オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2011-07-30 (Sat)
 冠詞と言えば、英語の中でも日本人がとても苦手とするところで
 いつまでたっても慣れない、上手く使えないというのが正直な
 感想だ。勉強である程度はわかっても、この場合はどうなの?
 これは何で冠詞がついてないの?とか色々ありすぎて、それこそ
 私のような英語嫌いの人間には余計に勉強がいやになる原因でも
 あった。

 娘は勉強から英語をスタートしたわけではないので、冠詞の
 付き方を意識したことはないが、法則の細かいことは、ほとんど
 わかってはいない。

 大まかに一つしかないものにtheがつくとか、一度出てきたもの
 が次にもう一度話題になった時にtheになるとか・・・・そういう
 のは感覚でも理屈でもわかっているようだけれど、それ以外の
 もっと複雑なものは正直どうしているのか・・・・・

 たぶん適当で間違いだらけだと思う。

 そんな娘でも、中学にもなると少しずつ文法的なことに目がいく
 ようになり、この間、実に素朴な疑問を投げかけてきた。

 丁度学校で太陽系の惑星の名前をやっているので、それの単語
 テストがあるからスペルの確認をしていた時のこと。

 配られたプリントには当然ながらthe sun the earthと書いて
 あったが、他の惑星には冠詞のtheがないことに気付いた。

 一つしかないものにはtheではなかったのか?
 なんでこうなっているのだろうと思うのは当然のことで、今まで
 そんなことは考えもしなかったことが気になり出した。

 英語をたくさん聞いていて読んでいたので、自然にそういう
 パターンも頭には入っていたかもしれないが、あらためてテスト
 になると、そんないい加減なものでは、外国人として学んでいる
 英語なのだから疑問に思えてくるのは当然だ。
 私達が日本語を考えずに話せているのは、日本語ネイティブだか
 らで、勉強して習得するとなると、なぜと思うことが山ほど出て
 くると思う。

 思いつくだけでも、なぜ数える時に、一ぴき、二ひき、三びきと
 なるのかとか・・・・全部ひきじゃだめですか?みたいなこと
 が、もしも外国人なら必ず疑問に思うはず。

 話を戻すが、惑星の名前は、人名からつけられているわけで、
 ビーナスにしても、マーズにしても美の女神と戦いの神という
 ように、それ自体が惑星単独の一つしかない名前ではないという
 ことを娘は知らなかった。

 でも、こういうことを最初に知ってしまうと、きっと話せなくな
 りそうな気がする。些細なことが気になり、口から英語を出す事
 が怖くなるからで、これでいいのかな?とか、間違っていると
 恥ずかしいとか・・・。そうなるのは正直あまり好ましくはない。
 ただ、娘は細かい性格ではないので、幸いにも全然気にならない
 で英語を口に出来る子だったので、そこは大雑把な性格でよかっ
 たと思う。

 とにかく話すことを一番に考えるのなら、文法はあまりいらない
 と言う人がいるのは、こういうことがあるからだと思う。
 でも、それをずっとやっていたら永遠にそれ以上の進歩はないの
 だけれど・・・・

 どこかでがっつり勉強することも必要で、そうでないなら街中で
 何かを売っている怪しい日本語を操る外国人と変わらないと思う。
 通じるけれど生活はできるかもしれないけれど、決して尊敬され
 たり一目置かれる英語にはならない・・・・そんな自己満足の
 英語力に娘をしたくはない。

 これからも疑問に思うことはたくさん出てくると思う。
 その度、少し立ち止まって自分の英語を振り返ってみるのも悪く
 はない。

 


 学校まで長い距離を歩いているのに
 ちっとも体重が減らない娘に励まし
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育 
関連記事
* Category : 英語表現
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

No title * by バニラ
私も未だに冠詞の使い方、よく間違えますよ。
で、説明ですが、太陽はいっぱいあります。夜空に光り輝く星はいっぱいありますよね?アレって、みんな太陽ですから。

だから英語でTheをつけることで、地球人の指す「太陽」を特定します。
ひとつしかないものにTheをつけるのではなく、こそあど言葉のように「指定」する役目が冠詞です。一方、火星とか土星とかは、一つしか存在しませんね。だから、Theは必要ありません。

もっとも、外国人が日本語のこそあど言葉の使い方を間違ってもわかるように、英語ネイティブも私が間違った英語を使っても理解してくれます。直されますけどね、ははは!
英語の冠詞よりも、日本語のソレとアレの違いを説明するの、難しいですよ。
距離にして何メートル何センチから違いを線引きするか、ものすごく曖昧です。

バニラ様へ * by まめっちママ
そうなんですか。知りませんでした。
学校とかでは人名由来だからと習っているようです。
一つしかないものにはtheと教えられているのが普通のようですが
違ってたんですね。でも納得しました。確かに恒星ははいくつも
存在しますよね。その中で自分達の地球の太陽を指すものは一つしか
ないですものね。
日本語のそれとあれの線引きは実際難しいですね。それこそ自分の
感覚で使っているような気がします。

* by ルーシー
バニラさんの太陽の説明、
へぇへぇボタンで納得!

私は最近、外国人の知人がご自分の日本人の友人に私を紹介してくれたんだけど、
「コノワァ、ルーシーサンデス。」
と紹介されました。
こちら、この、の使い分けも外国人には難しいのかしらね?

ルーシー様へ * by まめっちママ
日本語は結構難しい言葉だと思います。
これはとこれがの使い分けも難しいし、助詞もかなり難しい
んじゃないかしら。
私達が冠詞が難しいと感じるのと同じかなと思います。
それにしても私の高校時代は、まともにそういう解説をして
もらったことないんですよね。先生には恵まれなかったな・・・・
読んで訳しておけばいいみたいな先生ばかりで・・・
英語全然わかりませんでした。
それにリスニングなんて授業中もしたことないし・・・
今の娘達はそれと比べると格段に環境が良すぎますね。
うらやましいです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する