オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-06-16 (Thu)
 ママ友から英会話スクールをやめようかなという話を聞いた。
 このママ友の娘さんとうちの娘は塾友達で、今年共に私立の
 中高一貫校に進学した。学校は違うけれど、それぞれが楽しく
 学校生活を楽しんでいる。

 たまたま今回私と仕事を一緒にする機会に恵まれ、前以上に日々
 の出来事を聞く機会が増えた。

 その娘さんは、英語は少しだけ小学校の時に会話を習っていたが
 ほとんど初心者で、一から学び直さないといけない状態で、受験
 終了と同時にスクールを再開したのだが、英語を話せるようにな
 る状態とはほど遠いレッスンに、このまま通っても意味がないか
 もと思い始めたそうだ。

 確かにあまり進歩しない定型文の練習ばかりで、しかも週1回で
 話せるようには到底ならないだろうなと思う。

 ただ、やはり家庭学習の部分が欠如していて、圧倒的に入力が
 足りていない状態が進歩を妨げているような気もした。

 何度も言っているが、入力なくして出力なし。これは大原則なの
 だが、この一番肝心なことが意外とできていない人がほとんで
 いわゆる発話アウトプットばかりに気を取られて、語彙が少ない
 ことによるコミュニケーション障害だということには、なかなか
 気付かないらしい。

 アウトプットの場が少ない日本では、練習するにしても相手がい
 ない。だからそれをするためだけに英会話スクールは存在してい
 るようにも思う。スクールで英語を学ぶというよりは、スクール
 でアウトプットを試すと言った方がぴったりなのではないか。

 うちではそういう認識でいる。家庭で入力を繰り返し、ワーク
 などで定着させ、それをスクールで添削してもらったり、会話
 練習の場にする・・・・それでいいのではないかと思う。

 家ではどういう教材を使ったらいいのかわからない場合や、親が
 ワークを見てやれない時に、スクールの先生が役立つわけで、
 力をつけるのは家庭学習の部分が大きいと思う。

 ただ、そこで親の間違った情報や偏った選択で修正しにくい英語
 をインプットしてしまうのは問題なので、市販の音声教材などを
 上手に利用し、レベル別に分けられた洋書などを副教材として使
 うことで、きれいな英語のインプットを心がけていけば、自然と
 語彙も増え、英語耳も子供なら段々育っていくはず。

 その上で、英会話スクールを併用すると初めてインプットしたも
 のが頭の中でリンクされてアウトプットに結びつくのだという
 地味で長い目でみなければ効果が感じられないもの、それが英語
 教育なのだと思う。

 我慢して水が溢れるまで入れ続けて、こつこつ毎日励む、それだ
 けのことなのだけれど・・・・

 こういう話をママ友にして、語彙を増やすための家庭学習部分が
 必要なことを前提に、スクールはあくまでもサブ的に学んだこと
 を試しに行く所と割り切るか、あるいはまだそこまで発話できる
 ようなインプットが出来ていない間は、スクールに行かずに家で
 勉強するか、どちらかだよとアドバイスしておいた。

 たぶんスクールはもう少し後で英語の基礎学力がついた時点で
 もう一度行く方がお金の無駄にはならないだろうと思う。
 もし行くならむしろ英検講座のようなものに特化して、勉強した
 方が中学生としてはいいかもしれない。

 これが幼児ならもっと別の方法もあったかもしれないが、私立
 中学生ということを考えると、学習部分が大きなウエイトを占め
 てくるので、まずはそこをしっかりやって、その上で耳も鍛える
 方向で行くのが一番妥当かなと思う。

 かくいう我が家も、娘の英語は別の意味で色々問題があって
 学校英語との乖離に悩んでいるし、英語感覚などが下手にあると
 日本語の書き方一つでも、娘はひっかかり戸惑うことが多く、
 これはこれで困ったことだなと思っている。

 そういう例はこれからも折々話すことにするつもりだ。
 我が家のような幼少期から英語をやってきた子が直面する学校
 英語との関係などは、人事ではないと思うからで、そういうこと
 もあるのかと思って対策を立てられるのと知らないで学校英語が
 嫌いになるのとでは全然違うので、また参考にしていただけたら
 と思う。

 


 あごに枕をあてて、うつぶせで布団を
 かぶり、アルマジロのように眠る娘は
 やっぱり変だと思う・・・・・
 汗だくでも布団に包まれていると安心する
 というその感覚が全然わからんまめっちママ
 に応援よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育  
 
 
 

 
関連記事
* Category : 英会話スクールで学ぶ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by さくらのはっぱ
こんにちは。
「入力なくして出力なし」って言うの分かる気がします。
私が英語嫌いなのは圧倒的な語彙力の無さだと思うんですよね。
たとえ、文法が分かったとしても、使いたい単語が頭に入力されていなければ使いようが無いから。
逆にいうと、語彙さえあれば、多少使い方が間違っていたとしても、コミュニケーションは成り立つわけで。
(まめっちママさんや、娘さんが求めるのはそんな低レベルな話ではないと思いますが^^;)
でも「入力なくして出力なし」って、語学だけじゃなくて他のことにも通じる気がします。

高校の時、毎日毎日単語テストとその追試に追われていたけど、あれはそれだけの出力をするためにそれ以上に入力してきなさいよ。ってことだったんですね。分かっていればもっと頑張ったのにぃ(笑)

さくらのはっぱ様へ * by まめっちママ
私も高校の時、英語を全然勉強してこなかった
ので、今思えばもっとちゃんとやっておくべき
でした。今の方がよほど勉強してますね。英語
なんて興味もなかった私が子供の英語教育なんて
やってるわけですから(笑)
と言っても私のできることは限られていて、もう
娘の気持ち次第で私が頑張ることなんて何もない
んですけどね。
せいぜい入力するための素材集めをするぐらいです。




うちも教室に通い始めたのですが * by じょあんなT
娘が今週から英会話サークル(といっても教室
形式で授業をうけるもの)に通うことになりました。
テキストをみると自宅でも勉強できそうな
範囲を習っているのですね。
でも先生は一応日本語より英語のほうが得意な
帰国子女らしき(とはいえかなり年配の)方です。
たぶん、教室に行っているからペラペラには
ならないと思います。(ずっと通い続けると
レベルが上がるみたいなのでわからないですが)
でも自宅で勉強なしで教室だけに依存していては
まるっきり力にならないのはおっしゃる通りだと
思います。
子供の興味を保つ形で素材を集めるのは
一苦労でやはり人の経験談とか情報を集めるのは
英語育児したい親なら絶対必要なことだと
思います。
涼宮ハルヒ(じつはこの苗字読めないんです)
の単語集は書店で見ました。なかなかレベルが
高いですね。うちは単調にPass単熟語のアプリ
です。あと洋書もはじめました。ただちょっと
新しいもの好きな状態なので熟読にいたらず
次々読みになってしまっています。
こちらのほうは本を用意する予算のほうが
つきると思うのでそれを理由に再読させようと
思っています。
JOちゃんは今学校英語に手こずっているみたい
ですが自分のことを思い出すと真っ白から
はじめても学校英語って矛盾がけっこうあるから
英検レベルとかセンターレベルになると
底力のあるほうが長文にしても何にしても
有利だろうと思っています。
使えない英語で出来不出来をはかるのが早く
終わればいいなと思います。

じょあんなT様へ * by まめっちママ
学校英語は確かに変なことが多いんですが、
実際は、センターレベルの問題とかになると
娘はたぶん解けると思います。
リスニングで困らないのは大きなアドバンテージ
ですから、英語はやっててよかったのだと思います。
ただ、目の前の成績を見ると釈然としないことが多く、
もう気にしないと思っても、やはり気になります。
娘の学校は順位がもろに出ますしね。
得意の英語でかせいでおきたいという気持ちもあります。
合ってるよ、これ。と思う解答が×になるとつらい
ものがあります。それだけで力の似た子同士だと
順位が一気におちますから。

まあ目先の利益より未来を見据えて頑張るしか
ないんですが、娘にももう少し注意力を持ってほし
いとは思います。


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。