オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-01 (Thu)
 中学英語の不思議さや納得いかないことについて色々書いてきた
 けれど、半分はあきらめて、そんな些細なことはどうでもいいと
 思うことにしたり、或いは、そんな問題は出す方がおかしいのだ
 から気にしないで無視しておけばいいのだと、自分の中では納得
 して折り合いをつけてはいる。

 ただ、いくら自分がそう思っても学校というところは杓子定規で
 使っている教材に書いてある通りの解答を求めるし、それでない
 と相変わらず×になることは、そう簡単に変わらないようだ。

 今、学校では付加疑問文なるものを習っている。例えばこんな
 感じだ。

 It's a little hot, isn't it?
(少し暑いですね)

 Lisa doesn't know him, does she?
(リサは彼を知らないのですね)


 上昇調で言えば、軽い疑問、下降調で言えば念を押す意味と一般
 の参考書には書いてあると思うのだけれど、それをテストの設問
 にして、上昇調か下降調かどちらで読みますかと聞くのはどうな
 のかと思う。念をおしたければ下降調で読むだけのことで、人の
 気持ちがその時どっちだったのかは、問題からは読み取れない。

 この場合、答え方のYesとNoの違いを教えることこそがポイント
 で、日本語では知らないのですねと聞かれたら、「はい、知りま
 せん。」または、「いいえ、知っています」となるのが普通なの
 で、英語とは答え方が違っていて、紛らわしいこの部分こそをテ
 ストでは出すべきで、読み方の調子を聞く問題は正直いらないの
 ではないかと思う。

 なんとなく疑問っぽいから上昇調とか、成績優秀な娘の友人達で
 も答えが分かれてしまう変な問題だったそうだ。

 それで不正解になったところが一問あって、毎回そういう些細な
 ところで点数を取れないので、100点にはなかなかならないのが
 学校の英語だ。

 英語育児をしていると、こんなことは本当に気にもとめなかった
 点だが、色々あるものだとつくづく思う。

 娘は自分の英語にはそれなりの自信を持ってはいるし、模試の
 成績は全国一桁の実力なので、実際こんなことぐらいでは動じな
 いけれど、おかしな問題を見ると英語教育の行く末が心配になる。

 それだけではなく、他の教科も硬直した指導要領がまかり通って
 いる。一番身近なところでは、習っていない漢字は書くなという
 指導で、これは色々な方からそのおかしさを指摘されているのに、
 一向に改善されないのはなぜだろうか?

 先取りしていない子供への配慮というのはわかる。
 でも、交ぜ書きの弊害の大きさは高学年になって、更に中学高校
 で出てくる。適切な漢字が場合に応じて使えないのだ。

 平仮名と漢字が混ぜて書かれている状態ほど読みづらいものはな
 い。表意文字の日本語をおかしくしている元凶だということに早
 く気づいてほしいものだ。

 娘の学校には中国人とのハーフの子がいるが、漢字はさすがに得
 意で、小さい頃から漢字しかなかったのだから、平仮名との交ぜ
 書きなど存在せず、それでちゃんと立派に漢字を使いこなせてい
 るのだから、日本だけがおかしなことを続ける意味はないと思う。

 まあ学校とはこういう負の面も含めてトータルに教育する場所な
 ので、多少のおかしさは感じても、概ね満足できる教育内容であ
 れば、本人も喜んで通っているわけだから、何も文句はないのだ
 けれど・・・・

 娘の学校は確かに面倒見が抜群によく、英検も漢検も数検も更に
 日本語検定まで受けさせてくれるものだから、みんな順調に級を
 進めて、中学一年で初めて英語をスタートした子でも、すでに準
 2級合格も出ているぐらいなので、そういう意味では多少のおかし
 さはあっても、有り難い学校だと思う。

 頭のいい子にとって英検は机上の勉強でパスできるものでしかな
 く、本当に使えるかどうかは別として、履歴書に書ける資格とい
 う意味以外あまり特別な意味を持たないもののようだ。

 うちでは、そういう学校とは違った路線で英語を今までやってき
 たので、戸惑うことも多いが、娘はバランス重視型なので、何か
 一つに秀でるというよりは、多種多芸という路線で、まあどれも
 そこそこできるようになってきているので、この中から一体何を
 選ぶのかは娘次第というところだ。
 
 それにしても最近は英語から遠ざかっているので、少しは真面目
 にやってほしいものだと思うけれど、やりたいことがありすぎて
 今が一番楽しい時期のようで、ここで英語と勉強しかなかったら
 それもさみしいと思うので、好きなことを色々やって回り道し
 ているのもいいかなと思っている。

 


 物理の単位が昔と変わってヘクトパスカルだの
 ニュートンだのになって、親の私の感覚が
 ついていけなくて、娘から質問されると
 蒸発したくなるまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

関連記事
* Category : 中学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by マリー
検定だけでコミュニケーション能力を図ることが可能かと聞かれれば、
答えは「No」ですよね。
なのに、上っ面だけの資格持ってますを重視する
日本の社会って変だな~と感じます。

マリー様へ * by まめっちママ
そうですね。検定が何級というそれだけでは、本当の
力ははかれないんですけどね。特にコミュニケーション
に関しては、机上の勉強だけではつらいです。
ただ、大学入試でも何級持ってますが有利に働くことも
あって、資格もないよりはあった方がいいと思ってしまい
ますよね。実際は学歴がかなりの部分でいまだにとっても
有利に働く社会ではあるんですけどね。
それと経験ですね。自分の再就職を見ていて、経験の
重要性をすごく感じました。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。