オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2013-04-07 (Sun)
 我が家はバラエティー番組などはほとんど見ないので、あまり
 テレビそのものをつけることが少ないのだけれど、そんな中で
 毎回必ず見る番組がある。

 それは恒例の外国人が日本の歌を歌いナンバーワンを決める
 番組で、年々レベルが上がっている気がして、今年もすごい戦
 いが繰り広げられた。

 歴代優勝者を3人も含んだ今大会も大接戦で、予選通過しなか
 った人でも、それは素晴らしく感動ものだった。

 私の大のお気に入りの元チャンピオンのクリスも決勝まで残っ
 てまたしても惜しくも二位になってしまったが、もう甲乙つけ
 難く素晴らしすぎて誰が優勝してもいいよというぐらいだった。

 大好きな日本の歌を歌うために猛勉強して日本語検定一級に合格
 した人もいるし、みんな日本をこよなく愛し、日本語の勉強を
 とても頑張っている人達ばかりだ。

 交換留学生として来日したり、日本企業に就職していたり、夢
 をかなえるべく頑張る姿に歌だけではなく感動を覚える。

 娘なんか日本語検定三級に不合格だったのに、外国人が一級
 合格って素晴らしすぎる。(というか娘が不甲斐ないだけ・・)

 何がしたいか、どうして日本語を学びたいのかという目的意識
 がはっきりしているからこそだなと思う。

 短い時間で大人になってからでも学べるという事例がこんなにも
 たくさんあると、正直幼児期にバイリンガルになる意味はほとん
 ど見いだせなくなってくる。

 もちろんなってしまうと後々楽ではあるが、うちみたいにそれ
 で安心してさぼりまくるという子も出てくるわけで、そうなる
 ぐらいなら何か英語がどうしてもできなかったら困るのだとい
 うようなシチュエーションに遭遇し、そこで目覚めて本気で
 勉強しようと思いたつ方がましな気もしてくる。

 これは極端な話なので、実際は少しずつでも英語の下地を作り
 続けていくことは、大人になってからいらぬ苦労をしなくても
 済むというメリットもあるので、やはりやって損はないという
 ことなのだけれど・・・・

 ただ、娘にはこんなに努力している人がいるのだよということを
 見せ、幼児期に何となくいつのまにかそれほど勉強したという
 記憶もないまま、英語がわかるようになっていたなんていうこと
 では、これからはだめなんだということを肝に銘じてほしい。

 うちが早期教育にそれほど大賛成でないのは、楽して物事を
 学んでしまったら、どうやって努力していくかがわからなく
 なることを警戒しているからで、実際語学はその傾向が一番
 出る分野だと思う。

 子供がどんな風になるかは小さい頃にはわからないので、今
 自我がはっきり出てきて、やりたいこととやりたくないことを
 きちっと主張する年齢になったから、早期教育で得たメリット
 やデメリットを身に染みて実感するようになった。

 本当に先を歩くのは大変だ。
 失敗も成功も自分が最初なので、当たればもうけものという感
 がしないでもなく、今後も学力と英語の関係がどうなるのかな
 ど、未知の部分が多く、これでいいのかどうかもわからない。

 ただ、やってみないと何事も進まないし、とりあえずはやって
 みて、ダメならひくそのタイミングだけは間違えないように
 しようと思う。



 
 日本の歌ってこんなにもいい曲が
 多かったんだと今更のように感じて
 日本人でよかったなと思ってしまった
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する