オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2012-05-30 (Wed)
 つまらないと書くと語弊があるが、内容がつまらないという意味
 ではなく、例文を読むだけの普通のCDは、よほど聞こうという
 姿勢がないと勉強色が濃くでてしまい、娘のような集中力が著し
 く欠けている子にとっては苦痛となる。

 元々子供には、小さい子なら尚更そうだが、淡々とした声だけよ
 り、映像がついていたり、バックミュージックや効果音で興味を
 引くような工夫がないと、教材としては使えないことが多い。

 それで一工夫して、読み上げるだけの単語集にBGMをつけてみよ
 うと思った。そうすることで随分聞く気がおきてくる。
 
 娘が今まで英語を覚えて来られたのは、映画音声やDVDからの
 入力で、それらのすべてが場面を思い浮かべることができるよ
 うな臨場感たっぷりの音声だったので、そういうものは市販の
 教材ではなかなか難しく、自分で作るしかない。
 となると、せっかく我が家のパソコン(Mac)には最初から音楽
 編集機能にすぐれたGarageBandというソフトが入っているので、
 それを使わない手はない。
 
 娘は私よりはるかに使いこなしていて、自分の歌にエフェクト
 をかけ、伴奏の音楽と合わせてネットにアップしたりしている。
 たまに英語で歌っているらしいのだが、私に聞かせてはくれない。
 絶対に見るなと固く言われているので、あえて詮索しないけれど、
 聞く気になればいくらでもできる。娘は基本的に携帯にロックも
 かけていないし、ネットでアップしているサイトのログイン情報
 は私も知っている。使っているハンドルネームもわかっているの
 で、調べるのは簡単なことだからだ。

 娘も私のブログは見ない。うちでは不思議に思われるかもしれな
 いが、家族の誰も私がやっているブログのことをよく知らない。
 書いていることやタイトルはもちろん知っているので、読もうと
 思えばいつでも読めるけれど、あえて見ない。そういうルール
 みたいなものが存在する。

 別に見られて困る訳ではないし、嘘を書いているわけでもないの
 で、構わないのだが、娘も自分のことが話題になって色々書かれ
 ているのを見るのは恥ずかしいだろうし、見れば書くなと言われ
 そうなこともあるので、知らぬが仏ということで、お互いあまり
 個人のやっていることは見ないことにしている。

 リアル友人にもブログの存在はほとんど知らせていない。
 知っている人が何人かいるけれど、誰も見ていないのではないか
 と思う。私が個人的に仲良しクラブで友人向けに書いているわけ
 ではないので、多くの方にこんな英語育児もあるのだよという事
 と、娘が直面している困ったことをこれからどう克服していくか
 を自分なりに記録していこうと思って書いているだけだ。

 話がそれてしまったが、娘の方が最近パソコンに詳しくなりつつ
 あるので、何事もはまるとみるみるうちに習得していくものだな
 と感心している。

 そんな娘のつぼにはまるような面白い教材を作ってやろうと思い
 ボーカロイドの曲でも使って単語集を編集してみたら、さぞかし
 聞く気もおきるだろうなと思い、歌が入っていないカラオケバー
 ジョンをBGMにして作成中だ。

 さすがに英単語のバックミュージックとして歌入りは邪魔だろう
 から、娘の好きな歌をチョイスして作ってやって、流してみたら
 喜ぶかなと親馬鹿丸出しな自分がちょっと恥ずかしい。

 そんなことしなくても普通にこつこつ勉強できるタイプだったら
 よかったのだが、娘は自分が興味のないことは全て遮断してしま
 うし、脳の働きがちょっと違うので、そういう子には普通のやり
 方では効果は得られない。だから色々工夫して娘に合う方法を
 日々模索しているのだ。

 書いて覚えるとか、反復練習してとか、そういう常識が通用しな
 い娘のために何ができるのか・・・・今はそのことだけが気がか
 りで、長所を伸ばすことでできない事を克服していくしかない
 と思っている。

 仕事が忙しくなって、授業のコマ数が8コマぐらいになりそうなの
 で、ブログ更新もなかなか難しいのだが、編集する暇が果たしてあ
 るのか・・・・・でもそういうのをやるのが元々好きな私は今まで
 以上にパソコンの前にへばりつく時間が増えそうで、これでまた
 ダイエットが遠ざかるなあ・・・・・(そっちかい!)




 
 夜中にブログを書いていると
 お腹が空いてきて、つい食べそうに
 なる生活習慣不良のまめっちママに
 しょうがないけど、応援してやるかと
 思われましたらポチッとお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
関連記事
* Category : 教材について
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する