オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2012-10-12 (Fri)
 大学を卒業してからずっと私は講師を生業としてきた。
 最初は私立高校の先生で、生徒と過ごす毎日は楽しくもあり大変
 でもあり、それこそドラマよりずっとすごいことが日常に起きる
 中で過ごしてきた。

 勉強をしようという気がない生徒に教えるって、想像以上に難し
 く、放っておいても勉強する子などは皆無で、手取足取り出る所
 を全部教えてもできないような子も存在した。でも、そういう子
 ほどかわいくて、なんとか学校だけはちゃんと卒業させ、社会
 に出て道を誤らないようにしてやらないといけないという使命み
 たいなものすら感じていたので、やりがいは一番あったかもしれ
 ない。訳あってずっと続けることはできなかったが、その後転職
 した予備校では、そういう心配だけはしなくてもすんだが、勉強
 のことだけしか考えなくてもいい世界では、成績を上げて何ぼの
 もんという過酷な環境が待っていた。

 元々勉強して大学に行こうというやる気がある層が来ているのだ
 から、授業はやりやすい。ただ、学力面で生徒の中にとても優秀
 な子がいたので、新米の自分の未熟な授業では、彼らを満足させ
 るような授業ができないというジレンマがいつもあった。

 だから最初の一年で体に原因不明の発疹が出て、ストレスを感じ
 るとはまさにこのことなんだと身を持って知ったのだ。

 でも、この世界は3年ほど必死に頑張れば、専門性もかなりつき
 生徒の質問が怖くなくなってくるぐらいには自分のスキルもあが
 るもので、私も自然とそういうレベルになっていた。

 昔なら解けそうもない大学の問題が今なら解けるという不思議さ。
 高校生の自分に今のスキルがあったら、どこでも合格できただろ
 うなと思えてくる。それぐらいこの仕事をしていると、勉強に
 関してはかなり学力がついてくることは確かで、自分のような
 人間でも専門教科に限ってなら、東大や京大の問題でもなんとか
 なる。だからいつも思うのだが、入試って実は奥がそれほど深い
 ものではないのかもしれないと・・・
 (一教科だから言えることで、全教科となると話は別だけど)

 一番誰もが参戦できて公平な機会があるのは、勉強の世界なので、
 そこで上を目指すということは、意外と誰でもできる。

 ところがそれ以外の世界では、そもそも参加する段階から難しく
 お金が異常にかかったりもするし、親の威光も必要になってきて
 あきらめないといけないこともあったりで、誰でもに開かれてい 
 るとは言えない。だから最初から目指さないという選択になり、
 多くが趣味で終わるか、あるいは教養の一つとしてたしなむ程度
 に落ちついていく。

 それと比べると、少なくとも勉強の世界では、諦めるということ
 は、自分の意志以外の外的要因はほとんどないし、あったにして
 も、今なら奨学金もあるし、なんとかしようと思えばできなくは
 ない。現に私の生徒は自分でアルバイトして浪人するための学費
 を捻出している。もっとも最近は、塾に通ったり、更に家庭教師
 をつけたり、私立に入れたりするために、スタート時点でお金が
 かかるようになってきて、この世界も公平ではないという状況
 が生まれつつあるが、それでも努力次第でどうにかなる世界であ
 ることは間違いない。

 だから家庭環境に一番左右されにくいこの世界で生きていく道
 を無意識のうちに選んでしまうのだろう。
 才能、家柄、お金がないとそもそも目指そうと言う気も起きない
 世界より、誰にでも開かれた世界でトップに立ちたいと願う気持
 ちは自然なことだと思う。ただ、私も旦那もこの世界である程度
 勉強というものの要領をつかんでしまって、日々それの繰り返し
 を続けていると、それ以上にそこから新しいわくわくするような
 ことが出てこないがゆえ、生み出せる物がある芸術の世界への
 あこがれがかえって強くなってしまったのも事実だ。

 元々音楽が好きでマンドリンやギターをずっとやってきた旦那は
 もし生まれ変わることがあったとしたら、ミュージシャンになり
 たいと言う。その気持ちがすごくわかるので、娘には自分に一番
 合った道を選んでほしいと願う。もうかるかどうかとか、お金に
 なるかどうかではなく、生涯それをやり続けたいと思えるかどう
 かで人生を決めてほしいと思っている。
 
 どこそこの学校に入るということを目的にする人生の味気なさは
 この世界にいるからこそわかることなのだけれど、海とも山とも
 わからない不安定な道へとはみ出す選択もなかなかできないジレ
 ンマに、多くの人は悩みながらも納得して、そこで喜びをみつけ
 て生きていくのだろう。
 
 

 

 
 掃除機をかけ始めると、カゴの中で
 固まって静かになるインコ。そのまま
 居眠りしているのをつい起こしたくなる
 まめっちママに励まし応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する