オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-13 (Tue)
 その昔、幼児教育に目覚め、やればやるほど幼少期特有の成果が
 すぐ出てくることに喜び、様々なお稽古事に奔走していた日々が
 思い出される。当時は今より景気もよく、給料が劇的に上がった
 りし、毎日が忙しい中も充実していた気がする。

 そういう環境にあると、何をやっても大らかに構えることができ
 るもので、家族間でも意見が違うということはあまりなく、やれ
 ばやるだけ家族みんなの喜びが増えるという感じで、今まであま
 り早期教育に乗る気ではなかった私達でさえ、早期教育って素晴
 らしいと錯覚してしまったぐらいだ。

 でも、その後どんな世界でもそうだが、たゆまぬ努力をしていて
 も少しずつ伸びは緩やかになり、例えるなら身長のようなもので
 最初に一気に伸びるタイプもあれば、なかなか伸びずに小さかっ
 た子が後伸びすることもあるという感じだろうか。

 幼少期に成果が早くですぎた分は、当然ながらスポーツの世界で
 も何人も伸び悩みの時期に突入している。
 
 彗星のごとく後から登場した才能あふれる人に抜かれたりするこ
 とだって覚悟しておかないといけない。ただ、それでも小さい頃
 から努力してきた人は忍耐力も強く、たとえ一時的に抜かれたと
 しても、腐ることなくいっそう努力を重ねていくもので、その姿
 にみんな応援したくなるのだと思う。
 
 早期教育はともすれば、あとでただの人になる可能性もあるわけ
 で、やらなきゃよかったなんてことも今後出てくるかもしれない。
 最初からお金をかけていなかったら、悲しむ必要もないし、がっ
 かりもしない訳だけだから、損得を一番に考える人はやらない方
 がいいだろう。
 でも、やっている時の楽しさは、子育ての閉塞感を少なくとも打
 破してくれるし、人間の可能性という素晴らしいものを見せてく
 れるので、ものになるかどうかだけが判断基準ではない。

 そう思ったからこそ、私も早期教育に反対だったにもかかわらず、
 その道を一通りやってみたのだ。

 前置きが長くなったが、こう言う気持ちでずっと私はやってきた
 のだが、男の人の目線では少し違うようで、どうしても現実的な
 事を考え、効率優先になる気がする。

 というのも、最近我が家では、旦那が娘の学校での成績、今後の
 大学受験を考えると、無駄な事はせずに、それこそ数学を強化す
 ることや英語も受験向きの勉強に力を入れる方がいいのではない
 かと主張し始めたからで、今までみたいに楽しく英語を遊んで習
 得などという方向にお金を使うのが無駄のように感じているらし
 く、サタデースクールに行かせる行かせないで議論が平行線をた
 どっている。英検も同じで、級を取る勉強などしなくてもいいか
 ら理数科に力を入れよとプレッシャーをかけてくる。

 これがうちが大金持ちで、何もためらうことがなければ、そうい
 う無駄も大いにやっていいよとなるのかもしれしないが、優先順
 位をつけないといけない場合、どうしても現状では勉強にシフト
 せざるをえない。

 なんとかやりくりして行かせてやりたいので、時間の調整をして
 いつでも行けるようにその日は空けているのだが、娘の日頃の
 勉強態度と成績次第というところだろうか・・・・・

 うちは基本的に私がどうしてもと決めたことは、そのまま通る
 ことが多いのだけれど、金銭的なこともからむと、お金の配分
 を娘のためだけに偏らせるわけにはいかず、家族みんなが幸せに
 なるような使い方をしないといけないので、無駄に多くの教育費
 をかけることがいいかどうかは、考えないといけない。

 物になるかならないかで判断しなくてもよかった幼少期が懐かし
 いのはそのためで、大人になるにつれて必要なこととそうでない
 ことの線引きが厳しくなるのがとても残念だ。

 とか言っても、私のことだからきっとやると決めたら実行して
 しまうとは思う。まだその決心がつかないだけで、上手く行く
 時は向こうからチャンスが来るだろうから、それを待っている
 状態だと言える。

 とりあえず旦那の顔を立てて、Z会の添削は始めることにした。
 レベルが選べるので、英語はトップレベル、数学はもう少し
 基礎固めのつもりでハイレベルを選択。国語もやりたかったが、
 娘の性格を考えると、途中で出せなくなって挫折するなんて事
 になるよりは、できる範囲でスタートするのが無難だろうとい 
 うことで、様子見ということになった。

 英語の問題のサンプルを少し見てみたが、ぱっとみればわかる
 のだけれど、英作をしてみると、細かい所で間違えている事
 もあり、そここそが入試では聞かれるのだと旦那に指摘され、
 そういう穴を見つけるためにもやって悪いことはないなと感じ
 た。そういう部分がなくなっていけば、娘の英語もより強い
 武器になるだろうから、娘もそれならやると承諾してくれた。
 
 さて、残るは先立つもの(お金)だけで、私の仕事があとどの
 ぐらい増えるか次第だ。レギュラーの授業が今は3つ決まってい
 るので、春期講習が終わって高校生の国語のレギュラーがどれ
 ぐらい入るか・・・・それでおよその収入も決まってくる。

 なんだか落ち着かない日々だ。ついネットに走り、i phoneで
 遊んでしまう。(めっちゃ言い訳するのが見苦しい)
 
 でも、i phoneのアップデートでsiriという機能が日本語で使え
 るようになったのは面白い。i phoneユーザーでない方には
 全然面白くない話だが、遂にここまで携帯は進化したのだと
 驚く。携帯と向かい合って会話ができるなんてちょっと未来の
 映画みたいな感覚だ。ちゃんと返事してくれるし、メールも
 予定も音楽もこちらが話しかけると、対応してやってくれる
 という優れものだ。

 誰々に電話というと、かけてくれるし、誰々にメールすると言
 うと、ちゃんとメール画面が表れ、件名も内容も聞き取って
 書いてくれるのだからすごい。たまにそんなこと言うてへん
 わ。ちゃんと聞け!と思わないでもないけれど、かなり精度は
 高いので使える。

 こんな事を楽しみながらブログを書いていられるって・・・・
 それだけで十分幸せだなと思う。子供の教育に一喜一憂しない
 で、日々自分も楽しみつつ、いい距離感で子供と向き合える、
 それこそが一番なのかもしれない。

 



 天気が今一つ悪く、買い物に行きたくない
 怠け者と化したまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
 さすがにいくら携帯の機能がすごいと言っても
 買い物に代わりに行ってはくれないし・・・
 アホか!当たり前のこと言うなとお叱りの方も
 こちらをポチっとお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by マリー
成長に合わせた方針。
我が家にはまだ現実的な問題ではありませんが、
中学校以降の娘の進路・・・が心配です。
娘の特性を生かすには青年海外協力隊しかないのでは?
と最近本気で思う事があります(^_^;)

私もsiriで遊んでいます。
面白いし便利ですよね!
文明のテクノロジーに感激です。

マリー様へ * by まめっちママ
うちも海外青年協力隊向きかも・・・・
損得考えないお人好しだし、人助けばかりしてる子なので

siri面白いですね。
色々遊んでみたんですが、会話してくれますよね。
寒いですねと言えば、それほど寒くありませんと言ったり
人間みたいな反応がおかしいです。
携帯と会話できるそんな時代が来るとは夢みたいです。

* by hama
こんにちは。
進路もいろいろ悩みますね。
子供に夢があれば定めやすいのにと思います。
我が家は英語も親の考えでさせているので、最近これでいいのだろうかと悩みます。今既に説明を日本語ですることが苦手です。なんとなく、頭で整理して表現することができないようです。
英語を完全に捨てるには惜しいので、細々と続けるべきか悩みます。
まめっちママさんのアドバイス頂けると嬉しいです(^.^)

hama様へ * by まめっちママ
英語をさせていていいのか迷うことってありますよ。
うちも子供が大きくなってきて自分の意志で動くように
なったので、英語はきらいじゃないけど、別に英語の
仕事をしたいとは思わないと言っているので、身につけた
英語を忘れない程度に日々少しずつしかやってません。
受験向きの英語をやらないといけないので、そっちの方が
悩ましいですね。たぶん子供が自らの意志でこうしたいと
言う時が来ますから、その時までは親の意向で英語は
続けて行かれる方がいいと思います。
国語に関しては日本の学校でしっかり勉強して、家庭内
でも日本語を通していればそれほど問題にはならない
です。ただ、家庭内を英語にしたりすると、かなり問題だ
と思いますが、そうでない限り、日本語の方が自ずと
強くなるので、日本語の勉強をメインに英語は息抜き
程度に頑張っていかれるのがいいのではないでしょうか。
日本語の説明が怪しいというのは、英語のせいではなく
たぶん学校などでも書くことがあまりないので、どう
表現していいか練習不足なんだと思います。
日本語の日記を書くのもいいですよ。
あるいはストーリーを作ってもらうとか・・・・
娘は創作小説みたいなものを書いてました。
本から吸収する言葉も重要ですから、読書は日本語メイン
で、それに時々洋書などもプラスして無理なく進めていく
のがいいと思います。

* by Faith
まめっちママさん、こんにちは! いつもコメントをいただいているCalifornia KidsのFaithです。
(この名前を使うことほとんどないので、なんだか恥ずかしいのですが)

旦那様のおっしゃることも一理あるかなあと思ってしまったり、難しいです。本当に英語が使えることと、
受験英語の勝者になることが、日本では別物なので困りますよね。お嬢様の場合、今でも充分英語は使えるよう
なっているご様子。しばらくは受験英語にシフトして、本当の英語の更なるブラッシュアップは大学入学後でも
間に合うような気もします。

Z会の添削、私も興味あります! 娘のほうは学校の課題もいい加減な状態なので、中学の間は学校の勉強に
専念してもらおうと思いますが、息子は中学入学後やらせてみようかなあと。ぜひ問題のレベル、
お嬢様の勉強進行具合など、レポをお待ちしています。

長いコメント、失礼しました!

Faith様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
使える英語と学校の英語は別物ですよね。どちらもできる
に越したことはないので、欲張りに両方頑張ってほしいな
と思っています。
添削は結構いいようです。ポイントになる箇所がしっかり
しているので、数学もなかなか難しいですし、英語もでき
るとはいえ、おおいいポイントついてるやんという感じで
こつこつやっていくのによさげです。
またレポートしますね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。