オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-11-20 (Sun)
 英語育児まずはここから第59回

 幼児期から英語をやってきて、すでに絵本が読めるレベルに到達
 した子供でも、小学生になって周りの環境が日本語の勉強になり
 国語力を伸ばすために日本語重視になってきた場合、絵本の次の
 レベルでいきなり洋書のペーパーバックというのも飛躍しすぎで
 読めるものが少ないなあと感じることがある。

 理想はハリーポッターなんかが読めるようになればいいなあと
 いう感じだが、もっと易しくて小学生でも興味を持って読める
 もので英語が学べるもの・・・・・それは何かと考えた時、行き
 つくのは、バイリンガルバージョンのコミックスになる。

 漫画は御法度という家庭では、ちょっとどうかなと思われるかも
 しれないが、単なる漫画と思うから役立たない気がするだけで
 バイリンガルバージョンの漫画なら基本は吹き出しが英語で書か
 れていて、横に小さく日本語の台詞も載せているというものなの
 で、英語の作文の勉強をするには実にこれは便利がいい。

 実際娘も英会話スクールで「ドラえもん」の漫画の吹き出しを
 白塗りして台詞を英語で入れる宿題をやっていたので、これは
 楽しくできて苦痛を感じない英作練習だと言える。

 中には日本語ばかり読んで英語の方は見てないなんて子もいる
 かもしれないが、もし親に一手間かける時間があれば、先に
 コピーして台詞を抜いておいて、日本語を見ながら英語を入れ
 るのを毎日の課題として一日一枚ぐらいをワークブック感覚で
 やれば、日々英語に触れ続けることは可能だ。

 答えは親が原本で確かめればいいだけなので、間違って教えた
 なんていう心配もない。ただ、違った表現を書いていた場合、
 それでもいいのかどうかを判断するのが英語力のない親には
 難しいので、そこが今後の課題かなとは思う。

 ただ、もしそういう場合でも、その英文を添削してくれる人
 つまり英会話スクールなどの存在があれば、そこに持っていき
 ある程度直してもらえる可能性はある。

 なんとかする手段はいくらでもあるので、まずは毎日のワーク
 を興味のあるものにして継続させるということが大事かと思う。
 
 正攻法でネイティブの使うワークブックを地味にやるのも手だ
 が、興味のないものはなかなか身に付かないし、小学生で英語
 を始めた子供にとって、ネイティブの使うものは正直使いづら
 いだろうと思う。それに日本語も伸ばしていきたいのなら、
 日本語が書かれていて両方学べるものなら、なおいいのでは
 ないか?

 DVDでも日本語音声を先に聞いて英語を後で聞くことで、理解
 も深まるので、それと同じだと思えばいい。

 英語は英語でということにこだわりすぎるために、わからない
 ものを無理に英語で学び続ける事になるのは効率があまりにも
 悪い。特に小学生から始めた子供にはそれは無理のある方法
 なので、ここは理解できる言語の力を借りて、幼児の時には
 できなかったスピードで勝負ということで、同じやり方にこだ
 わらず、小学生は小学生なりの方法で、中学生もしかり。

 中学生なら尚更、バイリンガルバージョンのコミックスは
 はまるものが多いのではないか?

 「のだめカンタービレ」とか・・・・

 

 読んでも全く悪くないものが幾つも出ているので、これらを
 勉強に使うのも一つの手だなとは思う。

 ただしリスニングの訓練にはならないので、それは別にやらない
 といけないが、音声CDがついた教材はいくらでもあるし、ネット
 でもたくさん集めることができる。

 テレビでも子供向けの映画などの二カ国語放送を聞くことなどで
 リスニングの訓練は昔より格段にできるようになった。
 学校でも小学校から週一で英語の時間が必修化されて、耳は鍛え
 ればなんとかこれからの時代はなるだろう。
 それよりも、英語嫌いにならないように実際に使える英語として
 こういう風に習った英語が活きてくるのだということを学ぶこと
 が大事で、そう考えると、漫画の台詞などは結構現実に使えそう
 なシーンが多いので、楽しんで勉強できるのではないだろうか。
 
 


 最近、娘がボーカロイドの歌ばかり聴きたがるので
 英語を聞かせるのが困難になってきたことに悩む
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育 
 
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

参考にしたいと思います! * by マリー
いつも音読はORTとキクタンリーディングを使用しています。
英語版のコミックスという発想が今までなかったので、
試してみたいと思います!
読むのはそこそこ出来るようになってきましたが、
書く事は停滞しているので『吹き出しに英文を入れる。』
アクティビティは目からうろこです。
いろいろ工夫しなければいけないなと反省しました。

マリー様へ * by まめっちママ
コミックスはどうしても漫画だからと敬遠する人もいるのですが
結構役立ちます。うちではもっぱら日本のアニメのDVDが教材に
なってます。音があることで娘は覚えるタイプなので、文字より
音重視になってます。でも、それが原因でスペルが苦手で・・・
どうしても間違えるんですよね。
書くことをもっとやらないといけないのに、やりたがらないです。
色々やり方も方法もすごいサイトも山ほどあるのに、娘が使う
気がないというのが一番の悩みなんですよ。
だからこうして人に紹介してばかり。(爆)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。