オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-04-12 (Fri)
 幼児期にしておきたいこと第二回

 生身の人間との付き合いを大事にし、そこから色々な考え方を
 聞いたり見たりした私は、その情報の真偽を確かめるべく自分
 の足で見学に行った。

 「へ〜そうなんだ」で終わりそうなことでも、それをそこでスル
 ーしてしまわずに、少しでも興味がそそられたことは体験するこ
 とで、どんどん行動的になった私は、今からみると相当アクティ
 ブだったと思う。

 ただ、見学すると、それなりに習い事も増えてくる。でもそれは
 一つ一つみんな意味があったからで、単に子供を疲れさせるだけ
 だとか、考えない子を作るだけだとかいう的はずれな意見とは全
 く違う素晴らしい成長を目の当たりにしてから、子供は自由に伸
 び伸びと派だった私はその考えを改め、子供は無限の可能性を秘
 めているもので、それをつぶさないようにしてやることこそが、
 親の努めではないかと思うようになった。

 もし疲弊した子供に自分の娘がなりそうなのを見たとしたら、す
 ぐにすべてをリセットして、娘の幸せを第一に考えていたと思う。
 当時の私は育児書も読まない、胎教もしていないまさにのんびり
 育児の代表のような人だったのだから。

 そうしなかったということは、その頃の娘が今よりずっと輝いて
 いて、よく言われる子供に小さい頃から色々させすぎで虐待して
 いるというような事実がなかったということに他ならない。

 能力以上のことを要求したり、成果を求めすぎて勉強のように
 なってしまう子育てをしている一部の行きすぎた事例は確かに
 存在するが、そういうのは私がこれから書こうとしている
 教材の間違った使い方をしている人や、幼児教育が超先取りの
 お勉強と勘違いしている人のことで、一般的な子育てをして
 いる人にはあてはまらない。

 そこのところを理解せずにすべてを否定する教育法に私は
 大いに疑問を感じるし、むしろ今の娘の方がよほど疲れて
 いるのを見ているので、そうならないために何をするのが
 よかったのかを今一度考えたいという思いでこのシリーズ
 を書いている。

 私はきれい事で物事を書いているわけではない。
 現実問題としてゆっくり考えてを実践していると、世の中の
 流れについていけず、処理能力の低い人という烙印を押され
 てしまうのも事実だし、それに対応できるような素早さと
 真理を追究するじっくりさを併せ持つということがいかに
 難しいかを日々実感しているからこそ、その着地点をどこに
 求めるかで試行錯誤しているのだ。

 どちらも大切だからこそ、右脳も左脳もバランスよく伸ばす
 ということを実践するべく、幼児期には右脳系、そして成長
 してきた今は左脳系を鍛えているのだ。

 具体的なことは今後ぼちぼち書いていくが、幼児期にしてお
 きたいことの2番目は、能力の芽を大切に育てるということで
 その芽は一つとは限らないため、忙しすぎるように見えること
 も時としてはあるけれど、人間の限界を幼児期のうちに決めて
 しまう必要はないと思う。

 次回は具体的にどういうおけいこごとを我が家がどんな基準
 で選んで、どのようにそれを日々実践していたかについて。
 



 動画の鳥の声に反応して負けずに
 鳴くインコがちょっと面白いなと
 思うまめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 幼児期にしておきたいこと
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。