オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-03 (Mon)
 こつこつの大切さを日頃から説いてきた我が家で、娘だけが
 なかなかそれができず、随分喧嘩もしてきた。

 でも、不得意の漢字でさえ、毎日ある学校の小テストの範囲を
 きちっと押さえておきさえすれば、確実に力がつき、漢検対策
 などしなくても、娘でさえ合格するのだから、日々の積み重ねが
 いかに大事かということを身をもって知ったのではないかと思う。

 何級対策本というのを買わずに数学もいつのまにか数検を受け
 てなんとなく合格(級が低いからというのもある)

 でも、本来勉強とはそういうものなのだろう。
 対策本で付け焼き刃的なことをしただけでは、その本に出ている
 ことは覚えても、それを応用できないし、違うものが出た場合、
 やはりできないということになるからで、二度と同じ問題はない
 のだから、傾向を掴んでどういう問題が出て時間配分はどうする
 かを練習するぐらいの位置付けで丁度いいのではないか。

 結局基礎学力が物を言うのであって、それはすべての勉強に通じ
 る。英語も英検対策をするのではなく、毎日の積み重ねで力を
 つけて対策本はあくまでもこんな感じの問題が出るということを
 前もって知っておけば慌てずに対処できるというぐらいのもの
 なんだと思う。

 いや、そんなことはない。過去問をしっかりやれば、それが一番
 いいという意見もあるかと思うが、もちろんよくでる語彙は、
 過去問を何度もやるのが効果的だが、少なくとも今までうちが
 受けた限り、過去問をやったから合格したという感覚はない。
 
 過去問は一応やったけれど、結局は毎日聞いている洋画やDVD
 洋書から習得したことがほとんどだった。

 今だから結果論で言えるが、娘が中受した時、本命はもちろん
 過去10年分の問題をやったが、併願校として受験した学校は、
 実は過去問を一度もやらずに合格した。

 レベルが易しかったのではない。競争率は恐ろしく高く、人気の
 ある学校だったから、そんないい加減なことでよく合格したなと
 思うのだが、実際時間を計って過去問をしたことは一度もなく、
 ちょろっと見て、大体いけるんちゃうというのりだった。

 不謹慎で申し訳ないが、これには訳があって、個別指導の先生も
 「そんなに過去問はしなくても大丈夫、本命の所だけやって、後
  は2年分ぐらい見ておけばいいと思う。自分も過去問はあまり
  やらなかったが、ちゃんと勉強していれば、どんな学校にでも
  対応できるものだから、過去問にこだわる必要はない」

 と言うので、そんなものなのかと安心してしまって、娘もそこに
 は受かってもいかないつもりだったから、気持ちが緩んでしまっ
 たのだ。(もちろん本命が不合格ならそこに行く予定だった)
 
 結果はこのリラックス緊張感なしが功を奏して、合格!
 
 これはたまたま運がよかっただけかもしれない。
 本当はもっとやっておかないといけなかったと思う。
 でも、準備して毎日頑張って一からテキストをやり直し、何冊も
 ある膨大な塾の問題集を絞り込み、最終的に一冊を徹底的にやっ 
 たことで、無駄が省かれ、上手く入試までに仕上がったのも事実だ。

 だから基礎の重要性は誰よりもわかっている。
 どんなに問題集をたくさん買ってこようと、何冊も違う物をやらな
 くても、これはと思うものを何度も繰り返すだけで力はつくのだ。

 検定もしかり。
 毎日、手を抜かず学校の小テストを頑張り、復習する、それだけで
 検定ラインを突破することは可能なのだ。

 級が上がればそう簡単ではないが、それでも毎日の積み重ねは
 思ってる以上に効果的だ。

 娘が早くそれに気付いて、自分から日々の小さいテストを大事に
 思ってくれることを願っている。


 

 中間が終わって友達と映画に行って
 おそろいのキー入れを買って喜んでいる
 娘を見て、一年前なら考えられないほど
 明るくなったなとちょっとうれしかった
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育  

関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by うめ★hir
わたしの好きな数学教材紹介
「秋山仁のおもしろ数学発想法」の
戦略編②
もともとは 大学受験向きの教材を中学生向きに作り替えたものです
「図形の証明は逆向きにたどって考える」など 
先日は 人形の洋服で英語に全然関係ないのにもかかわらず妹のブログ訪れてくださってありがとうございました
http://miniassort.blog.fc2.com/
今度は猫の耳としっぽのついたドレスを縫いました

うめ★hiro様へ * by まめっちママ
ご紹介の本読んでみないといけないですね。
図形の証明が娘は苦手なので、なんとかそこを得意にしたいです。
お人形さんのお洋服とても素敵です。
でも、写真がちょっと大きいので、上手くテンプレートに収まれば
いいですね。
FC2なら縮小して載せられるはずなので、ブログの管理画面で
確認して、トライしてみてください。
簡単ですよ。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。