オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-02-25 (Mon)
 もうすぐ娘の学校は学年末テストに突入する。
 まずは主要3教科で高得点を取ることが大事で、その中の一つ
 国語は、勉強の仕方が今一つわかりにくいので、後回しになる
 ことが多い。

 実力問題もあるので、何をしていいかわからないから、ほとんど
 ノー勉でテストに臨んでしまったりするので、今回はそれをやめ 
 させて、少し国語の勉強を真面目にやってもらおうと思っている。

 範囲が決められているのだから、そこに出てくる語句や漢字は
 当然完璧に勉強しておくことが大事だが、今回は何としても古文
 で点数を取って得意科目になってほしいと願っている。

 出題範囲を見ると、敬語がメインになっているので、これは教え
 れば何とかなりそうなので、まずはここをししっかり暗記させて
 文法的にどうなっているのかをみっちり解説しようと思うのだが
 娘は私が説明すると、分かりやすいのは確かなんだけど、ものす
 ごく眠くなってきて、どうしても途中で聞けなくなると言う。

 「ママ、生徒寝てへん?
  めっちゃ眠いねんけど・・・・」
 (うっ・・・そんな厳しい言葉をよく平気で言うよね・・・)

 「確かに古文って私も高校の時、全然
  わからんし、嫌いな科目やったけど、
  2年生になってからすごくいい先生に
  あたってわかるようになったから
  そこからはめっちゃ頑張っていい点数
  とるようになったよ。
  だから古文はやれば必ず成績が伸びる
  科目やねん。
  ママがちゃんと教えたるから、その通り
  やったら、絶対にできるから。
  問題がどれでるかもわかるよ。 」               

 まあこんな会話が繰り広げられるのだが、本当にわかりやすく
 解説しているのに、聞いているとまぶたが閉じてきているのが
 わかる。生徒で寝ている子なんていないのに、なんで娘はこん
 なに眠るのかと不思議で仕方ないのだけれど、とにかくすぐに
 居眠りする。これは親への甘え以外の何物でもないと思う。

 先生だったら、寝ないように鉛筆をつきたててでも、起きてい
 るように努力しているらしいのに・・・・・
 完全に親だと思ってなめている。

 だから自分の子供には上手く教えられないというのは本当で、
 大人になっていくにつれて、親子で勉強するのはしんどくなる。
 いつまでも子供が親と勉強してくれるなんていうのは幻想で、
 そのうち「もういいよ。自分でするから向こうへ行ってて」と
 言われるのがおちだ。

 うちも普段は私が勉強を見ることなどはほとんどなく、テスト
 前にどうしても困ってわからない時しか頼ってこない。

 英語も自力でやっているので、パパに聞くことはほとんどない
 し、国語なんて後回しの教科なので、テストの前日ぐらいに
 どうしようもなくなったプリントの解答がわからないところを
 聞いてくるぐらいで、もっと普段から親の知識をしっかり吸収
 したらいいのにと思うのに、それはしない。

 本当に家に塾に行かなくても先生がいるのに、なんと勿体ない
 ことか!もっとただのものを活用せよと言いたい。

 塾代がいらないのだから、国語と英語は自前で十分まかなえるの
 は恵まれているのだと思わないといけないのに、このていたらく。

 世の中なかなか上手くいかないものだ。
 
 それはおいておいて、今回特に重視したいのは、語彙の意味調べ
 で、なにはともあれ、難語の意味調べを自分でしてほしいと思う。

 言葉の意味を辞書でひきまくることこそ、私が国語力を挙げてき
 た最強の方法で、辞書が手垢で真っ黒になるほどひけば、自ずと
 語彙は増えるし、作文もまとめも得意になり、難解な文章でも
 読み解くことができるようになる。

 娘の友達で国語がものすごくできる子がいるのだが、その子は
 正しい日本語を使うことに命をかけているらしく、大袈裟だが
 間違っている日本語を使っている人を見るとむかつくらしい。

 当然日本語検定もするっと合格したし、いつも国語はいい点数
 ばかりだ。その子の日常を見ていると、読書量が半端じゃない。
 読書の中には漫画も含まれていて、動画などもよく見る。

 様々なメデイアから言葉を吸収し、自分の物にしていくのが得意
 だと言える。娘にもこれぐらいの精神があればいのだけれど、
 国語は実力問題なら何とかなるよと高をくくって、ぼ〜としてい 
 るのが歯痒い。

 そういう何となくやってきた科目のてこ入れをして、できるもの
 はよりいっそうできるように、苦手なものは極力減らす。なめて
 いた国語は真剣に解き方のこつを覚え、語彙漢字力を上げる。

 こんな感じでやっていきたいと思う。

 今回は地学と化学が全く自信ないと言うので、それはもうそこそ
 こでいいから、数学、英語、国語だけは頑張ってきてほしいと
 言ってある。

 それができれば、残りの科目は何とかなりそうな気がするから。
 理科はいずれは選択になるし、社会もそうだ。どうしてもできな
 い科目は選択からはずせばいいことだ。

 こんな風に戦略を立てても、娘自身が完璧にやっていないと苦し
 いことになりそうで怖い。いつになったら何事もなくテストを
 受けられるようになるのだろう?もう今回は何々が死んだとか・・
 そう言う言葉は聞きたくない。

 国語力は一朝一夕に上がらないだけに、今から親でも何でも
 利用して力をつけてほしいと思うのだが・・・・・

 磨いていない原石のままの娘は果たして輝く宝石になれるのか?
 気長につきあっていくしかない。





 この頃ますます素早くなって
 カゴに入れられそうな気配が見えると
 間合いを取りながら近づいてきても、
 すぐに飛び立ったり、するっと逃げたり
 して、まるでつかまらないと自信たっぷり
 の慣れたネコのようになってきた我が家の
 インコ・・・・お出かけの時にそれやられると
 困るんだよ本当に。お願いだからすんなり
 カゴに戻ってくださいと切に願うまめっちママ
 に励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 

関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。