オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-02-11 (Sat)
 うちも含めて早期英語教育を実践している家庭にとって、耳が
 痛いというか、考えさせられる現実が娘の学校で強制受験させ
 られる英検の結果だ。

 中学生になるまでは、小学校英語以外何もやっていなかった子
 が、たった一年で3級にほぼみんな合格していく。

 娘の友人は、今回準2級一次に合格した。もちろんぎりぎりだっ
 たらしいが、受かったらぎりぎりでも合格は合格だ。

 まだ二次があるので、これはちょっと難しいかもしれないが、
 それでも中学1年で準2に合格したら立派なものだ。

 学校授業だけで本当に娘の学校からは大量に英検合格者が出る。
 うかうかしていたら抜かれるのは時間の問題だなと思う。

 まあうちの場合、先生もわかっているので、何も言ってこない
 けれど、そろそろ準1に合格しておかないとやばいかも・・・・

 娘は危機感もそれほどなく、

「すごいね。そのうち抜かれそうやわ。」と友達を褒めて、何も
 感じていない様子。
 まあこれがうちの娘のよいところと言えばそうなんだけど、少
 しは競争意識とかないのかな?

 もっとも準2級と2級の間に大きな壁があるので、そう簡単に
 合格はしないけれど、中3で結構な数が2級に合格するのが娘
 の学校なので、まじですごいなあと思う。

 みんなの頭がというより、それをやってしまう学校の頑張りに
 驚く。こういうことがあると、一年でできることを幼少期に
 何年もかけて英検を受けさせることの意味が限りなくなくなっ
 ていく。もちろん英検は級を競うものではないし、本当の目的
 は、英語へのモチベーションを高め、自分の頑張ってきた英語
 の力がどれぐらいあるのかを見るためのものだから、幼児が
 受けても全然問題はないのだけれど、そのために親が問題集を
 させてテスト対策して叱ったりすることが起きるのだとしたら
 それは本末転倒で、本来なら座って受験することすら難しい
 年齢なのに、じっとさせることを強制するような受験があった
 としたら、相当ストレスを与えているなあと感じる。
 
 だから私は小学生になってからでいいといつも思っている。
 せめて自分で名前が書けて、指示通りマークできて住所とか
 受験会場名が一人で書けるようになるまでは無理しなくても
 全然問題ないと思う。

 追いつくのはたやすいから、焦る必要は本当にないなあと日々
 感じることが多い。うちの娘の漢検も小学生の間に2級なんて
 大それたことを考えると、全く無理~という感じだが、今なら
 娘のような全然漢字が得意でない子でさえ3級ぐらい受けられ
 るのだ。

 数検もしかり。何もしなくても学校の勉強で中1で3級合格は
 全然難しくはない。中2にもなれば準2合格者がたくさん出る
 だろう。学校で色々やってくれるので、私立に行った甲斐が
 あったというもの。

 私立でも緩い所も厳しいところも色々あるので、一概には
 言えないが、面倒をきちっとみてくれる学校に入れると、う
 ちみたいにサボる子には都合がいいのだ。

 先取りはいいことも山ほどあるが、最終的に大学受験を見てい
 ると、公立からでも賢い子は賢いし、先取りの偏差値が高かっ
 た学校の子がどうしてそんなことになっている?ということ
 もあるし、本当に人生はわからない。

 電車で聞いたとある高偏差値男子校の生徒の会話が印象的だ。
 本来なら東大や京大にいけそうな頭の彼らがいわゆる私立の
 最難関に入るのも下手すると難しいかもという状態になってい
 るらしい。で、そんなことになるのなら、中学でその大学の
 付属に入っていればよかったよなという会話で、中学受験時に
 入っていれば偏差値がずっと下で余裕で入れたのに、大学で
 入れないかもしれないなんていう現実・・・・・

 こういう例もあるわけで、英語の先取りとつい重ねて考えて
 しまった。もちろん英語の場合、ちょっと勉強とは違う面も
 あるので、机上の勉強で習得した英検が幼児と同じだとは
 乱暴すぎて言えないとは思う。

 話せない高得点TOEIC受験者とか、そういうこともあるし、
 幼児期の英語こそ逆にやっていてよかったと言える面もある
 ので、やっぱりバランスなんだなと思う。

 幼児にしかできない感覚を親子で楽しみ、英語への抵抗がない
 うちにセンスを身につけさす。そして大人になってから学問と
 しての英語も習得し、感覚だけできた英語を名実共に自分の
 得意科目へと昇格させる。これがうちでは理想なんだけれど、
 結構これが難しいのだ。

 


 サタデースクールに行かせて娘に自覚して
 もらうしかないかなと結局考えはいつも
 そこにたどり着いてしまう・・・・
 お金はないし・・・・う~ん、宝くじの一等
 当選金が大幅に値上げされるらしいけれど、
 そんなことせんでいいから、当選本数増やして
 ほしいと切望するまめっちママに応援よろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育 

 
関連記事
* Category : 中学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by マリー
私の言い現したかった事を全て代弁して頂いたコメントでした。
特に
「幼児にしかできない感覚を親子で楽しみ、英語への抵抗がない
 うちにセンスを身につけさす。そして大人になってから学問と
 しての英語も習得し、感覚だけできた英語を名実共に自分の
 得意科目へと昇格させる。」・・・のくだりは、
私が日々思い描く英語子育てと一緒、
理想と現実は程遠い毎日です。

マリー様へ * by まめっちママ
そうですね。理想と現実はなかなか一致しませんね。(笑)
うちも英語感覚が身に付いたから、今度は机上の勉強で頑張り
大人としての学問的英語をプラスしていこうと思ってたんですが
なまじ英語の感覚があるため、かったるい文法を一から学ぶのが
ものすごく苦手になってます。
それじゃだめなんだよと言いたいのに、わかるからと言って
細かい勉強をサボろうとする傾向が見られて困ってます。
本当難しいですね。子供の教育って・・・

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。