オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-07-15 (Fri)
 私達の中学時代はリスニングテストなどはなかった時代で、テキ
 ストを訳したり文法中心の授業だった。最近はそういうのでは
 なく、基礎英語のテキストを使ったりしてリスニングにも力を
 入れている。会話の時間も週に一度はあるので、随分変わったと
 思う。そこは昔よりよくなったと思う。洋楽を聴いて歌詞を聴き
 取るなどということもやっている。こう書くと、よくなって何か
 問題でもあるの?と思われるかもしれないが、定期テストの中で
 リスニングを出す場合、同じ問題で穴埋め形式にするのは、どう
 なのだろう?

 それではリスニングというより、暗記していれば書けるという事
 で、リスニング能力とは関係ない気がする。

 事実、流れている音声は聞き取りにくく、前置詞などもはっきり
 せず、複数の部分のsなども聞こえないという。娘が何度聞いて
 もはっきりしないと言うのだから、音声はクリアではないのだ
 ろう。更に先生が、
 「やったものだから勉強していれば書けますね」と言うのだから
 それはリスニングの練習とはちょっと違うかなと思う。
 もっとも、最初だから全く未知の英文を流しても、聞き取れて書
 ける子はほとんどいないだろうから、そういう問題でも仕方ない
 のかもしれないが・・・・

 出すのなら、習った単語を使って別の文章にしてリスニングさせ
 て書かすとか、そういう工夫がいるような気はする。
 でないと勉強して出来たのか、耳が英語に慣れて書けたのかが、
 わからない。

 なかなか定期テストに出すというのは難しいものだ。
 こうやってみると、中学の英語はこれからもまだまだ試行錯誤
 して改善していかないといけない部分が多いように思う。

 まだ小学校でもやっと週に一回英語が授業に入るようになった
 だけなので、日本の英語教育は歩き始めたばかりと言ってもいい。
 
 ころころ変えるのはよくないけれど、だめだと思う部分はどんど
 んチェンジしていってもいい。時代は待ってくれないのだから
 日本だけが世界基準から取り残されないように願うばかりだ。




 ソファの上で、水がなくなって死にかけている
 魚の演技と言って、暴れている娘・・・
 やっぱりおかしい・・・・
 こんな子に誰がした?と不思議で仕方無い
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 
関連記事
* Category : 中学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by じょあんなT
「あぢゃー」な感じのリスニングテストですね・・・
大多数の生徒が受験勉強型だから、リスニングテストを
「できた風」に見せるためにそんなことをするんでしょうか?
確かに、外に出すとき、「ウチの生徒は”この”英文の
”リスニングテスト”で正解率がいくらいくらでした」
みたいに言えるようにはなる教師側に都合の良い
出題形式ですね。
私も高校の時、もっと生活に重要な単語はいくらでも
あるのにそれらは外されていて、珍奇な単語が定期
テストの範囲に入っていて、文科省だかなんだか
しらないけど、上に提出するときに「自分の生徒は
頻出殿低いレベルの高い語彙まで覚えている」みたいに
見せかけるためにやっている、ということがありました。
(先生は神戸大の英文科を出たような人だったんですが)

私立だから「ちゃんとしたリスニングテストのほうが
いいです」と相談すればのってくれるんじゃないかなあ
という気もしますが・・・(公立でやれば間違いなく内申下がりますが)
学校のほかのお母さんでも、それは「リスニングテスト」
ではない、と思う人がいるでしょうし、ひとりで行くとJO
ちゃんが的になってしまうかもしれませんが、同じような
意見の人が集まった時にちょっと相談してみるのも
いいかもしれませんね。

だって実際会話するときに、前もって聞いてることを
そっくりそのまま言ってくれる機会なんて「社長?」
「ロイヤルファミリー?」ぐらいにないし、社会で要求
されているような英語力はそういったお膳立てされた
ようなものではないのですから。

それはリスニングテストというよりも、文章暗記テストで
ヒントに音声が出ます、程度のものですよね。

じょあんなT様へ * by まめっちママ
全くそうなんです。上手いこと言ってくれましたね。
文章暗記テストでヒントに音声が出ます・・まさにそれです。(笑)
覚えてたら書けるという場所が穴埋めになってます。
音声を聞いてもそれは入れられない部分だったそうです。
前置詞が聞こえないような微妙な発音で、そこが穴埋めだったとか・・
結局覚えておけということなんです。
まあそれも勉強なのでいいのですが、リスニングにしなくても
それは別の形でそこを穴埋めにしてテストしてほしかったですね、

色々英語教育には思うことがありますが、学校の授業自体は悪くないです。
先生もとても熱心だし、対策プリントも出してくれるし、ここが疑問と
いう部分を初心者目線で解説したプリントも出してくれます。
受験者にはいいと思いますよ。

中学スタートを前提として考えれば、こういう問題も仕方無いかなと
思ってます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。