オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-05-01 (Tue)
 今更という感じかもしれないが、うちになぜか全巻揃っている
 「ドラゴン桜」を急に読み返したくなった。

 

 随分昔に読んだので、すっかり忘れているところもあったが、今
 読んでみてあらためて気づいたことがある。

 それは娘の学校でやっていることとかぶる部分がとても多いとい
 うことと、弁護士桜木の考え方が、実はものすごく理にかなって
 いて、私の考える物差しの基準と非常に一致しているということ
 だ。あんな勉強がすべてという考え方のどこがと思う方もいらっ 
 しゃると思う。でも今読み返してみると、決してそれは世の中
 勉強だけできればいいと言う事を言っているのでもなく、また
 東大が誰でも簡単に入れるんじゃないかということを言いたいの
 でもないことがよくわかる。

 単に漫画を面白くする都合上、少し大袈裟に刺激的に描いている
 だけで、本質は別の所にあるのだと思う。

 小手先のテクニックや、一年足らずの勉強でそう簡単に東大な
 んて入れないことぐらい誰でも知っている。
 ただ、あの中で私が一番共感出来る部分は、実は学力こそ一番
 公平な物差しだと言い切るところだ。
 
 人間は勉強以外のことも総合的に見ないといけないのは、当たり
 前のことだけれど、では、誰が公平にそれを判断するのか、一つ
 も偏見なしに、あるいは全員が納得できるような判断基準がある
 のかということを考えた時、そこにはグレーゾーンが必ず存在し
 てしまう。

 コネがもしかしたらあるかもしれない。見た目の雰囲気などで
 損をしてしまうことだってあるかもしれない。
 そんなこちらの努力だけではどうしようもないようなことを
 排除してただ一つの点数というものさしだけは、誰がみても
 間違いなく公平なのだという論理は、決して間違いではないと
 思う。

 それと人生のある時点で、必死に勉強することは、これから
 先に生きて行く上で必ず力になるはずで、そのために日本一の
 東大を目指してそこに入ることを目標にすることは悪いことで
 はない。東大を出たって使えない人がいるとかは、その後の話
 で、チャンスの幅が広がる切符を手にするための目標が東大
 であるというのは、非常にシンプルでわかりやすい。
 単に東大としたのは、一番インパクトがあって漫画にし易いか
 らというだけのことだ。

 そう考えて読むと、この漫画はとても意味がある。
 言い過ぎ、それはちょっとどうかなと言う部分があることは確
 かだけれど、それを差し引いてもうなづける点が多い。

 勉強に必死になることを悪とする風潮があるのは、前から納得で
 きなかった。スポーツや勉強以外のことで幼少期からスパルタで
 頑張ってきた人との扱いの差が激しすぎるからで、環境に一番
 左右されにくく、誰もがチャレンジできる学歴というものに対し
 て、もう少し偏見をなくした方がいいとは思う。
 
 誤解のないように言うが、うちでは子供に対して学歴至上主義
 はとっていない。むしろ海とも山ともわからない物へチャレンジ
 させたいと思っているぐらいだ。でも、客観的に見ると、勉強
 するということが一番自分をたやすく変えることができる方法
 であることも事実だ。

 私がこの年になって再就職で困らなかったのは、皮肉だけれど
 やはり前職のキャリアがあったからで、少しでも名前が通った
 予備校で専任をしていたことは、それだけで最初の書類をパス
 する威力があることも事実だ。
 誰でもスタートラインが同じとは限らない。その段階でふるい落
 とされることがないようにするための切符を手に入れるために
 水戸黄門の印籠のような効果があるのが、ドラゴン桜で言うなら
 東大ということになるのだろう。
 
 私の場合、それが予備校の講師という肩書きであった。
 これがなければ、極論を言うと、教育に関して色々語っても
 素人の戯言にしか聞こえないし、たとえ真実を述べたとしても
 人の信用度がまるで違っていただろう。
 人は肩書きに弱いのだということは、悲しいけれど紛れもない
 事実で、そのことを身に染みて最近感じることがあったので、
 またドラゴン桜を読み返したくなったのかもしれない。

 あそこに描かれていることは、決してそれが全て正しいという
 訳ではないだろうし、そういう生き方とは違うことで成功した
 例も山ほどあるので、単なる一つの可能性にすぎない。
 それに昨今のこの不況状態では、学歴のプラチナ切符でさえ
 どうなるかわからないような危うい状況なので、時代が少し変わ
 ってしまったため、以前ほどのインパクトはない。
 それでも人を引きつける論理展開は、今読んでも面白い。

 娘のようなぼんやり何も考えていないようなタイプには、これぐ
 らいの刺激が必要なのかもしれない。
 さり気なくテーブルの上に置いておいたら、何やら読み進めてい
 た様子。さて何を感じてくれただろうか・・・・
 決して東大に入ってほしいから置いたのではないことぐらい
 理解できるとは思うが・・・・・
 (うちは関西在住なので、関東方面にはお金の都合上行って
  ほしくない。できれば自宅から通える範囲でお願いしたい)
 

 


 
 最近立て続けに寝過ごすことが起きて
 娘から全く信用されなくなった・・・・
 というか、そもそも今でも一人で起きられずに
 親頼みするのが悪いんだと逆ギレするまめっちママに
 愛の応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。