オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-02-08 (Wed)
 英語育児まずはここから第65回

 実は娘は、いつもこのブログでは楽天的で、何も気にせず進むお
 気楽タイプとして登場しているが、実際、確かにそういう部分が
 ほとんどで偽りはどこにもないのだけれど、そんな部分ばかりで
 もなく、こだわりがあると先に進めないという別の顔も持ってい
 る。そんなところどこにあるのか?と思われるかもしれないが、
 例えば、数学などをやっているとそれが顕著に表れてくる。

 公式を素直に覚えてそれに当てはめて解くだけの問題を、いつま
 でも考えていたり悩んでいることがたまにある。
 決して理解できないとか馬鹿なのかというとちょっと違っていて
 なぜそうなるのかを納得しないと先に進めないようだ。

 不思議だと思うと、とことんこだわり、とにかく覚えてやればい
 い的な方法では、決してやってはくれない。

 そういうところを併せ持っているので、自分が必要と思わない事
 にはやる気も示さず努力もできないということになるらしい。
 
 つまりなまじ自我が強すぎて、自分の基準に合わないことには
 たとえそれがどんなに有益なことであっても、受け付けないと
 いう面倒な性格なのだ。

 最近いつも思うのは、一番伸びるタイプは素直なこと。
 指導者の言うことを素直に受け入れて実践できるタイプだという
 こと。こう言うと、何か人の言う通りに動くだけじゃつまらない
 と感じるかもしれないが、その道のプロが長年経験で得たノウハ
 ウをそのまま受け入れて努力できる子は、いいなりとかそういう
 マイナスイメージではなく、実は一番何をやっても伸びていく物
 で、時には愚直すぎると感じても、それが後に大きく開花する例
 がいくらでもある。

 いや、実際は才能の部分がほとんどだよと内心思う人もいるだろ
 うけれど、確かに一部そういうこともないとは言えないけれど、
 そんな一握りの特別な例と比べても仕方ないのであって、大多数
 の一般の子供がどうやって伸びていくのかを考えるのが親として
 正しい道だと思う。

 たまに奇跡的に5歳で英検2級だとか、そういう子が存在するが
 そんな例を一般的だと勘違いするから、英語育児熱も行きすぎた
 り、投げやりになったり、途中であきらめたり、あるいは自分の
 子供をふがいないと感じてしまったりするのだ。

 成長の一般的な壁を無視した本当に特殊な例なのであって、真似
 してできることではないのだから、自分の子供は自分にあった
 方法でしか伸びないのだということに気付いて、取り入れられそ
 うな部分だけ借りて、後は日々自分が観察してこれが一番喜ぶ
 なあと思えるような方法を積極的に取り入れていけばいいだけだ。

 それはある子供にとっては、大好きな絵本読みの場合もあるし、
 ある子にはごっこ遊びであったり・・・・またある子はお話
 好きだからスカイプでおしゃべりするとか・・・・
 それぞれみんな違っているけれど、一番いきいきする方々を
 上手くメインにすえて進めていけば、自ずといつかは道は開けて
 いくのだと思う。

 気の長い話になるので、先がなかなか見えず、いらいらしたりす
 ることも多いとは思うが、子供はすぐに成長するのは本当で、
 うちもすでに今度中2になるのだから、え?このブログが始まっ
 た頃は確か小学2年生じゃなかった?って思うぐらい本当にすぐ
 に年月なんて過ぎてしまう。

 その割に全然進んでませんねという感じで、申し訳ないのだけ
 れど、受験して一回り大きくなった娘の姿は随所に現れていると
 思う。(態度もでかくなった・・・・
 英語はゆっくりとしか進んでいないので、大きな成果がないけれ
 ど、その間に漢検や数検、日本語検定なども進んだし、何より
 受験という大きな試練を乗り越えたことは、何にも変えられない
 経験だったと思えるので、バランスを追求するという当初からの
 趣旨と相反することはないと自負している。

 今年は英検準1級を本気でチャレンジしようと思っている。
 問題を解いてみても、まだ5点ぐらい正直足りないのだけれど、
 受験のブランクが大きい割に英語力はそれほど落ちていないなと
 ちょっと安心する範囲にとどまっている。

 うちは天才でもないし、勝手に英語ばかり伸びてくれるような
 都合のいい子でもない。親自身の英語も今一つだし、教えること
 など何もなくて、してやれることは少ない。
 せいぜい教材のお金を出してやることや、有益なサイトなどを探
 して提供したり、かけ流し音源を作ることぐらいで、後は娘の
 やる気と本人が一番好きな方法でしか伸びないと思う。

 だから生真面目に取り組んでくれる疑問をあまり持たずにいて
 くれる子の方がこういう場合は、有り難かったりする。
 毎日決めたことをちゃんとやれるということがどれだけ貴重か。
 一日何ページの英語ワークブックをこなし、洋書を毎日何冊読む
 なんていう理想的な方法で進めるのも、素直さゆえだなと思う。

 残念ながらうちはそうではなかったので、別の方法でやっていく
 しかないけれど、男の子は小学生の間までは素直な場合が多いの
 で、上手にのせて反抗期が来る前にある程度まで基礎を作って
 やることが大事かなと思う。

 早期教育は決して今でも全部賛成とは言えないけれど、勉強した
 りするための基礎作りを親子で楽しむためなら、それが英語であ
 っても、とても意味があると思える。

 目的を間違えず、成果の先取りでは決してないのだということ
 さえわかっていれば、ある程度の早期教育はとても有利に働く
 こともまた事実なのだから。



 
 最近容姿が気になる年頃の娘は
 爪楊枝で目の上の脂肪を取り除くために
 日々マッサージ?に励んでいるのだけれど
 その努力英語にも向けてくれないかなと
 思う。こんな気持ちわかるよという方は
 励ましてポチっと応援クリックしてやって
 ください。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by マリー
『やる気と本人が一番好きな方法でしか伸びないと思う。』に同感です。

習得率やスピードだけで考えると、
素直に効果的に物事を習得する方が、
効果もすぐに現れると思うのですが、
娘は打てば響くタイプではなく、

たくさん観て、聞いて、読んで、話す、
楽しめる事が第一で英語力を
積み上げてきました。

親の目からすると時間が勿体ない
と思ってしまいますが、
本人のやる気と一番好きな方法が
何よりなのだと思います。

以前、教えて頂いた単語サイト
娘よろこんで取り組んでいます。
特にクロスワードがお気に入りです。
ありがとうございました!

マリー様へ * by まめっちママ
うちも打っても響かないタイプです(笑)
最近はもう親の言う通りになんか全然ならないです。
でも、自分が自覚することでしか何事も伸びないの
は本当ですよね。だから環境を整えたり、色々な
選択肢を示してやることしかできません。
サイト情報がお役に立ててよかったです。
できるだけ子供が楽しめるものを探していますが
充実したものは有料系が多くて、英語サイトの
有料のものって、よほど有名どころでないと
ちょっと手を出しにくいのも事実ですよね。
また色々役立つものを見つけたら紹介しますね。

* by tibitama
分かる気がします!
納得してからでないと出来ないってわかります
でもなんか突然繋がったように分かったり
不思議な時があります

似てるかな?娘さんとv-10

tibitama様へ * by まめっちママ
納得しないとできない人って意外といるのですね。
そうなんです。娘も突然つながってああそうなのね
となって、そこからはどんどん吸収して忘れないん
ですが、そこまでくるのに時間がかかるみたいです。
人それぞれで面白いですよね。
だから成果が早くでる子も遅い子もいるし、成長の
仕方はみんな違うってことを頭にいれておけば、あ
きらめずに頑張れるのかなって思います。

度々(^^ゞ * by masyaまま
>最近いつも思うのは、一番伸びるタイプは素直なこと。
 指導者の言うことを素直に受け入れて実践できるタイプだという
 こと。

これ、うちも痛感してます。
うちは、スイミンをやってるんですが、お休み勝ちで息子の半分くらいしか練習にこない子でも、上記のタイプの子は息子よりも覚えも上達も早いです。ガンガン抜かれて行きます。

息子はというと........
全然コーチの言う事を聞かずに我流で泳いでるので、上達は遅いです。(その分楽しいみたいですが(-_-;))

一時が万事こんな子なんで、傍で見ていて切ない(涙)

ある日、突然繋がるというところも同じです。

コーチもそこらへんはわかってくれているみたいで
(子供のパターンを見分けてるみたいです)
息子に関しては、「スイッチ(が入るのを)待ち」だそうです。

何事も、とにかく、地道な積み重ねが大切と思っているので
効率が良かろうが悪かろうが、英語もスイミングもとりあえず
細くとも地道に続けて子供の様子を見て行こうと思ってます。

masyaまま様へ * by まめっちママ
素直に聞ける子ってうらやましいですよね。
うちは親の言うことはあまり素直に聞かないで、先生が言うと
聞くタイプかな?先生でもとても信頼している人に限るんですけ
ど、頑固で納得しないと絶対に進めないんですよ。
突然つながるまでが長くて、気長に待っているしかないわけです
が、たまに泣けてくることもありますよ。
本当にこういうタイプの子は、扱いが難しいですね。
でも、どんな子でも必ず伸びる可能性はあるし、それがどういう
ことでスイッチが入るのかわからないのですが、信じて続けて
いくしかないのだなとも思ってます。
お互い、地味に気長にいきましょうね。(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。