オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2012-08-10 (Fri)
 前回の続きでもう少し先取り教育について書いておこうと思う。
 先取りは何年ぐらい先までやっておけばいいのだろう?

 もし順調に子供が興味を持って進みたがった場合、果てしなく先
 まで進めていくのがいいのだろうか?

 幼少期に娘も一時期七田式のプリントをどんどんやりたがった事
 があった。でも、今思えばあのプリントは勉強をしているという
 感覚がなかったからできたことだった。

 特に好きなプリントは知恵と呼ばれる分野で、いわゆる右脳開発
 系でお勉強とはあまり直接関係ないようなものだったため、喜ん
 でいくらでもやりたがったのだ。

 漢字や文字は娘には遊びでしかなく、カルタ取りをしている気分
 でやっていたにすぎず、計算は指を使って数えるのを阻止するた
 め、私が楽しくやって苦労しなかったそろばんをやらせると決め
 ていた。本格的な計算が出てくる前に、暗算のイメージを頭に
 たたき込んでしまえれば、楽だろうなという気持ちからスタート
 したので、これも勝手に頭にそろばんの珠が浮かんで、紙に書く
 よりずっと早く計算ができるようにはなった。

 どれも必死で勉強させたものは一つもなく、今もパズルや頭の
 体操的な問題は本当にすぐに解答を出してしまう。

 頭が固い大人や、公式に当てはめて考える人にはなかなか解けな
 い問題を、得意げに解いていく姿を見ていると、これでよかった
 のかなと思う。

 娘自身が最近「生まれ変わってもやっぱり今の自分がいいな」
 と言い出したので、よく聞いてみると、中途半端で学校の勉強は
 鳴かず飛ばずの真ん中普通の成績だけれど、例えば定期考査のよ
 うに範囲があったり決められた課題プリントを勉強していれば、
 取れるような問題を勉強するのが今一つ乗る気にならないだけ
 で、結構ちゃらんぽらんでも今の自分が持っている能力が好きだ
 と言う。

 それはそれで大学入試には困るのだけれど、この間も名前を伏せ
 て書いたちょっとした本のイラストつき紹介文がクラスの大部分
 から高評価で一位を取ったので、それもちょっとだけ自信をとり
 戻したきっかけになったのかもしれない。

 中学になって自己評価が低くなって卑下ばかりしていた娘が、今
 の自分のままでいいのだと思えるようになってきたのはうれしい。
 直接学力に関係ないことばかりで成果を出している娘だけれど、
 それを望んで育てたのは、他ならぬ私なのだから。

 美術と音楽と英語の通知表の成績が同じというのは何とも言えな
 いけれど、文章センスやイメージイラストが得意なのは、プリン
 ト学習ではやはり伸びなかった分野だろうから、物にならないか
 もしれない海とも山ともわからないものには違いないけれど、そ
 れでもそういう方面の才能を少しでも持つことができたことを娘
 は誇りに思うそうだ。

 英語はあまり意識せずにここまできたという点では他のものと
 全く同じで、そういう気持ちの上で苦しくなかったものほど才能
 が開花したというのも、なんだか皮肉な話だ。

 こういうことを経験してしまうと、苦しくても耐えて頑張るとい
 うことがなかなかできなくなるという落とし穴もあるので、必ず
 しも歓迎できることではないのだが、自信を持って進むことがで
 きるのは子供時代は必要で、大きくなればなるほどプレッシャー
 がかかって力が出ない人がたくさん出てくるものだから、せめて
 今は根拠のない自信でもいいから持っていてほしいと思う。

 こつこつ地味に頑張る学習をこれからは娘もいやでもしなくては
 ならないだろう。それができないと、ただの努力できない怠け者
 として終わってしまう。そうなってはせっかく伸びた幼児期の
 独特の才能もただの石ころにすぎなくなるので、ここからが娘に
 とっても正念場となるだろう。

 それをすべて乗り越えて、最後に残れるかどうか・・・・
 どんな道へ行くことになるのかもいまだ見えてこないけれど、
 たくさんの選択肢がまだ残されているというのは、楽しい。
 早々に夢を決めてそれに向かう姿も素晴らしいけれど、もしか
 したら、別の才能が隠れているかもしれないと思うと、早々に
 決めてしまわなくても、少しでも長く夢を見続けていたって
 いいじゃないかと思えてくる。

 こんな甘い考えで生きているのも、子供時代だからこそで、
 一人また一人自分の限界を知って現実路線になっていくのが
 世の中というものだから、それまで最後のあがきをもう少し
 してみようと思う。

 



 可能性が無限だと信じていられる間って
 幸せなんだとつくづく思うまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
 
 
  

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by nikoniko*
こんばんは(^_^)
今日もとても興味深く読ませていただきました。
我が家は決して先取りタイプではないなと再確認しました(笑;;;) 年齢に適した勉強をコツコツとこなしていくタイプのようです。正直 応用編を少しやっても わかんない~ですから(笑;;;) 
英語も地味ーな感じで進めているだけなので期待薄だなぁとも思ったりしてますが 今のコツコツさが数年後に良かったと思えますように と願うばかりです。応援~♪

nikoniko様へ * by まめっちママ
年齢に応じた物をこつこつやって行く事は
大切だと思いますよ。
最後に勝つのは、その地味な努力ですから。
一握りの天才と同じでなくてもいいんです。
私は器が小さくても頑張るひたむきな人に
なってほしいです。


コメント







管理者にだけ表示を許可する