オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-01-06 (Fri)
 英語育児まずはここから第63回

 なんだかんだと言いながらどうにか4年生まで持ちこたえた英語
 を5年生の夏休みで打ち切りにしないといけなくなった。

 夏前までは、帰国子女の男の子といっしょにやっていた英語の
 クラスが娘一人残った状態で存続していたのだが、本来グループ
 レッスンであったはずの授業が男の子が受験のため休学している
 うちに娘一人の期間が長くなりすぎ、やんわりと他のクラスに
 移動してもらえるか、あるいはマンツーマンにしてもらえるかと
 いうことを打診された。

 当然と言えば当然で、娘一人のために今までクラスを存続させて
 くれたスクールに感謝あるのみだった。

 娘の相手の男の子はアメリカ在住3年で、現地校に通っていた。
 英検は準2級を取得しており、会話に不自由はない。相手として
 は申し分なくて、ママとも仲良しだったので、ずっと一緒に英語
 を勉強していきたかった。でも、娘より2年上だったので、先に
 受験に突入してしまい、娘は一人残されることになった。
 そうして一年が過ぎた頃、マンツーマンのクラスに移行し、何と
 か頑張ってきた娘もついに5年生の夏を前にして、英会話のクラ
 スを続けていくことができなくなった。

 受験で一番大変なのは5年生かもしれない。ここですべての単元
 を終わらせ、6年生は復習と社会科などの最後の暗記科目に
 力をかける時期になり、過去問演習などをやっていくことになる
 ので、5年生で重要単元をしっかり理解しないといけないことに
 なり、さすがの娘も英語をやる暇がなくなった。難しい単元を
 理解して定着させるのに精一杯で、英語はかけ流し以外は何一つ
 やる暇がなくなった。

 もし塾に通わず、受験もしていなかったら、もっと英語は先に
 進んでいたとは思うが、両方をやるというのは想像以上に大変
 なことで、ほとんどの受験生が英語を一旦中断しているのも今
 ならよくわかる。なんとか最後までと思っていたが、そんなに
 甘くないのが中学受験だった。

 どこでもいいのなら、これほど苦労はしなかったと思うが、納得
 できる学校に行くためには、入試は一回きりしかないし、ここで
 頑張らないといつ頑張るのだということで、優先順位が英語より
 上がるのは仕方無い。
 英語はいつでもこの先できる訳だから、うちではこの選択しか
 なかったのだと思う。

 娘はたまに小学校の間にもっと先まで進んでおけばよかったかな
 と言うこともあるが、現に今も学校英語で様々な問題に直面して
 英検などとは関係ないところで微妙に苦労している。

 だから進んでいたとしても、それと学問としての英語はまた別
 だと思うので、今後は学校の友達や他の学校の生徒達がすべて
 ライバルとなり、英語も含めた総合的な知性で勝負していかな
 いといけない状況が続くことにかわりはない。

 我が家の英語育児は大きな局面を迎えているが、終わりはまだ
 見えてこない。
 結論が出るのはずっと先のことで、果たして早期英語教育が本当
 によかったのかは、今はまだ私にはわからない。

 でも、細々とでも進化はしている。
 前までは聞いてもよくわからない大統領演説なども、今なら
 聞いてよくわかるようになっている。内容が理解できる年齢に
 なったということだ。

 かけ流しにオバマ大統領の所信表明演説を久しぶりにかけてみ
 たが、受験の後だと色々なことがわかっていて、経済のことや
 政治のことを理解して聞くのとでは随分違うものだと感じた。

 もっとも娘は話し方がどうだとか、力が入りすぎだとか、くさい
 台詞を言ってるとか、ちょっとどうでもいいような部分につっこ
 みを入れて茶化してばかりだけれど、そんな風に聞けるようにな
 ったということが年齢的に丁度良くなった証拠だと思う。

 英語育児まずはここからシリーズも大詰めを迎えている。
 この先書くことがあるとしたら、中学生としての英語と幼児の
 英語がどうリンクされていくのかと言う点になるだろう。

 随時その話は今後も書いていくつもりだ。
 



 
 風邪薬ベンザブロックを便座ブロックと勘違い
 していた娘は、トイレ関係つまり便秘薬
 かなと勝手に妄想していたことが判明!
 今年もお馬鹿炸裂の娘に応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育 
                                                                                      
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

やはりそうですか! * by リコ
まめっちさん明けましておめでとうございます♪息子も今月で7才、4月で二年生です(^^;)英語育児については先を見通していたので1年生までのビジョンは思い描いたとおり?でしたが、具体的な将来のことはあまり考えずあっというまにここまできたように思います(^^;) 息子もまめっちさんのお子さんと同じ状況にすでにたっております~英会話スクールではグループレッスンとして帰国子女の子と2人でうけていますが、その子が春には辞めてしまう予定なんです。その後はグループレッスンとして1人で続けてよいと言われているものの、長くそれが続けられるとも思えず、オンライン英会話なんていう文字も無視できずにいます(^^;) いずれは受験するであろう息子にとっても受験勉強が始まる前までには英語で様々な読み物やニュースを読みたい、読めるようにしてあげたいのと 英語耳はなくならないようにリスニング力は維持していきたいと色々と思いはありますが・・・
まめっちさんの幼児からの英語教育と中学生のバイリンガル教育の結びつきを鋭い視点でリポートされていくことを楽しみにしています♪私のブログは日々の英語子育てを綴るものですが、ずっと続けていきたいものです♪

* by hama
受験時期を迎えると難しいですね。
娘さんはまだインターに通っていらしたので幼児期の蓄積はかなりあるのではと思います。
なかなか娘さん同様にすすむのは難しいですね。

年末年始にハワイに行っていましたが、息子の英語力に愕然としました。。。
時間とお金が無駄にならないようにがんばります。

リコ様へ * by まめっちママ
あけましておめでとうございます。
レッスン相手を探すのって難しいですよね。やっと
見つけてもずっと一緒にはできないのがまた悲しい。
どちらかが受験になったり、年齢的に離れていたり
色々な要因があって最後までという訳にはいかない
んですよね。うちも相手がいなくて本当に困りました
やっと見つけても曜日が合わなかったり、途中でいなく
なったり、4年生まではなんとかなりましたが、遂に5年
生でどうにもならなくなりました。
幼児期の貯金でなんとかやってきましたが、それで
も離れて久しいと英語力の低下が心配でしたね。
幸いにも英語を忘れることはなく、年齢が上がるほど
理解力がついてきて、まぐれで合格した2級の英語が
今ならちゃんとそれ相応の実力になっているのでは
ないかと思います。準1級レベルもそこそこできてい
るようです。何もしてこなかった割には、英語も
衰えず、目覚ましい進歩こそないものの、レベルは
アップしていたので、ほっとしました。だからやめさえ
しなければ、道は開けるのだと思います。

hama様へ * by まめっちママ
幼児期の貯金でやっていけるのも、2年生ぐらい
までですね。その後は自力で努力しないと、なかなか
英語の力は伸びないみたいです。
忘れないように維持するのが精一杯で、それ以上に
というのはかなり難しいですね。
ハワイに行ってこられたとのこと。
うらやましい~。娘もいざと言う時に役立つタイプ
か、それとも無口になってしまうのか・・・
そういうレポートもしてみたいです。















































































コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。