オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-02-19 (Tue)
 今日とても残念なことがあった。
 私が担当していた浪人生が、今年有名私大を受けて、前期で全滅
 してしまった。

 昨年もあと一歩というところで、今年は滑り止めも準備して模試
 の判定もA判定が出ているところを含め、かなり色々考えて日程
 を組んだはずだった。

 でも、滑り止めで絶対そこは大丈夫だろうという所も落ちてしま
 ったと聞いて、なぜという思いが頭の中でグルグル回っている。

 受験は実力半分運半分。まさかの不合格は多い。

 それに比べてそれでも受かったの?という事例もあり、本当に
 開けてみないとわからないというのが受験の怖さだ。

 運も実力のうちとはいうけれど、模試判定だけでは測れないもの
 は確かに存在する。過去問との相性は絶対に大事で、過去問で
 問題の相性が悪いと思えば、模試判定でたとえAでも不合格に
 なる確率が結構あるということも覚えておかないといけない。

 うちが中学受験した時、それが一番怖かった。

 判定は確かにいつもAだったけれど、社会のできない娘にとって
 どれも同じ点数配分の学校は、非常に危険な感じがしたからで
 そういうことも含めて志望校は、娘に最適な問題で必ずいつも
 合格ラインを上回る点数を取れる今の学校に決めたのだ。

 今の学校より偏差値が低い滑り止めと思って願書だけ出していた
 学校でも安心はできないと常に思っていた。
 
 今回の事件はまさにそれの大学バージョンだったのかもしれない。
 この生徒は日頃真面目で、いわゆる地域の一番偏差値が高い公立
 高校出身だ。苦学生で予備校のお金を工面するのも自分でバイト
 していたぐらいなので、努力が報われてほしかった。

 国語だけを見ていると、合格ラインには十分達していて、安定
 的な点数を取ってくれていたので、それで躓いたとは思えない。
 でも、英語が苦手科目だったというのが足を引っ張った感は否め
 ない。後期の試験にかけて頑張るというので、たぶんどこかに
 ひっかかるとは思うが、昨年そこは受かっていただけに残念すぎ
 る結果だ。

 なんと運命は残酷なことをするのだろうと思う。
 前向きに生きていける子なので、きっとたとえどんな結果になろ
 うと、次の目標に向かってくれるとは思うが、胸が痛い。

 彼女がつらいのはそれだけではない。
 中学時に偏差値が低い高校に進学した同級生が指定校推薦で
 あこがれの学校に比較的簡単に行けたこともショックだったよう
 だ。もちろんそこで努力したからこそなのだが、考えようによっ
 ては、無理して高偏差値校に行って、指定校推薦を取るほど上位
 にいられないのなら、少し下げてそこでトップクラスになる方が
 はるかによかったのではないかと。

 もちろん結果論なので、実際はどうなるかわからない。
 でも、娘の小学校時代の友達を見ていても、それほど優秀では
 なかった子が中学受験でいわゆる有名大学の付属に入学できた
 ため、今かなり楽に遊び回っているけれど、よほどでないと
 落ちない現状を見ていると、もし私の生徒が中学受験をしてい
 たら、もう少し楽にあこがれの大学に入れたのではないか。

 経済的に私立に通えない子だったので、そういう選択肢が
 なかったのはつらい。

 「関係ない。努力が足りなかったんだ」と言われればそれまで
 だが、経済格差が確実に最初のスタートを厳しくしているのも
 事実だ。

 もっとも人生は受験がすべてではないし、その後の就職でどうな
 るかもわからない。もしかしたらこの悲しい経験が後に大きな
 何かを得るきっかけになるかもしれない。

 私も高校受験であこがれの学校を私立の滑り止めに不合格だった
 ため断念した経験があるので、人生の一部分にすぎないと考え、
 彼女にはこれからも素晴らしい未来があると信じて前に進んでほ
 しい。

 


 娘がインコのストラップを買って来て
 うちのインコに向かって「私は食べ物がなくても
 生きられるのよ。ほーっほっほっすごいでしょ。」
 と一人芝居をしているのを見て、やっぱり変な奴
 だと思ってしまったまめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 受験
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。