オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-12-17 (Mon)
 元々積極的に情報集めするようなタイプではない娘は、転塾先で
 もやはり要領が悪く、模試の範囲を聞くこともできず、小テスト
 で上手くカンニングすることなどはましてできず、周りで他の
 子達が巧みにカンニングして、日々の復習テストを乗り切って
 クラスが下がらないようにしていることを横目でみながらも、
 自分はそんなことはできずにいた。もちろん真面目にちゃんと
 やっている子もたくさんいた。でも、確かにそういうことを
 する子が存在したのは事実だ。

 普段の成績もクラス分けにかかわってくるので、必死で防衛
 していたのだろう。そういうところには余計な力をつかわず、
 上手に勉強していたのだと思う。
 いいか悪いかは別として、クラスが落ちるということに対して
 ほとんどの子は神経質になっていたことだけは確かだ。
 上のクラスに行けば行くほど、このプレッシャーはひどくなる。
 だから不思議なことに、蓋をあけると、3番目ぐらいのクラスが
 意外と合格率が高かったり、クラスの雰囲気が程よくよかった
 りするのだ。

 こういう現象は最初の塾でもそうだった。
 飛び級クラスではなく、普通クラスの一番上のクラスの方が、
 6年生になってからゆっくり進んできた効果が表れ始め、成績
 優秀な子が増えてくる。
 結局、受験の範囲は小学生の範囲しかでないわけで、先取り
 してもしなくても、それ以上の中学生の内容や高校生の内容が
 試験に出るわけではないのだから。
 ということは、同じところにたどり着くのなら、無駄にプレッ
 シャーをかけなくてもよかったということになる。
 私の知り合いに、飛び級クラスを4年生で降りて、普通クラス
 に行った子がいる。その判断は今思えば賢明な選択だったと
 わかる。自分の子供には合っていないということをいち早く
 察知し、見栄やプライドではなく、子供の幸せを考えて決めた
 ことなのだから、そういう勇気こそ受験には必要だと思う。
 
 うちももっと早くにそうするべきだったのかもしれない。
 一時期そのことを先生に相談したことも実はあった。
 娘はあまり競争心や見栄がなく、どちらかというとマイペース
 なので、こういうクラスでやっていくことが本当にいいことな
 のかどうか、私も迷っていた。
 でも、その時は確か成績もついていけているし、そういう必要は
 ないんじゃないかと言われ、そんなものなのかと思い直し、頑張
 ってやっていくのがベストなんだと言い聞かせてしまった。

 過去を後悔しても始まらないが、その時に決断していれば、娘は
 転塾せずにすんだかもしれないし、体調不良を起こすこともなか
 ったのではないかと思う。実際どうなったかは今となってはわか
 らないが、少なくとも無駄に転塾して苦労せずにすんだと思う。

 話がそれたので元に戻すが、新しい塾での成績は伸び悩み、
 馴染めないままクラスへの執着もなく、娘はクラスをかなり落と
 してしまった。ここにいても楽しくないし、頑張る気力もわかな
 いということで、これから6年生という一番大事な時に、成績が
 失速してきたので、これはまずいと思った。

 やはり何か大きな決断をしないと、娘の心はどうにもならない
 ところまできているのだと知った。
 人生で一番危機を感じたのは、この時だった。
 
 その頃、同じ小学校の娘の親友はまだ自宅学習をしていた。
 受験するにはのんびりしたモードだったようだが、その子が同じ
 塾に入塾してきたのは、6年生の春のことだ。校舎は違ったが、
 これが娘の転機となった。
 この友人はとても優秀で、今まで塾に通っていなかったのに、
 公開模試の成績もどんどん上がり、それほど必死さがないのに、
 今まで自宅学習していた時に積み上げた基礎学力のおかげで
 社会や理科も割としっかりできていて、見る間に上位になって
 いった。もう変なプライドを持っている場合ではない。
 今決断しないと、取り返しがつかないかもしれない。
 迷わず、夏前にすべての講座を一旦休止した。
 日曜特訓だけ残し、それも特定の科目のみで、最小に絞って
 もう一度出直すことにしたのだ。

 そして前の塾の時に併用していた個別指導に相談に行き、すべて
 の講座をやめたことを伝え、そしてこれからは無駄な労力をかけ
 ずに、最大の効果を得られるようカリキュラムを組んでもらい、
 テキストも最小にして、夏休みは独自のカレンダーで勉強をする
 ことにした。

 この時のテキストは本当に少なく、科目ごとに一冊のみ。
 後は社会と理科で一問一答のような問題集を自分で自宅学習用
 としてやり、算数はすべて個別指導にまかせることにした。
 国語は親の私が見ている限り、問題なくできていたので、漢字
 や慣用句などの練習と語彙集を少しやる程度で、授業は一切うけ
 なかった。そんなちょっとで大丈夫かと不安も少しはあったが、
 確実に一つ一つ単元を洗い出し、理解不十分なところはないか
 徹底的に探し、穴を一つ一つ潰していく・・・地味で根気のいる
 作業だったが、先生と二人三脚の日々が始まった。
 
 
 

 天王山と言われる夏に週3回の個別と日曜特訓
 のみに絞った娘が、この先どうなっていくのか
 もう少し話は続く・・・・
 引き続き応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。