オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-01-18 (Fri)
 この問題に関しては、今まで多くの方がすでに論議してきたこと
 かもしれないが、中学受験を経験して、多すぎる課題に苦しみ
 学校の宿題も塾の宿題もこなしていかなければいけなかった経験
 をしてきたからこそ思うことがある。

 結論から言うと、うちは学校重視で、宿題を親がやってしまうと
 か、やらずに開き直るとか、そういうことは一切しなかった。

 確かに中学受験に出題される問題は学校の比ではない。
 学校の宿題をどんなに丁寧にやったとしても、それで中学受験に
 対応できる学力などはなかなか身に付かないのも事実だ。
 それでも、学校で出されるあまり優れているとはいえないような
 宿題をやらなくていいのかと言われるとそれはノーだと私は思う。

 例えば、塾ではそれほどぱっとしない成績の子でも、学校では
 かなりできる子で、テストの点数はほとんど100点かそれに
 近い点数を取ってくる。娘も漢字ができない子で、それはもう
 ひっくり返りそうなあて字を書きまくり、こんなんでどうやっ
 て受験しようかと悩むほど苦手だったが、それでも学校の漢字
 テストでは高得点ばかりで、間違えることもほとんどなかった。

 これほどの差があっても、学校の宿題をしなかったことは一度
 もなく、何度も書かされる漢字の宿題、算数の計算ドリルなど
 も、簡単ではあったけれど、きちんと最後までやり通した。
 何題も続く同じような計算に飽き飽きしたことも一度や二度では
 ない。でも、そこは考えようで、ではどうすれば早く終わるかを
 娘は考え、超スピードで鬼の集中力を発揮し、終わった後の時間
 をいかに遊ぶかを考えていた。
 だから思考が停止するどころか、フル回転で頑張って終わった
 後にいつも以上の開放感を感じ、短い休憩時間で思い切りDSを
 したり、絵を描いたりして楽しんでいたのを覚えている。

 受験生はさすがに学校の宿題だけで後は遊んでというわけには
 いかないので、その後に塾の宿題が待っているのだが、それを
 やるためにも、時間をどうすれば捻出できるかを考えるように
 なるので、一見無意味に見える宿題でさえ娘には役立つものだ
 ったと言える。

 できるものは無駄に何度もしなくてもいいのだという合理的
 な考えに基づくなら、学校の宿題ほど無駄なものはないかも
 しれない。でも、それはあくまで勝手に家庭で先取りしたり
 高度なことを勉強している子の言い分であって、初めて習う
 ことに目を輝かせ、学校を学びの場と考えて規則や協調性を
 学ぶ所だと思って毎日楽しく通っている一般家庭の子供に
 とっては、学校から出される宿題をすることも、規則を守る
 こともすべて集団の規律に従うという当たり前のことをやっ
 ているにすぎず、親の勝手な教育方針で学校を無視して、
 やりたいことをさせるでは、公教育に通わせる意味がないと
 私は考えている。

 義務教育とはそういうもので、何でも自分の家庭の方針通り
 になるわけではない。社会には理不尽なこともたくさんあり、
 思い通りにならないことだらけだが、それを乗り越える力を
 つけることも大切な学びと言えるのではないか。

 受験に必要無いから宿題はしない、同じことばかりさせて
 無意味だからしない、自らが規則を破ることを子供に示すこと
 になるのは、どう考えても納得しにくいので、うちでは親が
 宿題を代わりにやるとか、全くしないで無視するなどという
 ことは推奨できなかった。

 もし間違ったことが学校で行われているのなら、まず元を
 正すことから始めないといけない。いきなり勝手に規則を破る
 から入るのは、筋が通らないと思っている。

 校則でもおかしいことはたくさんある。
 髪をくくるゴムの色なんて正直どうでもいいとも思う。
 でも、それが黒か茶色と決められているのなら、それが規則
 なのであって、自分だけが破って校則がおかしいと開き直る
 のは、やったもの勝ちを許すことになり、正直者が損をする
 ことを認めてしまうことになる。大袈裟だが、そういうこと
 なのだと思う。

 宿題の話に戻るが、もう少し気の利いたものを出せばいいのに
 と思うことが正直何度もあったが、それすらできないほどの能力
 なら、所詮そこまでの器でしかないのだから、そういう子に高度
 なことをさせたり、受験させること自体の方がよほど無理なこと
 をさせているわけで、学力が伸びるどころか、苦行になるのでは
 ないか。

 うちでは学校の宿題と両立できないほどの能力なら、受験はあき
 らめてもいいと思っていた。一時期体調を崩し、受験はしないで
 おこうと思ったことがあったぐらいだから。

 でも、その時にうちが取ったのは、学校の宿題を免除してもらう
 のではなく、塾をやめて、自分にあった時間の組み方で無駄に多
 い塾のテキストを減らすことで、乗り切るという方法だった。

 どれをどれぐらいやれば基礎学力がつくのかは、大体わかる。
 何事も基礎あっての応用なので、反復が大事なのは、その基礎
 を固めるためであって、決して無意味に枚数をこなしたり、
 漢字の偏だけ先に書いて、後から旁を書き足して、まるでノルマ
 のようにただ書くだけというようなやり方を言うのではない。

 反復練習の大切さは、そういうことを言うのではない。
 人間は忘却するものなので、一定の間隔を置いて復習すること
 が大切で、それを何度か繰り返すと、一時記憶ではなく、長期
 記憶として定着する。

 そのサイクルをつかみ、リズムにのって勉強することが大事な
 のであって、一日に何十枚のプリントをただもう写すだけのよ
 うなことを奨励しているのではない。そこのところをごっちゃ
 にして、反復は悪なんていう言葉に惑わされることは避けたい
 と思う。

 とにかくうちでは、塾があるから、無意味な計算問題だから
 という理由で学校の宿題をさせないなどということは断じて
 しなかった。学校の宿題が多すぎて、手が回らないという
 子がそれでも頑張ってやっている姿を多くみてきたので、
 そういう頑張る子に対しても、親がやってしまうとか免除し
 ましょうなどというのは、ずるを奨励して要領のよい人間を
 作るだけの気がして、それが本当に子供の教育にいいのかと
 考えたら、やはりどう考えても我が家的にはアウトだった。

 そんなことを言っている場合ではない、勝負とは非情なのだ
 負けては意味がない。いかに要領よく時間を使って賢くする
 かが大事だというのなら、それはもうその家庭の考え方なの
 だから、私がどうこう言っても仕方ない。

 今のご時世、勝ち組にならないとどうしようもないだろう
 というのも理解できるからだ。

 ただ、世の中ってそんなに単純ではない。
 学力イコール幸せ、安定な人生にはならないかもしれないと
 いうことも皆気付いている。

 だからこそ生きる力を養うということに重きをおきたい。
 それに学力もついてくれば、言う事無しという感じだ。

 

 

 
 二日連続終点まで電車を乗り越し、
 ここはどこ状態になった娘のアホさに
 呆れるまめっちママに励まし応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 

 
 

 
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
激しく同意です。
バージニアとは環境が違いますが、やはり学校に対しての考えは私もまめっちママさんと一緒で学生である限り学校が中心であるべきだと思います。
家庭の方針なんかもあるでしょうが、その辺は学校にあわせるなり、歩み寄るなりの努力って必要だと私も思います。

住んでる地域では大き目のローカルの会社(従業員100~150人くらい)が立て続けに2箇所閉鎖になってしまったんです。
まだまだアメリカも不況が続いてるようです。
学歴=仕事でもなくなってきてしまいましたね。
手に職をつける。本当それに尽きるのかなぁと最近漠然と考えています。

まめっちママさん、献立考えるの面倒くさくなってきました(T-T)
一歩前進したと思ったのに、元通り。
あぁぁぁぁ。

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさんも学校重視派なんですね。私はこういうブログを
書いているし、予備校講師なもんで、学校重視というと
意外に思われるかもしれませんが、基本学校は大事ですよ。
塾や予備校はあくまでも自分で勝手に行く所だし、家で
先取りしたりするのも、その家だけのやり方にすぎないの
で、公教育に家庭のやり方を求めるわけにはいかないです。
でもね、宿題を親がやってしまうとか、無視するっていう
のは意外とあるんですよ。大きな声で疑問を言う人が少ない
のが今まで不思議でした。中学受験のカテゴリーなどを
見ていると、この考え方は結構多いんですよ。
子供に無駄な力をつかわさない、そういう考えも確かに
わかります。塾の宿題がものすごく大変で、学校の宿題
正直なんとかならないかなっていう気持ち、すごくわかる
から。でもね、それを親が先回りしてやってしまうとか
やってあげるから受験に専念してねとか・・・・
それでは逆境に立ち向かう子供になれないんじゃないと
思うんです。何でも親が助けてくれる、何とか考えてくれ
る、親の言う通りにしていたら上手く行く・・・そんな
事の方が考えない子供を作るんじゃないかって・・・

まあ色々ありますね。人の考え方は本当に様々です。

献立考えるの、私も最近面倒です。
昔はちゃんと一週間分をまとめ買いしてたんです。
だから今より食費少なかったような気がします。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。