オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-25 (Tue)
 衝撃的な話をママ友から聞いた。
 英語教育に関しては色々言いたいことがあるが、小学校は公立だ
 ったので、公教育でできる限界のようなものも十分理解している
 し、無茶な事をしてほしいとはこちらも思ってはいない。だから
 幼稚園児でもやっているような英語の授業でも、毎週代わり映え
 がしない風景であっても、もっと言うならネイティブでなくても、
 それほど気にせず、今までは過ごしてきた。

 でも、今日聞いた話はそういうレベルを通り越して、お願いだか
 らやめてほしい、そんな英語ならいらないという内容だった。

 小学校では地域の差はあると思うが、あまり読み書きは教えない。
 どちらかというとコミュニケーション重視の定型センテンスの
 練習といった感じで、まあそれはそれでたくさん練習すれば、
 定番の言い方は覚えるし、そういうシチュエーションに遭遇すれ
 ば、英語で話せたという自信もつくので、ベストではないけれど
 まあそんなもんだろうと納得してきた。

 ところが日本では英語の前に必ず通るローマ字というのがある。
 これが確か4年生ぐらいで習うはずで、このあたりから英語も
 始まるものだから、まずここで混乱が生じる。
 特にあの日本式というやつが問題で、この書き方を徹底的に
 教え込まれると、のちに英語の綴りが書けなくなる子が続出する。

 もちろん慣れればそれでもなんとかなるが、中学に入って本当の
 綴りが出てきた時、今までの日本語読みを英語にしたローマ字の
 綴りとは全く違うことに多くの子供達は愕然とする。

 ここでそういうものなんだと割り切ってすんなり受け入れられる
 子はいいが、なんで今までの英語とは違うの?と、余計な事を
 考える子は躓く。

 ある子は「apple」というスペルがどうしても納得いかず、なぜ
 ローマ字読みで今まで聞いていたのと違うのかと戸惑っている。
 その子にしてみれば、「apple」は「appuru」なのであって
 決して「apple」ではない。

 そうなんだと、聞いていた私はそれほど深刻には考えなかったが、
 娘はその逆バージョンで英単語の綴りが先に頭に入ってしまった
 ため、ローマ字が書けないという事態に陥った。
 でも、その方がまだましだと思えたのは、それ以上にもっとひっ
 くり返りそうな話をその後に聞いたからだ。

 小学校の英語の時間に誕生日カードを書きましょうというのが
 あったそうで、当然「Happy birthday」と書くのが普通だ。

 ところが子供が持って返ってきたカードにはこんな風に書かれ
 ていた。

 「HAPPI BASUDE」

 ご丁寧にAの上に伸ばす記号までついていたそうだ。
 これを見た私のママ友は子供が間違えたのだと思ったそうで、
 「これ間違ってるよ。直さないとね」と言ったところ

 「いいねん。先生はこれでいいと言ったし、
  みんなこう書いてるよ。」


 え~~~~~~!!!!!?????

 日本語読みのハッピーバースデーをローマ字書きしたということ
 のようで、これが総合学習の英語の時間に実際に行われていると
 いうのだ。

 まじですかと私も思った。こんな授業初めて聞いたので、本当に
 これはそのクラスだけが特殊なんじゃないかと思ったが、どうも
 どこもその地域はみなそうらしい。こんな英語なら書かなくてい
 いから、幼児と同じように本物の発音を聞いて真似するだけの
 方がまだましなんじゃないかとママ友は心底怒っていた。

 先生はこれに何の疑問も持たないのだろうか・・・?
 というか親達からクレームの一つもこなかったのだろうか?

 どうもそういう話はなかったらしく、一部の親達が、何かこれ
 変じゃない?こんな綴り教えられたら、おかしくなるし、これは
 通じる英語とはかけ離れたもので、世界の笑いものになると心配
 していたようだが、少数の声は届くはずもなく、今はどうなって
 いるのか知らないが、当時娘がまだ小学生だった頃、本当にあっ 
 た話だというから、びっくりした。
 
 そういう教え方をされた子供達が今中学一年生になっているが
 学校で英単語のスペルがやはり苦手らしい。
 どうも感覚が日本的になってしまって、ローマ字を書いてしまう
 そうだ。これでは英語を必修化すると言っても、不安が増幅する。
 いっそない方がいいとさえ思う。
 もちろんこれはかなり極端にひどい例だとは思うが、日本のどこ
 でも同じ教育水準でなければ義務教育の意味がない。
 あるところではこんなお粗末な英語で、あるところは外国人が
 実際に英語のレッスンをしている・・・・これほど地域差が
 あってもいいのだろうか?
 
 公教育のいい所は、皆が無償で受けられるということで、日本
 全国中学まではどこであってもカリキュラムにそって公立は先生
 の力量の差はあるにしても、同じことを習えるという、そこが
 日本の優れた教育システムではなかったのか・・・?
 
 いや、もう初耳でびっくりしてしまったが、文字を教えてはいけ
 ないという究極の形がこれですか?もっと柔軟に対応しても何ら
 問題ではないと思う。英語のコミュニケーション重視がこんな形
 で文字を極端に遠ざけ、意味のわからない日本でしか通用しない
 カタカナ英語を生み出しているとしたら、本末転倒も甚だしい。

 文部科学省のおえらいさん方、これをどう考えているのか見解を
 聞いてみたいものだと思う。


 

 

 記事的には面白いネタだと思うけれど、
 笑えない話だと思うまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
関連記事
* Category : 小学校英語
* Comment : (20) * Trackback : (0) |

ネタかと思うほど * by skywishes
信じられない話ですね!

小学校から英語をやるならフォニックスを始めて、ローマ字をやる前に簡単な英語が読めるところまで持って行ってほしいというのが理想ですよね。
なにゆえ小学校でローマ字をやるのか、考えてみるとよくわからないですね。

うちの子の小学校では、1学期に1回くらい?1年生から英語の授業があるようで、今週学校公開でとうとう英語の授業を見ることができます。

イギリス人の先生と担任の先生と2人で教えるようなのですが、先生同士は日本語で話しているらしい。

高学年の英語の授業も、どんなことをやってるのかちらりと見てきたいと思います。

一応ネイティブがいるのでBASUDEとかはないと思いますが、面白いネタ?がありましたら報告しますね…。

No title * by うめ★hiro
HAPPI BASUDE
びっくりというか驚愕です
ハッピー バースデー(デイ)(ディ)
カタカナで書いてください
ハッピー アップル ヨット
カタカナには「ちいさなッ」が多いですよね

あり得ません! * by Marinko
お久しぶりです。

さすがに驚きました!(@@)
そんなの絶対にダメです!!

おそらく稀なケースだとは思いますが(てか思いたい…)
先生の問題だと思います。
その先生はこれ以上教えないほうがいいですね。

うちの小学校の英語の授業を何度か見ましたが、ちゃんとフォニックスとかやっていたし、教科書(英語ノート?)にも英語のローマ字書き(?)などは乗ってませんでした。

「その地域」ということのようなので、その先生が複数校かけもちなのでしょうか?
どちらにしても教育委員会にクレームしたほうがよさそうですね。

おっしゃる通り「こんな英語ならいらない!」
激しく同意です!

あ~~~マジで今日の記事ビックリしました(^^;)


No title * by motoko
おはようございます。twitterでもフォローさせていただいてるmotokoと申します(フォロー返しありがとうございます♪)。

ローマ字と英語の綴りの違いは、確かに子供たちを混乱させますよね。
「ローマ字は外国語の中に日本語が混じるときに使う表記だ」ということを説明してから教えればまだマシかもしれないけれど、そんな説明を小学生の子どもたちが理解できるとは思えないし(-_-;)

うちの教室に来てる小3の子が、もう学校でローマ字やってると言ってました。うちの娘(小6)は4年生のときにやったようですが、ひょっとしたら学習時期が早まったのかもしれませんね。ますます心配です…

「HAPPI BASUDE」…ローマ字は日本語をアルファベットで表記するために使うのだから、せめて「TANJOBI OMEDETO」(伸ばす音記号付きで)にしてほしかったですね^_^;

No title * by clown
この「HAPPI BASUDE」は、無茶苦茶ですね。
それをいいと言う教師も教師ですが・・・。
これがネタか何かだったら、笑える話なのですが、これではとても英語を使えるようになるには程遠い感じがします。

No title * by じょあんなT
先日はありがとうございました。娘もよろこんでいます。
またお時間がよろしいときにお返しできたらと思っています。

公立としても、そんなのアリ?ですね。まさに・・・

ローマ字が英語スペルの読み書きに悪影響を与えると私も思っていますが、英文をローマ字で表記するなんてわけがわかりませんね。v-12

今日娘の参観日で公立の小学校に行ってきたのですが、受験を考えるような子なら何ということもない質問でパニックになっている子が少なからずいるのですよ。(うちの子のクラスの場合ちょっと多いぐらいなのですが)

そういう子がわけもわからず必死でローマ字の英文の書き方を覚えさせられて、中学に入ってから「やりなおし」と言われるのですから、英語を(というかアルファベット表記を)嫌いになってしまう可能性が高いですね。

マザーグースを歌うとか、そんな感じのもののほうがずっといいのに、なんでそんなことするんでしょうね。

その教師に英語教育への悪意があるんじゃないかと疑惑を抱いたりするぐらいです。
たぶん、その先生が英語が(かなり)苦手な人なんだろうなって思います。

skywishes 様へ * by まめっちママ
私も最初うそでしょと思いました。
そんな話初耳だったからで、でも本当の話で、その間違っている
スペルのバースデーカードをクラスの後ろに貼り出すというから
またびっくりしました。恥ずかしいから正しい綴りに直そうと
ママ友は思っていたようですが、みんなこうだからいいんだと
いうことだったそうです。
ありえないと何度も言ってしまいました。(笑)
みなさんの学校のあり得ない授業尾風景を是非見てみたいです。
こんなのは希だと思いたいです。

うめ★hiro様へ * by まめっちママ
驚愕しますよね。これを聞いたら誰でも・・・・
きっとその学校だけが特殊なんだと思っていましたが、
他にも別の学校のママ友達が同じようなことを言っているらしい
ので、ローマ字を書くのは特別なことじゃなさそうです。
フォニックスなんて習わないので、代わりに習ったローマ字でと
いうことなんでしょうかね・・・・でもやっぱりありえないです。

Marinko様へ * by まめっちママ
お久しぶりです。親子英語から随分遠ざかっていますが、また遊びに
来て下さってうれしいです。
そうなんです。これあり得ないですよね。特に英語を日々教えて
いらっしゃる方が聞いたら、卒倒しそうな内容です。
フォニックスをちゃんとやっている学校もあるのですね。
娘の小学校はまだましな方で、一年生から英語が導入されていたのですが
やっている内容はそれほどでもないことばかりで、日本人講師が頑張って
教えてました。担任がやってた時もあります。
やっぱり地域格差が随分あるなという印象です。


MOTOKO様へ * by まめっちママ
フォローしていただいてありがとうございます。
このローマ字結構やっかいですよね。しかもヘボン式ならまだ
いいのですが、日本式となると、そこからまた違いますしね。
それより英語をローマ字で書くという発想がありえません。
ローマ字は外来語で日本語になったものを表記するためのもので
英語そのものを書くものではないはずですし・・・・
本当に誕生日おめでとうとローマ字で書くのが譲れる限界かなと思います。

じょあんなT様へ * by まめっちママ
こちらこそ楽しく過ごさせていただきました。
DVDはいつでも結構です。

この話、最初に聞いた時、ひっくり返りそうになりました。
ありえなさすぎて耳を疑いました。
でも、本当にそんなことがあったらしいです。こんなのを
参観に貼り出された日には恥ずかしいを通り越して怒りが湧いて
きますよね。
先生も英語のスペルを教えないという前提で困った策がローマ字
だったのかもしれませんが、それにしても頭が固すぎます。
こんなもの誰が考えてもおかしすぎます。
日本の教育が硬直しているのは、こういうところなんでしょうね。

clown様へ * by まめっちママ
かなりひどいと思いますよね。これは誰が聞いてもあり得ないと
思う出来事です。でも、実際これに関してクレームは出ていない
らしいのです。よほど親が無関心か、そういうことをやっていることを
知らないか・・・・・もし知っていても何も思わないのだとしたら
親の感覚も麻痺しているかもしれませんね。
読み書きなんて早くには必要ないから、ローマ字でもいいのよと
おおらか?に構えている方が多かったのか・・・・そのあたりは
わかりませんが、英語育児をやってきた者としては見過ごせない
出来事です。

No title * by tibitama
きゃーーーー怪談ですね
コレ

うちは只今英単語スペル練習が始まって
テストが毎週ありますよ

パソコンのタイピングを教えるのを
躊躇していているのですが・・・





tibitama様へ * by まめっちママ
そうですよね。これってうっそ~という話ですよね。
私も聞いた時はこけそうになりました。
ブログでみんなに言ってこの実態を知ってもらわないとねと
ママ友に言ったら、そうしてほしいとまじで訴えてました。

まあ何年か前の話なので、今現在がどうかはわかりませんが
それでも恐ろしい話です。

タイピングは出来た方がいいかなと思いますが、
ローマ字入力になるんですよね。
まあそれは日本語の入力なので、問題ないと思います。


酷いですね(>< * by 覇織(Aides)
確かに、あまりにも酷い~!

でも、ローマ字自体は私は良いと思っているんです。ちょっと記事書いてみます。

ローマ字が悪者にされてしまうのは、こういう酷いレッスンのせいなのだな~と、改めて分かった気がします。

いつも読みやすく分かりやすい記事に感謝です!

覇織(Aides)様へ * by まめっちママ
お久しぶりです。すっかり親子英語から遠ざかっていますが、また
読んで頂けて光栄です。

この話本当にひどいい話なんですが、頭が固い人が指導要領
通りに行うと、たぶんこうなるんだろうなと思います。
ローマ字は私も悪いとは思いません。日本語として定着した
外来語を表記するのにもいいですし、外国人にわかる書き方はそれが
一番ですしね。平仮名、カタカナ、ローマ字、漢字が絶妙に使い分け
られているからこそ日本語は表現の豊かな言語だと思うんですよね。
使い方を間違えた典型例でしょうね。

驚きました * by マリー
子供たちが通う学校のネイティブの先生
は日本語がほとんど解らず、
ロールプレイングを通して会話を覚えていくようです。
もう一人は日本人の先生で息子の話では、
redをレッド、purpleをパープルって言うんだよ。
変だよね。

これを聞いてフォローに困りました。
でもHAPPI BASUDEよりはいいかもしれません。

娘もフォニックスを知り、英文を読み始めたので
国語の時間に習ったローマ字に苦戦しました。

せっかく5年生から英語必修になったのなら、
音と綴りの関係を教えて欲しい。
1年生の国語だって本格的に読みへ進む前に
ひらがなで音と綴りの関係を学ぶのに・・・・

もう少し何とかならないのかなと思います。

マリー様へ * by まめっちママ
びっくりしますよね。この授業は確かに。
5年生から必修になったのだから、本当にフォニックスを
きちんと教えてほしいですよね。
ローマ字とは別のものだという認識をこれで徹底させて
ほしいと思います。
発音はね・・・・・娘の中学の先生も私立ですが、あまり
上手くないようです。特にrが完全にlになってしまうそうです。
ヒヤリングもちょっと怪しいことがあるらしく、そんなこと
言ってないしと突っ込みたくなることもあると娘は言ってます。
余計な説明を加えてしまうらしく、ネイティブ講師が戸惑っている
表情が面白いなんて言ってますが、たまに遮って次に行くとか
二人のやりとりを楽しんでいるようです。

No title * by Anton13
びっくり仰天な話しですが、おそらくこの現象が起きているのはこの1校だけではないと思います。

何年か前に、英語ができないのに英語を教えることになった小学校教師が英会話学校に通い始めるという現象がありましたが、こういった方々はまだマシな部類なんでしょうね。

まったくできないにも関わらず、なんの努力もしない。
にも関わらず、生徒には嫌いな教科も勉強しろという教師たち…

よほどのことをしなければ公立だけでなく私立も首になることはないらしいです。
能力や結果は給料にほとんど反映されません。

そんな状況で頑張れる人は本当に一握りなのでしょう。
悲しい現実ですね。

Anton13 様へ * by まめっちママ
先生の中にも一生懸命苦手なことを克服しようとする方もいれば、
首にならないから適当にやり過ごすという人もいて、様々ですよね。
この場合は恐らく英語の読み書きはしないという前提で、綴りは
教えないから、ローマ字で代用するという発想なんでしょうね。
そこには上からの指導要領から決してはずれない頭の堅さが見え隠れ
しますね。

英語としておかしいと思うのではなく、言われたことしかしない
工夫しないという硬直した現場の典型なんでしょうね。

残念なことです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。