オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-04-28 (Sun)
 ちょっと幼児期にしておきたいことシリーズも飽きてきたので
 最近の話を。

 先日、例の全国学力テストなるものを受けた。
 中学3年生と小学校6年生全員が受けたのだが、一部解答と問題
 が出た後で実施したなんていうまぬけな学校があったが、まあ
 それはおいておいて、娘の学校でも朝からそのテストをみんな
 で受けた。

 特に何とも思っていない国の実施するテストなので、どうだった
 と軽く聞いてみたところ

 「うん・・・なんか中3って、本当は
  こんなんやってるんやと思って・・・」

 なぜか元気がない。
 
 「難しかったの?」

 「全然、算数もめっちゃ簡単やし
  英語もそう。」

 まあ、私立だから先に進んでいるので、そう感じるのは予測され
 たことだったけれど、国語に関しては先取りとかあんまり関係な
 く、読解力がためされるから、どうなのかなと思って聞いてみた。

 「じゃあ国語は?」

 「国語・・ああ一番くそ簡単やってん」

 話はそこで終わり、とくに続かなかった。

 察するに、問題が簡単でできたかどうかは、娘にとって重要な
 ことではなく、なんで自分達は日々あんなに進んで難しいこと
 ばかりしてるんだろうという疑問の方が先にたっている様子・・・

 確かにこれが一番危惧されるところだった。
 最終的には同じ範囲まで到達し、受験はみんな同じ土俵で戦う
 のに、この時期からここまで超難しい問題を毎日宿題に出され
 中学のテストの点数が50点を切るようなこともあるなんて、
 私の中学時代からは想像もつかないことだった。

 昔と今とでは違うし、そもそも私の時代は中受なんてほとんど
 周りでしていなかったわけだから・・・・

 今でも大阪は公立王国というイメージがまだある。
 私立が伸びて昔とは全然様変わりしているが、高校はまだ伝統校
 が頑張っているところもあって、必ずしも公立はだめだという
 ことにはならないので、環境重視で浪人回避なら私立選択かな
 という感じで、住み分けができていると思う。

 今回のテストでも、本来中学3年生はこれぐらいのテストができ
 ればいいのだとしたら、娘が疑問に思うのも致し方ないのかも。

 公立中学に行ってトップクラスの成績を取って、高校に進学し
 塾に行く時間や部活、習い事などもできる環境の方がよかったの
 かもと、複雑な気持ちでテストを見ていたのだろう。

 今の学校では習い事に行く暇がないし、宿題は多くて日々大変で
 学校も遠いから疲れるし、地元ならもっと寝ていられるのにとか
 そういうことがちょっと頭をかすめてしまったのかも・・・・

 どちらがいいかは、誰にもわからない。
 公立から国立大学という人ももちろんいるし、私立からでも
 やっとどこかの私立に引っかかる程度で終わる人もいるし・・・・
 それはもう本人次第で、学校との相性や方針が自分にどれだけ
 合っているか・・・そこしかない。

 娘のようなちゃらんぽらんでぬるい環境にいれば必ず易しい
 方へ流れる子にとっては、私立で多少厳しくの方がいいと思う。
 本人もそれがわかっているから、そうしたわけだし・・・・
 
 でも、楽しそうに部活をやって余裕の時間帯に帰ってくる友人
 を眺めていると、中学生の心は揺れるようだ。

 もう少し楽なゆるい学校に転校したいなんてこともたまには
 思うようで、そういう時は大抵宿題が大量で、時間割の関係上
 提出日が重なってどうにもこうにも大変という時なんだけれど・・

 そんな時は弱音を吐いて、大学付属校にしておけばよかったか
 なとか、友達の女子校は楽そうとか・・・・

 そういう悩みもあるようで、テスト一つでも色々考えてしまう
 娘は、本当に今思春期真っ只中で、神経もピリピリしているの
 がわかり、親も正念場だなと思う。

 でも、ゴールデンウイークはそんなことをあまり考えずに、課題
 はもちろんやるけれど、遊びもたくさんやって、リフレッシュし
 て、元気にまた登校していけるようにしようと思う。

 娘の大好きな吉本新喜劇を見に行く予定もあるし、みんなでDVD
 三昧なんていうのもいいし、新しくできた梅北のシアターに行く
 のもいいかも・・・・(きっと人がめっちゃ多いんだろうけれど)

 まあ人生勉強ばかりで働くようになっても、またしんどい日々し
 かないとしたら、そりゃ悲しいでしょう。
 
 娘には何か打ち込めるものを見つけてほしいので、試行錯誤して
 三歩進んで二歩下がるでもいいから、いや三歩下がってもいいよ。
 とにかく悩んでもいつかは光の方向へ出られると信じて、気長に
 あまり深く考え込まずに生きてほしいと思う。

 

 カゴになかなか戻りたがらないインコ
 を戻すには、電気を消して真っ暗にして、
 カゴの上からそっと止まり木に止まらす
 だけで随分大人しく入ってくれることに
 気づいたのがうれしい、単純なまめっち
 ママに愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。