学校では習っていない漢字を使わない指導などがされることもあ
 るが、それに合わせていると、本好きの子供の場合、せっかく読
 める物がたくさんあるのに勿体ないし、能力を伸ばす機会を失っ
 てしまうので、せめて読書の自由ぐらいは親が何とかしてやりた
 いと思う。

 だから漢字に関してはたくさん読めたり書けたりすることで悪い
 ことなど何もないので、うちでももっと進めておけばよかったな
 と、今とても後悔している。

 娘は年齢相応の漢字は書けるし、別に特にひどいということは
 ないとは思うレベルだが、やはり同じ学校内では決して進んで
 いる方ではなく、むしろ漢字は苦手な遅れている部類に入る。

 それでも困ってはいないので、いいのかもしれないけれど、国語
 力のある子供はみんな日本語の本をたくさん読んでいるし、漢字
 も語彙もかなり豊富で、娘の書く文章は稚拙ではないものの、
 高度な言葉と漢字力かと言われると、???となるので、上を
 見ればきりがないけれど、もう少しやっておいてもよかったなと 
 思う。

 その分英語ができるようになったのだから、いいじゃないという
 意見もあるが、日本語あっての英語。英語が先に来て日本語が
 後というのは、どう考えても環境的におかしい。
 
 そういう英語レベルの方が高い子供の大半が、日本語の読書レベ
 ルが英語よりかなり低いという逆転現象を起こしていて、これで
 はいくら英語ができても、後に、受験国語という観点からいうと
 大変困ることになる。

 娘も小学校一年生段階では、英語の方がたぶんまさっていたと
 思う。時々日本語で言えないことを英語的表現を混ぜて話してい
 たので、まだ日本語能力が高くなかった一年生は、どちらにでも
 転ぶ危うさを持っている年齢だったのだろう。

 もし英語熱がいきすぎていて、そのまま小学校時代を送ってしま
 ったら、たぶん中学受験で今ほどのレベルは得られなかったと思
 う。日常会話はうちでは生まれた時から日本語だったし、読む本
 も家では日本語の方が圧倒的に多かったのに、それでもプリスク
 ールという英語環境の幼稚園に通っていただけで、英語の力の方
 が強くなるのだから、学校というものは、子供の日常に大きな
 影響を持っていると考えていい。

 インターナショナルスクールに入れるという選択なども、その
 リスクを受け入れることができるかどうかという親の決断に
 かかっているし、日本語を半分あきらめて英語を母国語にする
 というぐらの強い決意がなければ、そう簡単に入学させること
 はできない類の賭けなのだから。

 うちでもそのあたりの選択肢を視野に入れて何度も考え見学を
 繰り返した。そして日本の学校に入学することがその当時は
 ベストだと判断して現在に至っている。

 その時の経緯などは、ホームページの方に年代別にまとめて
 あるので、また暇な時に読んでみてください。
 (ホームページビルダーがマックでは使えず、現在更新は
  途絶えたままの放置ホームページになりつつある・・・)
 
 話を戻すが、娘の国語力は一年生の段階では、英語力がやや勝り
 思考回路も英語的で、イエスとノーの使い方が全く日本語的では
 なかった。それは3年生ぐらいまで続いた思う。

 でも段々日本語の言い回しが上手になり、中学受験塾で国語の
 文章題をたくさん読むようになってから、日本語力は加速し
 思考回路もいつのまにか日本語的な使い方に変わっていた。

 もうイエスとノーを間違えることはなくなっていた。
 昔なら、「今日は行かないの?」と聞くと「ううん。行かない」
 と返事していた娘も、「うん。いかない」と言うようになった。
 それはそれでちょっと寂しい気もしたが、これが普通だと思う。

 漢字力も3年生ぐらいまではそれはひどいものだったが、段々
 ましにはなってきた。中学受験という目標がなかったら、そこ
 まで漢字や語彙に関して特別な勉強をしていたかどうかわから
 ない。算数や英語に力を入れる親は多いし、先取りで進んでいる
 と言えば、算数のことをほぼ意味しているので、国語というのは
 よほど意識的に親が何とかしないと、なかなか身につかないもの
 だと思う。

 


 長くなってきたので、今回はこのへんで。
 次回は英語もやりつつ国語力を高めるために
 高学年になるまでに何をしていけばいいかに
 ついて。(別記事になる可能性もあり。)
 こちらの応援もよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


 
 
関連記事
* Category : 小学生でしておきたいこと
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

まめっちママ * by ごま
こんにちは。
まめっちママさんお久しぶりです。
毎日忙しくてご無沙汰してしまいましたが、お元気そうで何よりです^^
GW楽しく過ごせましたか?
我が家は今こごまがSOLという学年最後のテストを受けている最中で、毎日復習に追われています。
来週には夏休みですって。早いですよね。


ごま様へ * by まめっちママ
こちらこそご無沙汰しました。
GWは毎日近場に遊びにいって散財しました。(笑)
お金がもう飛んでいってどうしようもない状態です。
相変わらずの金欠です。貯めるのはあきらめました。
減らさないように現状維持で頑張ります。
こごま君学年最後のテストですか。頑張ってね。
夏休みが長いっていいですよね。うちの娘の学校なんて
ちょっとしか夏休みなくて、かわいそうになります。
もうすぐ中間テストなので、一応テスト勉強してますが
なんだかだらっとして寝てばかりで、気合いが足りない
状態なんですよね。本気モードはいつでるのかって思い
ます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。