オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2011-11-18 (Fri)
 英語育児まずはここから第58回
 (いきなり58回から始まる・・・さっぱりわからんやん

 あまりにも久しぶりに書くシリーズなので、58回となっている
 が、今までこのシリーズを読んだことがない方には申し訳ないけ
 れど、カテゴリーの「英語育児まずはここから」という項目を第
 一回から是非一読してみて下さい。どこから読んでも実は、一回
 完結の話が多いので、それなりに読めるとは思う。
 まずはここからシリーズ第一回はここからどうぞ。

 受験やら中学に入ってからの英語への戸惑いなどがあり、この
 シリーズも途中で止まっていたが、再開するにあたって、今回
 は、スタート年齢による英語の取り組み方とその効果についての
 検証をしてみようと思う。

 我が家のようにスタートが幼少期だった場合と小学生からあるい
 は中学生からとでは、そのアプローチは大きく異なる。

 幼少期の場合は、ネイティブと同じような感覚で、生活英語を
 身につけ、耳から聞く事で英語を習得していったので、文字は
 その後から学んで絵本読みから始まり、少し長い洋書へと移行
 していった。これは日本人の子供が普通に親から日常語を耳か
 ら聞いて学び、小学生ぐらいで漢字や語彙を増やしていった過
 程とほぼ同じだ。

 本来ならこれが理想なのだけれど、残念なことに幼児英語の範囲
 は何とかなっても、その後は日本人の親がネイティブの親と同じ
 ことをしてやれなくなるので、せいぜい小学生の範囲までぐらい
 しか子供の英語を伸ばすことはできない。

 親がよほど英語に堪能なら話は別だが、ほとんどの日本人家庭で
 それは非現実的な取り組みだと言える。
 だからアドバンテージはここまでしか通用しない。

 幼少期からスタートすることが必ずしもいいことばかりではない
 というのもこの辺りにある。なまじ英語がわかるので、文法を
 きちっと学んだり、日本語の感覚を持てないままなんとなく
 英語でわかるという状態になってしまうので、大人英語への移行
 の段階で戸惑うことになるからだ。うちの娘などは、まさに今
 それを体験中で、今後の努力次第でここまでなのか、それ以上の
 両言語を自由に操る達人になるのか分かれていくと思う。

 では、小学生から始めた場合はどうか?
 これは結構バランスがいい。日本語がベースで理解力もある程度
 ついた段階で英語を始めるので、理解が幼児の時より格段にいい。
 その上で、リスニングもまだ小学生なら遅くなく、幼児期ほどで
 はないが、まだ英語耳を作るのに遅すぎる年齢ではない。
 それは友人の子供が小学生からスタートして3年目ぐらいで
 英語がかなりわかるようになり、4年生ぐらいで英検3級レベルに
 苦労なく到達したことからもわかる。

 中学入学前までにある程度の基礎を固めることができるという
 意味で、非常にスムーズな流れと言えるのではないか。
 ワークブックなども幼児ならなかなか進められないのに、小学生
 ならちゃんと理解しながら進んでいくことができる。幼少期には
 何年もかかってやっとできる絵本読みも小学生なら比較的早く
 読めるようになるので、よく考えたら小学生の低学年スタートが
 一番英語習得にはいいかもしれない。

 最後に中学生になって初めて英語を学ぶ場合。
 これの一番のメリットは、とにかく理屈ですっとわかってしまう
 ので、半年頑張ればあっという間に英検3級レベルぐらいに到達
 できる子がたくさんでてくるということ。
 こんなに早くできるのなら、幼児期に無理して受けさせなくても
 よかったと思えるぐらい、スムーズに自分で勉強して合格できる。

 ただ、ネックはやはりリスニングだ。
 毎日英語を好きで聞く子はいいのだが、机上の勉強で英検などを
 理屈で進めていくタイプには、ここが苦しいかもしれない。
 3級までは大した内容ではないし、聞かれることもパターン化し
 ているので、練習次第でなんとかなるが、準2級以上になると、
 内容が込み入ってくるので、苦しい状態になることもあり、耳を
 鍛える努力が幼少期の何倍も必要になってくる。
 それが他の勉強もあるので、なかなか英語だけ頑張るという訳に
 もいかず、リスニングの壁を越えることが結構難しい。

 私立中学でよかったのは、英語の授業の多さと授業内容が英語で
 されるようになったこと、英会話の時間にネイティブが英語のみ
 で授業をしてくれることで、英語を日常に聞く機会が増えたこと
 は、このリスニングの壁を越えやすくしてくれるいい環境だと言
 える。

 公立でも家庭内で親がしっかり英語環境を作ってやれば、リスニ
 ングはいくらでも今は二カ国語放送やDVDなどの英語教材がそろ
 っているので、やろうと思えばそれは可能なのだけれど、親の
 情報力と子供のやる気が重要なポイントになってくるかと思う。

 どちらにしても中学生は頭脳では一番理解が早くワーク系を進め
 るのは楽だが、耳を鍛えることだけはかなり頑張らないといけな
 いので、そこをどれだけ上手くNHKのラジオ講座などを利用でき
 るかということで、幼少期からやってきた子供と変わらない英語
 力いやそれ以上に優れた大人の英語を習得できる可能性を秘めて
 いる。

 こう考えると、何歳から始めてもそれなりにメリットとデメリッ
 トはあるもので、自分の家は遅すぎると思っている方は、その
 時点で自分で可能性の幅を狭くしているのだということを認識
 してほしい。スタートして継続し続けられるかどうか、それだ
 けが上達のカギを握っている。


 

 次は小学生になっても英語を続けていくこつ
 と中学生で初めて英語をやる子供にいかに
 英語の耳を作る練習をしていくかについて
 書こうかな・・・・・
 (突然内容は変わるので、あてにしないでください)
 応援クリックでやる気が出て記事が早く出る
 可能性があります
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育 
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

すごいな… * by おこじょ
初めまして、大阪で英語育児をやってます、おこじょと言います。

現在英語育児4年目。アリス8歳とマロン4歳の子育て真っ最中です。

まめっちさんのHP、読ませていただきました・・・。一言、すごいです。とにかく、すごいですね・・・。

プリスクールや七田、絶対音感(これはまだやってますが)、小学校は公立で帰国クラスといった共通点が我が家と多くて驚いてます。小学校を決める際にこちらのサイトをしっていたらどれだけ心強かっただろうと思います。

まめっちママさんは先の先を歩いてらっしゃる大先輩です。ご迷惑でなければこれからお付き合いして頂けたら嬉しいです。

遅ればせながら最近、ブログを始めました。自分が体験したことや得てきた情報を他のお母さんたちと共有できたら、と思っています。


よろしくお願いいたします。

No title * by mom
いつも、参考にさせて頂いてます。

うちの娘がおうちで英語を始めたのは小4からです。
当初はもっと早く始めれば良かった~と思っていましたが、今となっては、案外小学生からでも良かったのかも、と思っています。

継続力のない親なので、幼児からやっていても、きっと続いてなかっただろうな、と思います。
娘が自分からやりたいと言って自分でやってくれる年齢になってから始めたからこそ継続できているのかな、と思うんです。

でも、発音は小さい頃から始めた子の方が断然にいいな、と思います。
これも練習で何とか少しは上達していくといいのですが…。

おこじょ様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
うちのようなパターンの子供はこれから増えてくると思うんです。
だからちょっとでも娘の経験が役に立てばいいなという気持ちで
手探り状態ですが、なんとか英語を続けています。
うちが失敗だったなということやこれはいいなあと思うことなどが
後に続く人達の参考になっているのなら、このブログもホームページ
も書いていてよかったなと思えます。
ホームページのほうはちょっと更新が止まってますが、そのうち
最新の中学英語の状況もまとめてアップしていこうと思います。
パソコンがマックになったため、ホームページビルダーが使いづらく
それが更新を滞らせてしまう原因なんですが、まだ読んで下さる方が
いるということで、頑張って再開しようと思います。
ありがとうございます。
これからもこちらこそよろしくおつきあいください。
ブログの方見てきましたよ。
絶対音感頑張っておられるのですよね。あれはやった人でないと
どれだけ難しいかわかりませんよね。一日にきちんと回数をこなさないと
いけないし、子供ってそんな計画通り動かないじゃないですか?
だからとっても予定通り進めるのが困難なんですよね。
わかりますよ。その苦労。うちも通った道ですし(笑)

そういうのも含めて英語の悩みなどもお互い話せたらいいですね。
ブログへのコメントはアメーバー会員じゃないとできなかったので、
またあらためて私が会員になったらしますね。ごめんなさい。

管理人のみ閲覧できます * by -

初めてまして♪ * by リコ
はじめまして♪息子小学校一年生をもつリコと申します♪
私も英語で息子を子育てしてはや6年!息子は自然とゆっくりですが英語を吸収してきました♪
こちらのブログは親子英語ランキングが近かったので、たまに拝見していましたが今回の記事で、更にすごい研究熱心におこさんと楽しく学ばれていると感動したため、思わずコメントしました♪私がブログを本格的に再開したのはつい今年の9月ですが、毎日息子の英語のことを中心に書いています♪
もしよければ、これからもアドバイス頂いたりできたら嬉しいです(^o^)

ありがとうございます! * by おこじょ
まめっちママさんへ

お返事、ありがとうございます。

お返事頂いただけでも嬉しいのに、まして私のつたな~いブログを見て頂いたなんて…恥ずかしいけれど嬉しいです。

英語育児って幼稚園の年代の子供は多いけれど、いろんな事情でどんどん減っていきますよね。上になればなるほど。(まるでピラミッドみたい(T_T))まめっちママさんのように中学校まで続けている方って本当に少ないんじゃないでしょうか?だからまめっちママさんの体験談はすごく貴重だと思います。ほんとに感謝して読ませて頂いてます。

アリスも2年生の時に英検2級まで取れたものの、ここから先が勝負と思っています。と、同時にマロン(すみません、上で4歳と書いてましたが、6歳でした(^_^;))も伸ばしてあげたいので、おまけに絶対音感も…。親って欲張りですね。

まだまめっちママさんの書かれた記事を全部読破できていないので、これからたくさん読ませて頂きますね。

こんな素敵なサイトに巡り合えて幸せです♪

mom様へ * by まめっちママ
小学生から初めて頑張っている方のブログは結構貴重だと思います。
うちみたいに未だに続けている人のブログも少ないのですが、
幼児の英語はそれなりに最近は情報が多いのですが、小学生になって
からはどうするかというのが少ないです。
そういう意味で私も含め、もっと小学生の英語を頑張っている方の
情報を知りたいですよね。小学生から始めたからこそよかったことなど
きっとあると思うんです。だからmomさんのブログもそういう意味で
とても重要な役割を果たしていると思いますよ。
これからも小学生ならではの取り組みを紹介してください。

リコ様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
私が親子英語のカテゴリーから引き揚げてしまって随分たつのですが
記事の更新情報だけはそちらにも残そうと思ったので、少しだけ
ポイントを残しています。大半が子供の教育カテゴリーに移ってます。
中学受験が入ったので、英語だけの記事ではなくなって勉強系も
多くなったので、カテゴリー変更しました。そのせいで新しい人には
なじみが薄くなってしまいまいましたが、こちらのカテゴリーで頑張って
書いているので、またコメントしてやってくださいね。
私の方はすっかりご無沙汰してしまって、親子英語から遠ざかって
いましたが、まだこうして読んで下さる方がいるのはうれしいです。
その時のお友達が今もブログに遊びに来て下さるので、
本当にここで長く書いて築いてきたネットワークが今も活きてるのだなと
思うと、ネットのつながりもいいもんだなと思います。
これを機会にまたこちらからもブログ見に行きますね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する