オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-01-11 (Fri)
 タイトルがまたしてもわけ分からないものになっているが、実は
 私と旦那は正反対のタイプで、あちらは瞬間沸騰、損得考えなし
 そのくせ抽象的な哲学本などはしっかり読む。物事はまず結論
 から聞き、その後に細部を聞きたい所だけ聞くというシンプル
 だが、好き嫌いがはっきりしすぎて興味のないものは何度説明し
 ても素通りして理解しないという頑固なタイプだ。
 (本人はぶれない姿勢がいいと思い込んでいる)

 私の方は、現実生活密着型で、経験を積みながら何となく覚えて
 メカに強くなり、我流でパソコンやソフトや新しいメカを操作す
 る。とにかく実践することでノウハウを蓄積し、それを引き出し
 から取り出して実際の生活の中で使うというタイプだ。
 よく言えば器用。悪く言えば適当にやって何となく身につける
 ため、物事の本質をどこまでわかっているかは不明。
 ただ、物事は常にその後どういう展開になるかを考えて行動して
 いるので、冷静沈着動揺はほとんどしない。もちろん瞬間沸騰は
 あり得ないし、早まって行動して多大な影響を他人に及ぼすよう
 なことはまずしない。

 今年正月早々車のトラブルに巻き込まれた話を書いたが、あれも
 旦那が売られた喧嘩を買ったからややこしくなったわけで、もう
 少し冷静に相手の気持ちをそぐような戦略を考えればよかったの
 だが、何せそういう損得は考えない人なので、売られた物は買う
 みたいな、まるで子供の喧嘩で、私がいなければもっと事態は
 ややこしくなっていただろうなと思われるような出来事だった。

 更に壊れたDVDプレーヤーのハードディスクに録画していた
 映像を取り出して、新しいブルーレーレコーダーに何とか移そ
 うと思って、新しいものを買いに行ったのが、全く何も考えずに
 家電量販店に行けばすぐにできるのだと思っていたり・・・
 実生活で必要な具体的な事を学ぶのが苦手な旦那は、配線がどう
 とか、地デジの録画が一回限りなので、そう簡単に他の媒体に
 自由にコピーなどできないのだということも理解していない。
 
 i phoneだっていまだにアプリを上手くつかいこなしていないし
 カレンダー同期がやっとできる程度で、それもちょっと設定が
 変わると、すぐに私に聞いてくるので、自分で試行錯誤しながら
 やらないといつまでたっても覚えられないし、どういう仕組みに
 なっているかを理解できないから自分でやればと言うのだけれど
 面倒なことは頭に入らないと言うところなど、娘と全く同じだ。

 便利なことを発見して実践していくのはすべてこちら任せなので、
 うちでは私がいないと生活が本当に回らない。

 けれども、私は決してものすごく理系人間なわけではないし、
 職業だって国語の講師なのだから、そんな人にあれこれ頼んで
 くるのもどうかと思う。誰もやらないから勝手に配線やメカに
 多少強くなっただけで、パソコンの設定、wi-Fiの設定もルータ
 ーの設置も、何もかも使える状態にしたのは私なので、たまに
 むかつくこともある。

 今回だって家電量販店で値段の交渉をし、機種を選び、できる
 こととできないことをきちんと聞いて確認したのは、この私だ。

 本当に人任せで、いつのまにか出来上がっているという状態は
 あまりにもうらやましい。私もそういう身分になりたいものだ。

 でも、世の中には適材適所という言葉があるように、私ができる
 ことと旦那ができることが違うからこそ、補い合える部分もあり
 上手くやっていけるのだろう。同じタイプもいいが、違った者
 同士ならではの日々の驚きと発見があるので、半分あきらめて
 自分の得意分野を担当して合理的に生活できるようにするしか
 ないなと考えている。

 娘は自分である程度やるのだが、片付けられないので、いつも
 興味の対象があると、そちらにいってしまい、今食べたゴミも
 捨てられなくなるので、見つければ注意する状態だ。
 興味がなければ最初からやらないので、人に頼みはしないけれ
 ど、そのかわりずっとそこは進まず永遠にできないことになる。

 なんだか私一人が割に合わない気がしないでもないが、自分を
 頼っている家族がいるというのはまんざら悪い気分でもない。

 こんなだからいつまでも甘えてくるんだろうな。
 何もできませんと言ってしまって、自らやるように仕向けなか
 ったのは、失敗だったかもしれない。

 実際旦那も私が仕事でどうしてもできないという時は、自分で
 何とかしているので、やればできるのだ。
 娘だって私がわからないことは自分で何とかしているし・・・

 インコだって娘にもっとまかせて放っておくことだってできる
 のだけれど、生き物のことだから、娘が帰ってくるまで知らん顔
 というわけにはいかないし、ついかわいそうになり、色々世話を
 焼いてしまう。仕事が詰まっているからじっとしていてほしい時
 でも、カゴから出たいだろうから、邪魔されながらもインコを
 遊ばせ、追い払ってもいたずらしにきて私が化粧をしていると、
 ファンデーションの上に乗りたがるし、アイシャドーの蓋をあけ
 ると、狙ったようにそこにめがけて突っ込んでくるので、もう
 おちおち化粧もしていられないのに、それでもわずかな時間で
 も外へ出してストレス解消の相手になりながら仕事に行く準備
 をしている自分がいる。
 
 誰かのために縁の下の力持ち的な仕事をやるのが、自分には
 一番向いているのかもしれない。旦那は目立つ表街道を歩く人
 だけれど、私は秘書かマネージャーで支えるタイプ。
 娘はどちらでもないけれど、なんか上手く運を呼び寄せ、いつ
 のまにかどうにかしているタイプ。
 
 いつも次のことを考えながら計画的に物事を進めないと落ち着か
 ない私には、この二人が異世界の住人のような気がする時もある
 が、三者三様なのが面白いし、こんな家族が結構気に入っている
 のだ。

 



 あまりにもよく寝ている娘に呆れて
 お腹がすいているわけでもないのに
 放していたインコが勝手にカゴに戻って
 おとなしくしていたのは笑えた。
 かわいそうに、遊ぶ相手がいなくて
 おもちゃのあるカゴに戻ってしまったんだね
 と、ちょっとインコに同情してしまった
 まめっちママに応援よろしくお願いします
 (ひえ〜!今、猛烈におもちゃに頭突きをしている)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 
 
 
関連記事
* Category : おかしなファミリー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。