オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2012-02-18 (Sat)
 受験や中学での勉強の忙しさから、日々英語をあらためて勉強す
 る時間がほとんどない娘の英語の力とはどれぐらいあるのか・・
 
 英検やTOEICなどの受験である程度は、その力量が測れるとは
 思うが、細かい所でどこが弱点なのかは、問題を解いて分析し
 てみないとわからない。

 うちの場合、受験で英語から離れ、それまでも塾通いやら何やら
 で日本語重視だったので、当然洋書などはあまり読まずにきた。
 たまにスクールで読んでいたけれど、多読とはほど遠く、読むな
 ら歴史本、参考書、漢字、語彙問題集となり、英語の語彙を増や
 す暇はなかった。だから正直どれぐらい英語が伸びているのかは
 わかりづらかった。

 中学に入って、英語が始まり、外国人講師に英会話を習う時間も
 できたので、今までよりは英語にふれる時間は確保できたが、
 中学1年生のレベルでは、到底娘の持っている英語力を補うには
 足りず、知っていることの再確認をしているにすぎない。
 それでも今までは自然に口から出る感性できた英語が、文法的
 説明などを先生からしてもらうことで、へ~そうだったんだと
 思うこともあり、理屈の後付け作業とでもいうのか、そういう
 状態が現在は続いている。

 一ついいことは、年齢が上がったので、今までは何のことかも
 わからなかった長文が読めるようになってきたこと。つまり
 長文読解の部分で点数が取れるようになったことは大きい。

 小学生の低学年では、そこがクリアできず、合格すれすれの点数
 を運がよければリスニングでかせぐという危うい方法で乗り切っ
 てきたことも事実で、そんな運まかせはいつまでも続きはしない。

 だからお休み状態で今日まできてしまったわけで、そろそろ内容
 も考えてわかる年齢になってきたので、真面目にやってみるかと
 最近準1級の問題をやったところ、弱い部分が判明した。

 それは語彙の部分と英作文の2つで、ここが半分しか取れない事
 が問題で、まあ仕方無いなあと思う。語彙を増やすための読書を
 していないし、時間がなかったから耳は鍛えたけれど、書く方を
 疎かにしていたので、スペルミスや文法があやふやなところなど
 改善点がたくさんみつかった。

 エレガンスにネイティブみたいに書く必要は全然ないのに、感覚
 で適当に書くことで逆に点数につながらないという典型的な例で
 入試には全く不向きな英語の伸び方をしていると思う。

 要するに勉強してきちんと正しい使い方を学び直し、もっと英語
 の活字を見る機会を増やさないといけないということで、英字
 新聞はやはり必要だなと思った。
 それと英作文のまずい部分を添削してもらう必要があるようで、
 私にはそれはできないので、よい先生にそこを見てもらうしかな
 い。旦那がいるじゃないかと思うけれど、それがなかなか親子で
 は難しく、今の反抗期の娘を忍耐でみてやるほどうちの旦那は気
 が長くない。

 身につけた英語のプロセスが違うので、娘のようなタイプを教え
 ると、きっと切れてしまうと思うからで、家庭内ではどうも難し
 いと思う。

 頼りになるのは、やはりサタデースクールかと気持ちが傾いて
 いる。娘も人から直されたものは素直に受け止めるタイプなので
 信頼しているスクールの先生からきちんと直してもらえれば、
 その方が反抗的にならずにスムーズに行くのかもしれない。

 まあこんな感じなので、それこそ運がよければ滑り込めるかも
 というぐらいの英語力であることはわかった。

 ちゃらんぽらんな娘にしては、よくここまで来たなと思う。
 本当なら忘れ去っていてもおかしくないぐらい勉強の方にシフト
 していたのだから。一度深く身に付いたものはそう簡単にはなく
 ならないということなのだろう。

 それぐらい10才ぐらいまでは真剣に英語に取り組んできたのだ。
 その下地がなかったら、今頃何のための早期教育だったのかと
 いうことになっていた可能性も十分あったと思う。

 とりあえず、今年は漢検、数検、日本語検定どれもみなレベルが
 そろってくる学年になると思うので、バランスよくすべてが伸び
 たと言えるように頑張ってほしいと思う。

 


 合唱部で歌うことに最近目覚めた娘は
 音楽方面にもようやく目をむけてくれそう
 になってきたのはうれしいんだけど、昔
 ピアノも続かず、ダンスもやめて歌なんて
 はなから嫌いだった子がなんで今頃?みたい
 で、ちょっと遅すぎるんちゃうと思わない
 でもない悩めるまめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

関連記事
* Category : 英検準1級へ向けて
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by うらら
娘さん合唱はじめたんですね!私自身が中高大と合唱部だったんでついつい反応してしまいました。合唱だと英語やラテン語のうたもあるので娘さん大活躍でしょう。(私は…はい…rの発音ができないのに声だけはでかくてばかにされました。ほんと英語に関して良い思い出ないです)発声なんかも合唱は西洋のものなんで英語の声の出し方知ってると有利な気がしますです。

これからの娘さんの成長ますます楽しみですね。

うらら様へ * by まめっちママ
合唱部といっても、そんな大袈裟なものではないようで
なんだかあやうい音程で練習してます。
パートがアルトなので、ソプラノにつられるとわめいて
ますよ。(笑)
美術部もやめるとか言ってて、まだ続いているし、結局
二つかけもちしてるんです。もうますます勉強しない子に
なってますね。でも、好きなことができる間はした方が
いいと思ってます。心残りになって大人なってからも
そればかり気にする人生も寂しいので・・・

* by ジャンママ
昔の英語教育で文章を一字一句辞書を片手に
訳していたあのころに戻ってみるといいかもしれませんね。 細かいところまで注意深く読みとるクセをつけた勉強をすればお嬢さんの力なら楽に準1はパスできると思います。
アメリカ人だって、高卒レベルの英語は自然に身につかないものですよ。

ジャンママ様へ * by まめっちママ
アドバイスありがとうございます。
娘に欠けているのは、細かいところまで丁寧に一字一句
辞書で調べて読み飛ばさないことなのは、百も承知で
それができるようになんとかしたいといつも思ってます。
どうしたらうちみたいながさつな子が注意深く読むことが
できるようになるんでしょうね。本当に困ってます。
ちゃんと勉強しないとアメリカ人でもきちんとした英語は
習得できないですよね。当たり前のことがちゃんとできる
子に育ってほしいなと思います。

* by ごま
まめっちママさん♪
まぁたご無沙汰しておりますが、お元気そうですね。
私は変わらず元気にしております。

うん、うん、書いたものを添削してもらうのってすっごく大事ですよね。
私も先週末テストがあったので、その下準備のために小論書いたんです。
職場のバイトの方が元は新聞社の記者として仕事してらした方なので、その方に文法の添削お願いしたら見事に真っ赤でした(笑)
「なんで?どうして?どうしてこの表現じゃだめなの?」と聞きまくったので、その彼女は今後添削頼まれないために私の一発合格真剣に願っていたんじゃないかしら。(笑)

まめっちママさん、聞いて聞いて~。
今月貯金10万です!
来月の里帰りに使うので正確には貯金とは言えませんが、いいの、いいのそんな些細なことは(笑)
とりあえずやればできた!と喜んでおります。

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさんからコメント頂くととってもホッとします。
ああ元気で頑張ってたんだって。貯金も(爆)
アメリカに長く住んでるごまさんでも、添削されると
文法直されるんですか?きっとみんな厳しい人達で、上手
な文章を書くためにあえて間違いじゃないけれど、それこそ
エレガンスな文章を教えてくれてるんですよね。
いいなあ。娘にも誰か教えてくれないかな・・・・

で、肝心の貯金!!
10万もできたんですか!!!
ずる~い。うちは原資が元々ぎりぎりなので、ちょっと
気を抜くとマイナスになって下ろしてしまうんですよ。
収入増えないかな・・・私の仕事の頑張り次第なんですが
これもね・・・増やすっていっても、講座が国語という
性質上、英語みたいに需要が多いわけじゃないので、高3
生がかけこみで国語力を何とかしたいとか、中3生が、
受験のために国語をとりあえず最後の一年で頑張るとか・・
あるいは、中学受験の小学生がやるぐらいかな・・・
一番後回しになっちゃう科目なんですよね。だから受講者
が多くないので、講座をたくさん確保するためには、かけ
もちして塾回らないといけないの。
今漢文を読んでるんだけど、もう漢字ばっかりで、娘なら
拒否反応起こして放棄してるだろうなって・・・(笑)

なんとか仕事もお金も貯金もごまさんを見習って頑張り
ます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する