オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2013-02-15 (Fri)
 幼少期からうちでは思考力を鍛える問題に積極的にとりくんで
 きた。右脳開発と同じぐらい力を入れていたと思う。
 だから単なる反復だけでは決して解けない問題ほど頭を回転させ、
 喜々として解いていた。
 でも、それは計算で困らなかったからで、計算が早い分、考える
 時間がたくさんでき、中学受験などの問題数が多く超難問も必ず
 一題はあるような場合、少しでも考える時間が多くなるように
 計算は素早いほどよかった。
 そういう意味でそろばんをやっていたことは、大いに役立った。

 小学校の時、百ます計算ではぶっちぎり一位の速度だったのも
 そろばん式暗算のおかげといっていい。

 桁数が上がるほどそろばんは威力を発揮するので、これはもう
 誰が何と言おうとやってよかったおけいこの一つだ。

 そんな娘は算数が一番得意科目で、今も頭の体操的な問題を見る
 と、私よりずっと早く解いてしまう。

 ところが中学に入学して状況が変わった。

 今まで先取りで公式やら解法やらを勉強してこなかったので、
 超早いスピードで進む学校の数学に戸惑うようになった。

 今までじっくり頭を使えば解ける問題ばかり好きでやっていた
 せいで、いわゆる公文などに代表される先取りで高校の範囲ま
 で進んでいた子達と違って、反復で解法のパターンを覚えて
 使えるようにするという実践ができていなく、今もじっくり考
 えて自分で解法を編み出すようなやり方をしようとする。

 これは本来悪い事ではないのだが、そんなことをしていると
 とても数学の難問を解く時間が足りなくなるのだ。

 娘は数学で出てくる用語一つにも疑問を持つタイプなので、
 幼少期に何日かけても考えて解いたなどという悠長なことを
 今もやっていると、スピードという点で戸惑う事になる。

 そういうのんびりしたやり方は、点数と直接結びつかないから
 できたことで、今はある程度定石に従って解法をどれだけ頭に
 ストックできるかというのも重要なポイントになってくる。

 算数と数学は違うということがどういうことか初めて分かった
 気がした。

 同じ思考力でも数学と算数は違うのだ。
 算数式で鍛えた能力が必ずしも数学にも通用するかは別問題で
 数学には数学なりの思考の仕方があるのだ。

 普通の公立中学の数学の問題なら、恐らく中学3年生の問題でも
 何も困らない力はあると思う。
 この間、高校受験の数学の問題を見て、ああこれなら今の私で
 もできるから、きっと娘の悩んでいることはもっと違う次元な
 のだろう。

 でも、学校では遙か先に進んでいるわけだから、それについて
 いくしかなく、算数式の考え方を改め、数学に早く慣れること
 これが切り替えられないと、娘にとっては数学が得意科目に
 昇格はしない。

 英語も同じようなことがあるが、そっちはまだ対応できている
 ので、それほど問題ではない。ただ、相変わらずテストの解答
 には首をかしげることが多い。

 例えば、起きるという単語は状況によってGet upでもWake up
 でもいいはず。娘はもちろん使い分けもわかっているし、ベッド
 から起き上がるとでも書いてあれば、Get upとテストでも書いた
 と思う。ところが、wake upと書いて×にされたり、そういうこ
 とが今もある。

 そういう使い分けの説明がなされていないので、テスト範囲に
 出てくる単語がその時Get upならそれを書くということだ。
 
 おかしな話だが、範囲のある試験とはこういうものだというこ
 とに慣れるしかない。
 
 中学に入学して色々今までと違った意味で勉強になっている。

 勉強とは本当に奥が深いものだとつくづく思う。




 せっかくスポーツジムに行って頑張って
 カロリー消費してきて、筋トレもやった
 のに、チョコのせいでカロリー消費分が
 一気に吹き飛んでしまったのが残念で仕方ない
 まめっちママに励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by nikoniko*
こんにちは♪
勉強って奥が深いんですね。。。。
”Get up  Wake up” 
テキストの範囲の物ってことなんですね。
感覚的にはあっていても 先生は×を付けるんですね。 △とかはないいんだぁ。。。

nikoniko様へ * by まめっちママ
そうですね。勉強ってかなり色々ありますよ。
幼児期の時の勉強とは違った悩みがあります。
英語もそうですね。こういう合ってるのに×になる事例
なんて山ほどあります。他の言い回しでもOK のはずの
ところが採点の関係で一律同じ答えでないといけないと
いうのは、よくあることなんですよ。
もちろん模試などでは、あっていれば別解でも丸には
なりますよ。学校では生徒の相互採点とかなので、どう
してもそうなっちゃうんですよ。
先生もいちいちそこまでチェックしないし・・・
幼児期は自由に何でもできるからいいですね。

こんにちは * by ポン助
座ったまま熟睡していた人が目を覚ますときは wake up
でもいいのですが、目は覚めているが身体は寝かせていたひとが起き上がった場合はget up のほうがいかもです。

ポン助様へ * by まめっちママ
適切な使い分けを指摘して頂いてありがとうございます。
そうですね。細かい使い分けは難しいですね。
テストではそこまで書いていなくて、単に起きるとしか
書かれていなくて、起きるが目を覚ますの意味なのか、体
を起こす意味なのかは不明だったようです。
日本語の書き方も難しいですね。色々勉強になります。

コメント







管理者にだけ表示を許可する